成績の折れ線グラフ

勉強は、本人が頑張ろうと自覚したときに大きな効果が上がります。 であれば、それを手助けしてあげればいいわけです。

中学受験を進めていく際に、必ず定期的に大きなテストを行いますね。

きちんとした成績帳票も送られてくるはずです。それを見れば、成績の推移もわかるようになっているものが殆どだと思います。

ところが、帳票がきたときは、自覚したとしても、普段の生活ではつい毎日の生活に追われて、意識が下がってしまいがちになりませんか?

●そこで、勉強机の前に、大きな手作りの成績折れ線グラフを掲示してみてください

4科目合計偏差値推移グラフでもいいです。 あるいは、苦手科目克服のために、苦手教科だけの偏差値推移グラフでもいいでしょう。

低学年のうちは偏差値ではなくて、点数でもいいですが、5年生くらいから、偏差値を意識させた方が志望校選びにもいいかもしれませんね。

折れ線グラフ

大切なのは、「本人が常に今の自分の成績を数字で把握する」ことです。

そうすることによって、「次の目標を自分で立てることができる」のです。

目標は自分で立てさせると効果がでます。

ただ、目標を立てさせるときは、「現実的で、取れたら嬉しい偏差値(点数)」にしましょう。

一生懸命、低い目標を立てる子もいますので(笑)

なお、偏差値というのは、その時のコンディションや気持ちによって平気でプラスマイナス10近く上がり下がりもしますので、お子さんが一喜一憂したとしても、大人としては冷静に本人のモチベーションを維持するよう努めましょう。

ずっと右肩上がりだと嬉しいですけど、目標レベルに安定して達するようになる事が目的です。

成績が安定するまで続けるといいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメント

  1. ケムケム より:

    小4の息子がいます。
    まだ受験は先ですが、色々勉強させてもらっています。
    これからも期待しています。

コメントを残す

*