成績が悪い時ほど、担当講師と協力

こんなことがありました。
生徒の中で、成績が下がってきた子がいました。

その子は上のクラスから移ってきた子なので、能力的にはあるはずです。
数値をみると明らかなので、何度がその生徒に声をかけていました。

しかし、その保護者の方の対応に疑問符がつきました。
担当の私に何の相談もなく、校長と面談がしたいと電話を入れてきたのです。

担当者としては屈辱です・・・(-_-メ)
私が責任をもって生徒を見ているのに、なぜ、まず担当者に連絡を入れてこないのか?(まぁ、勝手な思い違いかもしれませんが。。)

塾は人間同士の関わりの中で師弟の関係を築いて必要な知識を教え、教わっているのだから、その関係を無視して裏切るような行動だけはして欲しくないですね。

(もちろん、塾によっては担当講師と話すことが難しい場合は仕方ないと思いますが。。)

講師も人間です。生徒が20名いれば、全ての生徒を細かく見ることは困難です。
もしあなたにお子さんが20人いたとすれば、20人を常に常に細かく把握する事に自信がありますか?

それを講師は求められ、頑張って実践しているわけです。

どうか、講師に協力してあげてください。
講師もどの子も成績を伸ばしてあげたいと思って頑張っているのです。

それを、その存在を無視されたような行動を取られたら、正直、その子の面倒を見る気が失せてしまいます。

講師と一緒に子供が成長するよう協力体制を立てていきましょう。
講師も人間です。信頼してくれれば、力も湧きます。

担当講師に相談しても悪くなる一方であれば、その時に校長等に連絡をとり、塾を変えるなりすべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*