サンデーショックの影響

教会

ご承知のとおり、今年の受験はサンデーショックです。
2月1日が日曜日のため、礼拝を重んじるプロテスタント系の学校のうち幾つかの学校が試験日を2月2日に移動させます。

[2004年に2/1から2/2へ移動した主な学校]
女子学院、フェリス女学院、東洋英和女学院A、横浜雙葉、横浜共立学園A、立教女学院、横浜英和女学院A、恵泉女学院①、関東学院A、清泉女学院①、玉川聖学院①

[2004年に2/2から2/1へ移動した主な学校]
鎌倉女学院①、カリタス女子①(午後)、湘南白百合学園

上記のように、女子の超人気校が変更されます。
今年はまだ発表していない学校もあるので、どうなるかは分かりませんが、似たような傾向になるでしょう。

最上位層は、2/1に桜蔭や雙葉、2/2に女子学院やフェリスという併願が可能になります。
そのため特に御三家に次ぐ難関校への影響が大きくなります。
2/2に受験日が集中する事により、その日の受験生が分散されるので、単純に考えると、最上位以外の難関校の難易度は下がる傾向になります。

2004年は、2003年との変化が大きかった順に、
晃華学園②、白百合学園、光塩女子学院、青山学院、国学院久我山②、洗足学園②、吉祥女子②、豊島岡女子、渋谷教育渋谷②
などの難易度が下がりました。
ただし、横浜雙葉、東邦大東邦、立教女学院など、2003年よりも難易度が上がった学校もあるので、そう単純ではありませんが。
今年は、共学になった明大明治が昨年と比べてどうなるか注目ですね。

2/1は通年より受験校が減った影響で、2/3は最上位層が抑え校を受験してくる影響で、通年より難易度が上昇する傾向があります。
2004年の2/1は変化の大きかった順に、
日本女子大附、渋谷教育渋谷、成蹊、鎌倉女学院、学習院女子など

2/3は、
光塩女子学院②、大妻③、跡見学園②、豊島岡女子②、学大世田谷、晃華学園③、日本女子大附②、学大竹早など
の学校が、2003年よりも難易度が上昇しました。

以上は2004年の結果であり、当然今年どうなるかは、フタを開けてみないと分かりませんが、受験の併願パターンを組む際には昨年のデータをそのまま参考にできないことになりますので注意ですね。

サンデーショックは大きな変動の年なのですが、それを逆手にとれば、良い結果も残せるはず。 しっかり学力をつけさせて(それが大変・・・(苦笑))サンデーショックの荒波もなんのその、で乗り越えましょう!

surfing.gif
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links