閉め切った部屋での勉強には注意

勉強中眠い

すっかり冬になりましたね。    

校舎でもスタッフが次々と風邪や体調不良で倒れていっています。(+_+;)

皆さんも、体調には万全の注意を払ってくださいね。        

…寒い冬((+_+))      

部屋の中で窓を閉め切って、暖まって勉強したいところです。    

ところが、しばらくするとお子さんたちはウツラウツラ…(-_-)zzz    

どうやら眠気が襲ってきているってことありませんか?  

これは、体温の上昇と共に、部屋の中の二酸化炭素の濃度が増えることが原因なんだそうです。      

二酸化炭素の濃度は外が380~400ppm  家の中は約1000ppm      

更に窓を閉め切っていると二酸化炭素の濃度が上がってきます。  

 2500ppmを越えると、人は急に眠気が襲ってきたり、やる気がなくなったりするそうです。      

そうならないために、時々換気するほうがいいのですが…      

勉強しているお子さんは、換気のことなんて気にしていられないですよね。      

勉強しやすい環境づくりはやっぱり親が協力してあげたいところ。      

お茶やおやつの差し入れに行く際に、ついでに換気して、脳に新鮮な空気を入れてあげると良いと思います(^^)    

受験生にとってはいよいよ最後の講習会。    

精一杯、悔いのない受験勉強をして乗り切ってもらいたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*