数字をきれいに

子供と数字

今年度は久しぶりに小4を担当することになりました。  

さて、算数を解く際のミスのひとつとして、  

『自分の書いた数字を読み間違える』  

というのがあります。  

筆算で”6”と書いているのに、答えの欄に”0”と書いてしまっているのです。

もちろん、きちんと数字を書けるお子さんにとって、それはあり得ないほどのバカらしいミスですよね。

ところが、小4くらいの字の雑な男の子なんかだと、こんなミスが普通に起こってしまいます。

よく見かけるのが…

●6か0か見分けがつかない  

●0がUのようにきちんと丸で閉じられていない。  

●1か7か区別がつかない。  

●8の書き方が変(笑)。右上から左上に書きますよね。  

●9がyのように丸が閉じられていない。  

●7がカタカナのワのようになっている。  

●3か5かわからない字(笑)  

●イコール”=”が、”こ”になっている。(時々”2”になることも…)

最近同僚から驚愕の事実を聞きました。  

思い出してほしいのですが、我々が子供の頃、数字や平仮名、漢字を学んだとき、どのように練習しましたか?  

ドリルのようなもので、先ずはお手本の薄い字を上からなぞって”型”を学び、それからお手本を見ながら、何度も繰り返し書きましたよね。

ところが、最近の小学校では、それをやっていない先生もいる、とのこと。

もしそれが事実だとしたら、字が汚い、数字がきちんと書けていない、というのは納得がいきます。

ただ、いずれにせよ受験では記述も見る学校もありますし、先程のような変なミスをなくすためにも、綺麗な字で書くよう指導するに越したことはありません。

ということで、4年生のうちに数字の書き方はきちんとさせておかないと…

そんな超基本指導から始めています…(^_^;)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links


コメントを残す

*