親の思いと子の思いのすれ違い

アヒルの親子

受験とは話が反れますが、印象に残ったテレビ番組でした。

何気なく見ていたテレビの番組「サイエンスミステリー」で、以前歴史的に注目された、あるアメリカの親子が紹介されていました。

母親は、自らシングルマザーとなる事を決断し、高いIQ保持者の精子提供を売り物にするアメリカの精子バンクで、科学者の精子を購入し子を産んだ、先駆けの人です。

選んだ精子は容姿も良く、スポーツも出来て、当然IQも高い理想的な男性の精子。

生まれた男の子は可愛くて、幼くして活字を読みあさり、1000人に1人しか入れない難関小学校に入りました。

マスコミからも注目され、天才児ともてはやされ、母親は大満足でした。

その後も難関中学、難関高校へと次々に進学。

IQは180、特に数学の能力に長けていました。人もうらやむエリート街道を進んでいったのです。

時は過ぎ、彼は24歳。

その後の親子が紹介されていました。

二人は離れて暮らしていました。

母は息子宛てに一日に17通のメールを送ることも。

母はニコニコ笑って言います。

「今度息子の家の近くに引越するの。あの子は今にゴア副大統領のようになるわ。」

場面は変わって24歳の息子。

一人暮らしをしています。本は相変わらず好きで、たくさんの本に囲まれています。
ファンタジー読み物や絵本・・・数学の本はありません。

現在、彼は小学生の先生をしていました。
彼は小学2年生のある教え子の話を、笑顔で語ります。

インタビューアーが彼の才能についての話をすると、とたんに彼は暗い顔つきになります。

「IQはあくまでも人の素質の一部でしかないんだ。
IQが高ければ幸せな人生を送れるわけじゃないんだ」

彼は幼い頃から周りから違った目で見られていました。
天才とはやし立てられていました。

彼は内向的になり、孤独で一人ぽつんと居る事が多かったのです。

「母は過度なものを僕に求めてくるんだ」

その顔は暗い。

彼は言います。

「シンプルな人生に惹かれるんだ」

彼は、幼い頃に読んだ絵本を集めていました。
将来自分の子供に読み聞かせたいといいます。

お気に入りの絵本を微笑みながら紹介してくれました。
絵本の内容は、アヒルの親子の何の変哲もない日常。
ただ、アヒルの家族が仲睦まじく暮らしている絵が描かれていました。

幼き頃、親が子に愛情を注ぐのは素晴らしいし、健全な姿ですね。
しかし、子供はいつか成長し、大人になっていきます。

番組を通して、幸せとは何なのかを考えさせられました・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ