子供を伸ばす叱り方

子供を叱る叱り方

お子さんを見ていて、イライラすることってありませんか?      

勉強を真面目にやらない。宿題をやらない。言うことを聞かない。集中しない。ズルをする…

子供を叱りたい、注意したいこと、色々ありますよね。

塾では、限られた時間の中ですで、しっかり話さないといけない問題点がある時は、個別に面談します。  

その際、心掛けていることがあります。

さまざまな注意点を述べた上で、    

『最後に一言、褒め言葉を入れる』     ということです。

大人でも同じだと思いますが、例えば職場で上司からさんざん注意されても、最後に認められると、その一言が残ります。  

かつて、私が塾講師になりたての頃(結構昔ですが・・)研修のために、厳しい上司の前で模擬授業をしたことがありました。  

まだまだ授業技術もなく下手くそで、模擬授業の後、上司から散々注意点を言われたものです。  

かなりへこみましたが、上司は最後にポロッと言いました。

「まぁ頑張りなさい。    

    私より板書き、うまいんだから。」

案外、そんな一言が心に残るものです。

ダメな自分にも認められている部分が少しでもあった、ということは、くじけそうになる心を、時として支えてくれるものです。

その後の私はメキメキと授業の腕を上げ、トップ講師に昇りつめました!  

 (↑ うそです(笑)。  でも、その一言が支えになったことは事実ですよ)

子供は未成熟だから、子供。  

問題があって当たり前。

子供を叱りつけたとしても、全否定をするのではなくて、認めてあげるところは認めていることも、伝えてあげるといいですよね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*