効果的な暗記のお手伝い

さて、6年生は入試までもう日がありませんね。    

「今年はクリスマスもお正月もない。   受験が終わってからだ。」

なんて言われているかもしれません。

でも、それに付き合っている塾講師は、毎年クリスマスもお正月もなくて・・・(T_T)   ともに頑張りましょう! 

さて、今回は理科や社会の暗記事項を楽しく覚える方法です。

5年生、6年生になってくると、お子さんの勉強に直接関わってあげられる事は少なくなりますね。  また関わりすぎると、本人の思考の妨げになり、かえって良くない事もあります。

ところが、「一問一答の暗記」なら、相手がいた方が憶えやすいのです。  

時間があるお父さんお母さんは、暗記の手伝いをしてあげましょう。

少し工夫すると、楽しく効果的に覚えることが出来ます。

 

[用意するもの]

□塾で渡された問題集や、一般の書店で手に入るメモリーチェックなどの問題集  

□ピコピコハンマー  

□録音ラジカセ

[やりかた]

問題集の、各分野の要点がまとまっているページを使って、一問一答形式でやりとりをします。

やる前に、ルールを定めます。

例えば・・・  「10秒以内に答えられなかったら、ピコピコハンマーで叩く。」 「10問連続で答えたら、逆にお母さんをピコピコハンマーで叩いてもいい。」  といった感じで。  

ゲーム感覚で楽しくやることが大切です。

pikopiko.gif

もちろんコレだけでも楽しく覚えることが出来るのですが、更に効果的にするために、この一問一答のやり取りを、録音しておくのです。

それを食事中などに、もう一度再生します。

後で聞くと、結構 傑作なんですよね。このゲーム(笑)  

笑いながら、再確認でき、記憶に定着されます。

 

[注意点]

お子さんが出来ないからといって、絶対に叱らないこと。本人が一番わかっているのですから、お手伝いに徹しましょう。

また、長時間やっても疲れるだけですから、一日20分くらいで十分ではないでしょうか。

社会は試験に出ないようなことを憶えても無駄になります。つい手を広げすぎて細かいところまでやらないようにしましょう。

重要項目を繰り返し復習するのが、一番効果的です。 

————————————————–

 みくに出版 メモリーチェック一覧  http://tinyurl.com/36q8rn

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*