育て急がない

ステップアップ

中学受験は早熟が有利といわれます。
できるだけ早いうちから、

大人のように自己管理が出来るようになって、
大人のような集中力を持てるようになって、
大人のような文章が読めるようになって、
大人のような気持ちの機微を把握できるようになって、
大人のような思考力、判断力ができる…

そんな生徒を中学校は欲しがる…

確かにそういう一面もあるでしょう。実際大人びた子の方がテストの点数も良い傾向もあります。
そんなことを聞いたり知っていたりすると、現実のお子さんの言動にイライラしてしまう事ってありませんか?

私自身、新しく担当した生徒たちを見ていると、その幼さにイライラしてしまうこともあります…
(-_-#)

これは、むしろ長年担当しているからこそ、過去の生徒達と比較してしまう分、陥ってしまいがちな落とし穴かな、と感じる次第… (*_*)

集中力の続かない子、ノートをとるのがとにかく遅い子、授業についてこれない子、ちょっとしたことでクヨクヨしてしまう子、姿勢の悪い子、テレビゲームにはまってしまう子、宿題をいい加減にやる子、夜遅くまで本を読んでいて、授業中居眠りしてしまう子…

…ほんの1ヶ月でも色んな事が起こります(苦笑)
ついつい叱ってしまうこともしばしばありますが…

でも…

ちょうちょが幼虫の時に、翔べといっても無理。幼虫の時に必要な栄養を時間をかけて与え続けるからこそ、やがてさなぎになり、ちょうちょになって高く翔ぶことができるんですよね。

成長するためにはプロセスがあります。

何も与えずに勝手に成長していくわけではなく、必要な栄養を与え、“脱皮”するプロセスを経て、だんだんと成長し、蝶に近づいていくわけです。

無理やり脱皮させようとしたら、傷つきますもんね。

ですので、自戒の意味を込めまして

「育て急がない」
「必要なプロセスを経て、段階的に成長させていく」

uka.jpg

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ