平成24年度 都立中高一貫校の応募倍率

<font-size=”4″>東京都教育委員会は1月20 日、
平成24年度の東京都立中等教育学校および東京都立中学校入学者決定応募状況(一般 枠募集および特別枠募集状 況)を発表しました。
一般枠募集集計の合計は募集人員1,389人 に対して応募人数が9,847人 で、最終応募倍率は7.09倍 。
昨年度の7.46倍から0.37ポ イントの下降となりました。
特別枠募集集計では募集人員 21人に対して応募人数が112人 で最終応募倍率は5.33倍(昨 年度3.24)です。
最終応募倍率は以下の通り。
●大泉高等学校付属の一般枠 8.05倍(昨年度9.07)
●白鴎高等学校附属の一般枠 7.96倍(昨年度7.60)
●両国高等学校付属の一般枠 7.68倍(昨年度9.04)
●南多摩中等教育の一般枠 7.41倍(昨年 度8.23)
などが上位となっています。
なお、一般枠募集の応 募倍率で、昨年より上昇して いるのは
●富士高等学校附属 (5.34→6.42)
●三鷹中等教育 (6.39→6.88)
の2校で、その他は0.02〜1.36ポイント下降しています。
公立中高一貫校の人気は少々落ち着きが見られるものの、相変わらず高倍率は変わらず、ですね…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*