ほんのちょっとの差

個人的に好きなスポーツでボクシングがあります(観戦のほうですけど(笑))

  最近では世界タイトルマッチが連続してあり、亀田興毅選手や八重樫東選手、三浦隆司選手に山中慎介選手と
日本人ボクサーの世界チャンピオンや新世界チャンピオンが頑張っているので、嬉しい限りです。
(ちょっと男の世界ですけど…)

  強いボクシング選手を育てる上では、やはりトレーナーが必要です。

  既に他界されましたが、有名なボクシングトレーナーがいます。

  なんと、日本人の世界チャンピオンを6人も輩出しています。

  育てられたチャンピオンたちの名前は、
  藤猛、海老原博幸、柴田国明、ガッツ石松、友利正、井岡弘樹。

  ガッツ石松さんは、今でもタレントとしてテレビに出ていますのでボクシングに関心がなくても、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

  ちなみに、世界3階級を制覇した井岡弘樹さんの甥っ子である井岡一翔選手は、今では日本人最短で世界戦2階級を制覇しています。

  また、今でも時々テレビに出てくる元ボクサーだった俳優の赤井英和さんも指導を受けています。

  その名トレーナーの名前は、

  『エディ・タウンゼント』(生1914年 – 没1988年)

  今では、エディ氏の功績を讃えて国内で最も活躍したプロボクシングのトレーナーには「エディ・タウンゼント賞」が贈られるようになっています。

  現在もスポーツの体罰指導の問題はありますが、エディ氏は、戦後まもない当時の日本のボクシングジムでは当たり前だった指導用の竹刀をみて、

  「アレ捨ててよ。アレあったら僕教えないよ! 牛や馬みたいに叩かなくてもいいの! 言いたいこと言えば分かるんだよ!」

  といって、体罰ではなくハートによる指導を取り入れた先駆者です。

  トレーナーの言うことを聞かない選手に対しては、

  「背中にゴミがついてるよ。」

  と嘘をついて、本人では気づかないことがトレーナーには見えるんだよ、というトレーナーの必要さを、選手に上手に教えたりしました。

  そんなエディ氏の名言があります。

  エディ氏は、人差し指と親指をちょっとだけ開いてみせながら、こう言いました。

  「世界を獲れるボクサーと、獲れないボクサーの差は、たったこれだけね。ほんのちょっとなの」

  これは、苦しくて負けそうになったとき、もう少しだけ頑張ったヤツだけが、チャンピオンになれるんだ、という教えです。

  やっぱり、技術うんぬんはあるにせよ、最後は気持ちの勝負になってきますね。

  そして、そういう強い気持ちが土台にあるからこそ、技術も磨かれていくのだと思います。

   さて、もちろん受験でも同じことですよね。

   お子さんにも伝えていきましょう。

   「合格を獲れる子と、獲れない子の差は、
   たったこれだけ。ほんのちょっとなの」

   ちょっとの頑張りを続けるからこそ、大きな力になってきます。

   そして、最終的に同じ志望校を受ける子達の学力差は少ないので、最後は本当の気持ちの勝負になってきますよ。

   私もエディ氏を見習いながら、最後まで生徒たちを応援していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links


コメントを残す

*