愚痴を言いたい女の子

愚痴る女の子

週末のテストが終わると、女の子の生徒が思い思いに感想を言いにきます。

「今回は算数が80点も取れたんだよ~」

「合計で240点だったよ。成績優秀者に名前が載るかな~」

褒めるところは褒め、意見するところは意見します。

「すごいねぇ~。よく取れたねぇ~」

「大問1の計算でのミスは痛いなぁ~。本番では丁寧に注意して絶対ミスするなよ。」

小6は学校では最高学年になり、受験生になりましたが、まだまだ子供なんですよね。

 

やっぱり、褒めてもらいたい気持ちもあるのでしょう。

さて、点数が良かった子ばかりではありません。

点数良かった組が帰った後に、 点数悪かった組が私のところにやってきました。

「何点だったの?」

「もう私ダメ~・・・。聞かないで。」

「もう~。ほんとに嫌、嫌、嫌。」 「何で勉強したのに、点数取れないのかな~」

「解説見てもわかんないし」

「わかんないところたくさんあるし」

「もうホントにいやんなっちゃう・・・」

 

どうやら、愚痴はしばらく止まりそうにありません。 本人達いわく、愚痴を言いたくなるそうです。

やっぱり、女の子ですね。

しばらく、愚痴を聞きながら、 「単元テストは取れなくても、ちゃんと復習して、総合テストで取ればいいんだよ。」

なんて言いながら慰めていると、ようやく落ち着いてきたようです。

「どれが分からなかったのか、わかんなかったら早いうちに質問しな。」

ようやくおもむろに分からなかった問題を出し始めました。

 

さすがに、男の子で愚痴を言ってくる子はいません。

男の立場からすると、愚痴を言っている暇があったら、さっさと間違えなおしをすればいいものを、と思ってしまうのですが、なかなかそう割り切れたもんでもないようですね。

女の子は。

受験の指導方法も、男の子と女の子とでは手法を変える必要があるんですよね。

女の子の場合、たまには愚痴を聞いてあげて、本人のわだかまりをスッキリさせてあげる必要もあるようです、はい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links


コメントを残す

*