成功への導いた 努力曲線

楽天

インターネットショッピングモールの最大手、楽天市場。  

今では、野球チームもありますので、すっかり有名になりましたね。

その楽天の創業者である三木谷浩史(みきたに ひろし)社長。    

約10年でこれだけ有名な企業を作り上げたのですから、たいしたものですが、創業当初から多くの苦労があったようです。

多くの苦労を努力で乗り越えて、今日の有名な「楽天市場」があるんですね。

その三木谷社長が、日頃から口にする「三木谷曲線」というものがあります。   それは、「努力と結果」を表すグラフです。

多くの楽天社員がこのグラフを見て、頑張っているというのです。  これは、受験にも活用させてもらいたいですね。

 「努力をすれば、必ず結果として現れる」

よく言われることですが、努力と結果は残念ながら、正比例ではありません。

三木谷曲線(努力曲線)をご覧下さい。

 

mikitani.jpeg

 

このグラフで示されているように、結構努力を続けても、すぐに「大きな結果」には現れないんですね。

なぜなら、周りの競争相手もみんなそれなりに努力しているからです。

 

しかし、努力して努力して、さらに努力をすると…  

そして、普通の努力する人よりも、わずか0.5%多く努力すると…  

グラフのように、大きな結果の差となって現れてくるというのです。  

なかなか「大きな結果」を出すというのは、簡単ではありませんねぇ(笑)

でも、もしかしたら、結果を残すために、コツコツと地道な努力を続けるという経験をすることが、人生において最も充実した経験なのかも知れません。

多くのお子さんは、「結果が出ない」といってすぐにあきらめてしまう子が多いかも知れません。

あるいは、大人である我々が、子供に対して「結果が出ない」といって、すぐイライラしてしまうこともありませんか?  

そんな時こそ、この『努力曲線』を思い出してみませんか。

努力は、着実に実っているのですから。

rule_of_success.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメント

  1. 真喜志 より:

    良い証しをありがとうございます。
    努力を続けるということは、実はかなりつらいことですよね。大きな成果が上がらないときは、本当につらいです。
    でも、最後の最後に息子さんは良い結果を迎えられたんですね。
    中学受験、本当にお疲れ様でした。

  2. 今年終了組 より:

    我が子が最後の0.5%の努力が出来ると信じる事はとても難しいですね。
    息子は悪くはないものの、これと言った良い結果(途中経過において)を見せてくれませんでした。
    模試などでポンと良い結果があると、一時的であれ焦りも無くなるのですが
    それが無く親も子も努力を続けるのは本当に苦しかったです。
    夏以降の伸びとか、秋からエンジンがとか、直前に目の色が変わりとか
    未経験で終わりましたので、合格発表まで不安不安の長い日々でした。
    息子は多分最後の0.5%が出来たのだと思います。
    淡々と変わらずにでしたが、とにかく最後まで変わらずにやりました。
    今回の記事を拝見して、ああそうだなと納得しました。
    こちらのブログにも随分とお世話になりました。
    これからも子ども達の為に頑張って下さい。

コメントを残す

*