帝京大学中学高等学校 学校説明会2011

帝京大学中学高等学校 学校説明会に参加しましたので、簡易レポートです。
帝京大学へ進む生徒がほとんどいない、ほぼ完全な進学校で、少人数のアットホームな雰囲気で面倒見が良く、ここ数年でも難関大学への合格実績を伸ばしてきている学校です。
昨年のレポートもご参考に。
http://blog.chugaku-juken.net/article/152720855.html
・昨年の入試では、2科受験者が0名だった。(特に学校側の方針が変わったわけではない)。次年度も2科受験をやる。4科で8割程度選考し、その後2科からも選考。
・上位校との併願者が増えてきている。
・最難関に合わせた東大コースで今年は東大への合格者が4名出た。
・中1中2の基礎力を徹底することが大切。
・数字上でも入学偏差値、卒業生に対する割合として進学実績を出している学校。
・毎朝生活習慣ノートを書く。
・朝講座・基礎英語など毎日朝礼前、終礼後に行っている。
・個人面談もやっている。
・小学校からの内部進学者が10名ほど上がってきたので、募集が110名になった。
入試問題について
・国語‥詩の読解は著作権の関係で出さないかも‥
・算数‥昨年は平均点が低かった。来年度は形式は変えないが、多少易しくなるかも。
速さ、規則性、計量の文章題などいつも通り。
・複数回受験の優遇はない。金額面ではあるが。
・特待生制度あり。
・繰り上げ合格、2次募集はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*