きれいな字は、鉛筆の持ち方から

鉛筆の持ち方

夏期講習会が始まりましたね。  

私もてんやわんや状態です。        

夏期は弱点克服の重要な期間。  

毎日コツコツ時間を上手に使って実力を伸ばして行きましょう!

いつもノートの枠を超える位の大きな字を書く5年生の男の子がいます。  そして、その字はとても上手とは言えません(笑)

そもそも小学生の男の子って、ほとんどの子が、雑でキレイとはとても言えない字を書きますよね…

 私は、何百人もの生徒のノートや答案をみてきましたが、美しい字を書く小学生の男の子は、正直記憶がありません(笑)

と、こんな偉そうなことを言っている自分はどうだったのか?      

自分としては、小学生時代はマシな字を書いていると思っていたのですが…      

ある時、私が実家で自分自身の小学生の頃のノートをたまたま見つけました。

きったない字でした…(笑)

ということで、小学生の男の子に、『綺麗で美しい字を書け』と要求するのは、かなりハイレベル要求なので、

『綺麗じゃなくてもいいから、丁寧に字を書くように』

と指導するようにしています。

さて、冒頭の大きくて美しくない字を書く子。    

以前から、入試の記述欄のことを考えて、字は7~8ミリで書くように指導していたのですが、なかなか改善されませんでした。    

そこで、書いている様子を良く見たら、鉛筆の随分上の方を持っています。    

ペン先から3cm以上あります(@_@;)      

本人に、    

「鉛筆はもっと下の方を持って書いたら?。   そんな上の方を持っているから字が大きくなっちゃうんじゃない?」 

と伝えると、         

「あっ、そっかぁ!    なるほど、そうことか」       

何と、本人は私の何気ない指摘に、大変驚いたようでした。    

今までの慣れで、自分の鉛筆の持ち方に違和感を感じていなかったんでしょうね…(^_^;)        

鉛筆の持ち方なんかは、気付かないうちに本人のクセが定着しています。    

それが正しい持ち方だといいのですが、他の生徒にも調査してみると、意外と変な持ち方をしている子たちもちらほらと…      

今は昔ほど鉛筆の持ち方の指導などを小学生の低学年で、みっちりやらないのかもしれませんね…    

私の子供の頃は学校でも家でも結構言われたものですが…)      

思わず他の生徒たちにも、鉛筆の持ち方から指導することになりました(+_+)      

『きれいな字は、正しい鉛筆の持ち方から』     

お子さんの鉛筆の持ち方、大丈夫ですか?      

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*