最下位クラス最下位生にとっての忘れられない体験

最下位クラス

S君は最下位クラスの最下位生。
講師から見て、正直なところ、中学受験向きの子ではありません。

性格は良い子なのですが、おっとりしていて、忘れ物もしょちゅう。集団授業についてくるのも大変。

当然、先生から叱られることも日常茶飯事です。

5年生のころ私も算数を担当していたのですが、授業中も集中力がとぎれがち。内容の理解も遅い。ノートもろくにとれない。成績も偏差値40台前半は当たり前。

問題によっては30台まで落ちることも…(*_*)

何度も塾をやめようか、中学受験をやめようかという話にもなりました。

しかし、周囲の励ましもあり、頑張って続けてきたのです。

そんなS君が埼玉県のとある中学校を試し受験しました。

もちろん偏差値的には低くて、世間的には驚くような学校ではありません。

しかし、担当講師は、そこすら合格できるかどうか危ういという見解でした。

むしろ、入試本番まで頑張り続けてきた事だけで、S君を評価してあげたいくらいの気持ちだったのです。

そして…

 

 

なんと、S君は合格していたのです。

「たかだか偏差値45にも満たない学校に合格して何がうれしいの?当たり前じゃない。

しかも、お試し受験でしょ。」

 

ほとんどの人がそう思うかもしれません。

しかし、S君にとっては違いました。

宿題もろくにこなせず、叱られながら、周りのクラスメイトからも失笑されながらも、S君なりのペースでコツコツ勉強を続けてきたのです。

そのつらかった受験勉強の成果が、はっきりとした白黒で判定される、生まれて初めての入学試験です。

その「人生初の入試」で、S君はみごと『合格』したのです。

たとえ、本命校でなかったとしても、それはそれはうれしかったのです。

S君からの報告の電話・・

 

「合格してました!」

「本当に?」

「本当です」

「やったな!おめでとう!!」

「ありがとうございます」

 

S君のうれしそうな顔が浮かびます。

「本番は、緊張した?」

「今も硬直しています」

「(大笑い)」

 

 

二月の本命校の入試は、まだこれからです。

結果はどうなるかわかりません。

厳しい結果になってしまうことも十分考えられます。

それでも、S君にとって今回の合格は、今後の彼の人生に大きなプラスの影響を与えたことでしょう。

やっぱり、たとえ第一志望でなかったとしても、どこかで合格体験を味わって欲しいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*