本番直前期に骨折 (前編)

本番前の骨折

P君は、クラスの人気者の元気なスポーツマンです。

難関男子校のA中学校だけを目指して勉強を続けてきました。

もうその第一志望校のA中しか、頭になかったのです。  

お母さんもそうでした。

受験パターンも併願校のB中、C中はいずれも難関チャレンジ校で、A中がダメなら公立校でいい、というスタンスでした。

平均以上の成績を何とか保ってきましたが、小6の夏前に成績が落ちて、クラスも下がってしまいました。

まずいと感じたP君は、必死に勉強しました。

努力が功を奏し、秋にはクラスも再び上がって、A中対策ゼミにも通い、順調に好成績を維持しました。  

A中に合格できるだけの実力を養ってきたのです。

そして、本番2週間前…  大きなアクシデントが、P君を襲いました。

なんと、P君は体育の時間に右手を骨折してしまったのです。

もちろん、利き腕です。  

右手で字を書くことは出来なくなりました。

お母さんは、本当に焦りました。    

P君本人も「やっちゃった」と思いましたが、入試本番は間近。悔やんでいる暇もありません。

もう、左手で書くしかありません。  

必死に左手で書く練習をしました。

  算数はいいのですが、どうしても国語の記述などは時間がかかってしまいます。    

片手しか使えないので、消しゴムを使うのも一旦鉛筆を置かないといけないので、時間がかかってしまいます。

ギプスをはめたまま臨んだ、1月の埼玉難関中の受験。

 …結果は、補欠でした。

2月の本命校の受験に、一抹の不安がよぎります。

 (後編に続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*