1校のみの受験

中学受験 1校のみ

T君は、外国籍の明るい男の子。  

ご家庭が経済的に苦労していて、中学受験をさせるつもりはありませんでした。

以前、『7000名中、2位なのに』という記事で紹介した事もあります。 http://blog.chugaku-juken.net/article/103240639.html

お母さんは日本語が堪能ではなく、受験に対する知識もあまりありません。
個別面談の時、T君のせっかくの好成績で受験をしないのももったいないかな、と思い「こんな学校もありますよ」と、ある国立附属校を紹介しました。  

国立附属校なら経済的な負担も少ないということもあります。

すると、ダメ元で紹介した学校を いたくご両親も気に入ってくださったようで、急遽受験をしてみることになりました。

T君も、俄然気合が入り始めました。

受験日は2月3日。

平均併願校数が6校を超える今の時代にあり、T君が受けるのはその1校のみです。

ためし受験は一切なし。

もちろん、バッチリ過去問で対策はしましたが。

クラスでトップの成績を誇るT君なら大丈夫と思ってはいましたが、やはり受験は結果を見てみないと分かりません。      

もし不合格なら、外国に戻る予定。        

 

そして・・・・・見事合格です!      

一発必中のカッコイイ受験で終了しました。      

こんな受験もあるんですよね・・   親孝行なT君でした。

 (特別な理由が無い限り、1校だけの受験はお勧めしませんので、あしからず・・・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*