春休みに弱点補強を

  すっかり暖かくなって良い陽気になりました。

  首都圏では、桜がきれいに咲きまして、その華やかさに見入ってしまう日々ですね。

  塾では春期講習会が始まりました。

  講習会は、新しく学ぶ内容もあるでしょうが、多くは学んだことをしっかり定着する期間だと思います。

  そして、普段の授業時間が少なくてゆっくりできないことを、この期間に学力のレベルアップをさせる期間でもあります。

  例えば私が担当する算数や理科では…

  ●ノートの書き方を再度細かく指導する
  ●計算の精度を上げる
  ●知識の暗記幅を深める

  などを行っています。

  例えば、計算テストは満点を取らないと、もう一枚別の計算テストやらないといけないルールになっています。
  1問でもちょっとしたミスでも、ダメです。

  「先生~、僕たちをいじめてるでしょー!!」

  「人聴き悪いなぁ。
   君らを“訓練”してるんだよ…( ̄ー ̄)ニヤリ」

  なんて言いながら、楽しく(?)勉強しています。

  苦手な分野の知識テストを繰り返してみるのも効果的です。

  塾でも理科の知識テストで8割超えないと、再度やり直しになります。

  塾の宿題もあるのでそれなりに忙しいかと思いますが、お子さんの様子を見て、ただ

  「勉強しなさ~い」

  というだけではなく、具体的に気になる苦手分野や弱いところを集中的にやらせる期間にしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*