本田圭佑の作文に学ぶ

  もうすぐ夏休みも終わり。
  夏期講習会はいかがでしたか?

  今年はコマ数を少なめにして講習会に臨みましたので、体調は崩さずにすみました(苦笑)

  しかし、受験生も仕上がり具合はまだまだ…(^_^;)
  二学期から更に気合を入れて指導して行かなければなりません。

  ■サッカー本田圭佑選手の小6の作文

  最近はメジャーリーグでイチロー選手が通算4000本安打という記録を打ち立てました。

  以前、このメルマガでも紹介しましたが、一流の選手というのは小さい頃から目標が明確ですね。

  ●イチローの作文に学ぶ

  今回は、たまたま見つけたサッカー日本代表キャプテンの本田圭佑選手の小6の時の作文を紹介します。

  ***********************
  
  
    『将来の夢』

                  本田圭佑



 ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うより、なる。


 世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。だから今ぼくはガンバっている。今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。


 そして世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。


 Wカップで有名になって ぼくは外国から呼ばれて ヨーロッパのセリエAに入団します。そしてレギュラーになって10番で活躍します。
  
  一年間の給料は40億円はほしいです。プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人がこの僕が作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。


 一方 世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰り ミーティングをし、10番をもらってチームの看板です。
  
  ブラジルと決勝戦をし、2対1でブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ 世界の競ごうをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることがぼくの夢です。
  
 
  ***********************

  数値も含めて、具体的ですよね。

  漠然とした『夢』ではなくて、具体的に『目標』にしているから、実現のために努力しているのだと思います。

  さて、中学受験を目指されている皆さん。

  こんな本田みたいなお子さんなら良いですけど、なかなかこんなお子さんは少ないかもしれません。

  ですが、この作文から学べることがありますよね。

  目標を現実化するには、『数値目標』を立てるのがいいです。

  例えば、○○中学に合格するために…

  ●9月の模試で苦手な社会の偏差値50をとる。
  ●11月の合不合判定テストまでに、4科偏差値55をとる
  ●11月の模試までに、○○中学の合格率60%をとる

  などと、具体的な数値目標を立ててみてください。

  きちんと数値目標を立てれば、それが達成できれば大きく褒めることができますし、達成できなかった時は、反省して、次の目標を立てればいいわけです。

  数値目標は目標を達成するための大きな刺激になります。

  あとは、諦めないで継続していくことですよね。

honda_syou6.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*