集中力判定テスト

集中力判定

今回は集中力判定の心理学テストを用意しました。

その前に、集中力を構成する次の5つの能力について、説明します。

根気力・・・・・・集中を持続する力。物事を達成するまで、いかに気持ちを保てるか。成績の土台となります。

一点集中力・・没頭する力。好きな事にのめりこめるかどうか。これも成績の土台です。

リラックス力・・肩の力を抜くこと。集中力を効果的に使うためには、ガソリンを入れるのと同じで、リラックスが必要。 机に長時間向かっている事が集中して勉強しているとは限りません。

瞬発力・・・・・・ここ一番で力を出す。本番に強いかどうか。  

発想力・・・・・・注意を適切にコントロールして豊かな発想を引き出す力。

では、次の心理学テストをお子さんと一緒にやってみましょう。

 

集中力判定テスト(PDF形式ファイル。印刷してご利用下さい)  

 

あてはまる=2点、ややあてはまる=1点、いいえ=0点として計算します。10問ごとに合計点数を計算します。

[ 1~10番] 根気力  

[11~20番] 一点集中力  

[21~30番] リラックス力  

[31~40番] 瞬発力  

[41~50番] 発想力

 

さて、各項目「11点以上」とれていれば、その力があると考えられます。五つの能力がバランス良く高い事が理想ですね。

テスト結果が良くなかったといって、「ウチの子は集中力がないから」とあきらめる必要はありません。

集中力は、才能ではなくて、誰でも習得する事ができるものです。  

「上手く自分自身をコントロールすることができるかどうか」ですから、存分にその力を引き出してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links


コメントを残す

*