全国統一小学生テストの監督にて

本日、全国統一小学生テストが行われましたね。

私も小3と小4の一般生(塾生ではない生徒)のテスト監督をやりました。  そのときの小3一般生のテスト監督の様子を簡単にご報告します。

お母さんは保護者会の教室へ。  生徒たちは来た順に座らせていたので、ほとんどの子は初めて来た塾で、周りも知らない子ばかり・・

私と会うのももちろん初めてです。

20名弱の小学3年生は、全員緊張していました。

小3はテスト前の準備が大変です。

まず、そのままテストを受けさせても、マークシートの記入ができない。  

時間をたっぷりかけて、マークシートの記入の仕方の練習です。

説明する際、ポイントを押さえながら、順調ににこやかに指導。 時々冗談を交えながら、テンポ良く進めていくと、子供たちも段々気持ちがほぐれてきたようです。

小3だからと思って、所々ひらがなで板書していたら、

「先生、漢字わかりますよ。」と。

おぉ、何となく賢そうな3年生。バカにしてゴメンね。

マークシートの書き方も分かるようになり、何となく和やかになってきたので、いざ、テスト前の注意。

① おしゃべり禁止!  

② カンニング禁止!  

③ 質問やトイレに行きたいときは手をあげて。

「守れなかった人は、テスト後のお土産をあげないぞ。」 と付け加えるのも忘れない(笑)

さて、最初の算数は難しかった・・。

ある男の子は、もう分からなくて分からなくて、うめきながら頭をかきむしる始末・・・  

「あ~、もういいや・・・」  

どうやら、こてんぱんだったようです・・・(-_-;)

中には賢そうな子もいましたが、  ほとんどの生徒が時間が足らなかったようですね。

ある男の子が手をあげました。

(質問かな?)と思ってその子に近寄ると、男の子は笑顔まじりの小さな声で、言いました。

「(あのね、この問題、対策授業の時、似たような問題をやったから、分かったよ。(^_^))」

おっと・・・・

これが、小3ならではの可愛いところですね・・・(苦笑)  

塾で事前に開催していた対策授業に参加していたので、 それが役に立って嬉しかったんでしょう(笑)

算数が終わった休み時間には、知らない子同士だった隣の子といつの間にか仲良く?なっていて、

「この問題とけた?」  

「うん、できたよ。ここがこうなっているから・・・」

といって、確認しあっている風景も。

小3くらいは、打ち解けるのも早いですよね・・・  しばし、感心です。

大人社会で初対面の人にそこまで早くは・・・

 

続いての国語は、全員が時間が余った様子・・

四谷大塚さん、算数の5分伸ばして、国語は5分減らしても良かったんじゃないの・・・

そんなこんだで、テストも無事終了。  

気の抜けないテスト監督も順調に終了しました。

 

テストで疲れきった様子のある生徒に言われました。

「先生は楽だよね。  テスト中もただ歩いてるだけだもん。」

こらこら・・(-_-;)

先生だって、色々忙しいんだよ!  

特に君ら小3のテスト監督は気が抜けないんだよ・・    

なかなか手ごわい小3もいますねぇ・・・

さて、帳票が届くのは10日後くらいでしょうか・・  

やっぱり算数、難しいですよね・・  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*