習い事と中学受験の両立

スポーツ

中学受験と他の習い事との両立・・・
塾だけでなく、他の習い事をさせているご家庭は多いかと思います。

野球、サッカー、バレエ、ソフトボール、水泳、テニス、・・
その中で培ってきたお友達もいるでしょうし、何より本人が好きで続けているのでしょう。

ただ、趣味程度なら気晴らしにいいでしょうが、習い事に時間を取られているようですと、成績は頭打ちとなります。
なぜなら、成績向上のためには、そのための物理的な時間がやはり必要だからです。

中学受験は、甘くはありません。
その場合、親としても受験で志望校に合格して欲しいし、かといって、受験勉強だけに一辺倒にしてもいいものかと・・・

さすがに6年生の後半になってからはやめたり、制限したりするでしょうが、いったいいつ頃習い事を制限するのが良いのでしょうか?

これは普通であれば、「5年生の2学期から」です。
私はそのようにお勧めしています。

しかし、大切なのは、「本人が納得すること」です。
本当に上位校を目指して頑張っているお子さんは、塾の勉強一色で早くから取り組んでいます。
他の習い事は、目指す中学校に入ってからと、早いうちから決めているのです。

親の判断で、無理やり習い事を辞めさせると、後で恨みになることもあります。
小学生だから最終的に親の判断に従うでしょうが、そこはきちんとお子さんと向き合って話す必要があります。

上位校は難しかったとしても、たとえ6年生になろうと本人が納得するまで習い事を続ける事が、今後の人生において本人にとって本当に良い事になる場合もありますので・・。

親子での話し合いによって、納得のいく時期を見据えてください。
先の中学、高校生活をよりよい生活とするために・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメント

  1. 一色 塾

    習い事と中学受験の両立本当に上位校を目指して頑張っているお子さんは、塾の勉強一色で早くから取り組んでいます。 他の習い事は、目指す中学校に入ってからと、早いうちから決めているのです。 親の判断で、無理やり習い事を

Comments are closed.