3.3システム勉強法

数字の3

お子さんの勉強を見ていると、こんなことってよくあります。

「もう忘れちゃったの・・・?」

「こないだやったばかりじゃない!」

記憶って、なかなか残りませんよね。

その時分かったようでも、きちんとその記憶が”定着”しないと、総合テストの時、そして入試の時に点数が取れません。

記憶について研究した学者エビングハウスの忘却曲線によると、人間の記憶は、覚えた直後から急速に忘れ去られ、わずか1日で半分以上が忘れ去られてしまうそうです。

ただ、この忘れ去られた記憶は、反復学習をすると、最初よりも短い時間で回復でき、しかも最初よりも忘れにくくなります。

もしも同じものを3日間繰り返して勉強すれば、約7割の記憶量が長期に残るといわれています。

そこで、記憶を定着させるための勉強法。

    ■■■ 3.3 システム ■■■

この方法は何かの本で紹介されていたのですが、非常に効果的な学習法だと感じています。

例えば、総合回のテスト範囲が第1回~第6回の場合に、その勉強のやり方を次のようにするということです。

一日目 第1回、第2回、第3回
二日目 第2回、第3回、第4回
三日目 第3回、第4回、第5回
四日目 第4回、第5回、第6回
五日目 第5回、第6回、第1回
六日目 第6回、第1回、第2回

このように、1日に3単元ずつ履修しながら、つねに1日に新しい単元をひとつ履修して進んでいきます。

結果的にひとつの単元につき、3回繰り返すことになります。 3つ、3つと進んでいくところから「3・3システム」と名づけられています。

「時間がなくて、そこまでできないよ」 と言われるかもしれませんね。

このとおりシステマチックにできなかったとしても、すきまの時間を利用して、積極的に以前にやった忘れがちな問題を、もう一度繰り返してみてはいかがでしょう。

要は前にやった内容も、改めてもう一回、もう一回とやってみる事が大切なんですよね。

お父さんと僕、勉強中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ