ショック療法?①

バツの札をあげる女の子

「受験の神様」というTVドラマは終わりました。
しかし、”中学受験”というドラマの主人公は、皆様のお子さんであり、現在進行中です。

過去にこんな出来事がありました。
算数の理解が遅く、もう上のクラスについて来るのが無理かなっていう小5の女の子がいました。
私が以前担当していた女の子です。

普段はとても明るくて、活発です。国語は良く出来るのですが、算数の点数が取れません。

「このままだと、クラスダウンするよ。」
「この講習会の成果をみて決めるよ」

あらかじめ、警告はしていました。
しかし、成績がすぐに上がるわけもなく、講習会での理解も悪く、明らかに算数に関してはクラス最後尾でした。

「このままこのクラスにいるよりも、一つ下のクラスで基礎を固めたほうが本人にとっていいかな・・・」

夏終盤、本人と親御さんに、説明をして、クラスを下げる考えがあるという件を話しました。
そのとき、本人は仕方ないかなという反応でした。

しかし、後で知ったのですが、その電話の後、彼女は泣きじゃくっていたのです。

女の子泣き顔

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ