塾との付き合い方 担当講師

塾での担当講師との付き合い方について語ってみました。

個別面談のポイント

塾の面談

早いもので、もう二学期が終了しますね。    

多くの塾では個別面談会が行われるのではないでしょうか?      

塾の規模、クラスの規模にもよると思いますが、個別面談の時間というのはそんなに長くはないと思います。    

せいぜい15分から20分くらいが標準でしょうか。  

30分とってくれる塾は良心的だと思います。  

少人数の塾なら納得しますが。      

限られた時間ですと、現状の成績の話や世間話をしていると、案外あっという間ですよね。   (個人的には世間話は好きなんですけど)      

そこで、せっかくの個別面談の場ですから、ポイントを絞って話しに臨むと良いです。    

受験生であれば、随時の相談となるでしょうから、今回は非受験学年の保護者の方向けにお届けします。      

●志望校を伝えましょう    

はっきりと伝えてしまったほうが、担当のほうも指導の方向性が定めやすくなります。   校風や入試問題が本人に合った学校なのか、或いは家庭の方針がどうなのか、などを担当に確認、情報共有していくと良いでしょう。

●志望校に合格するための現状の課題を確認する    

どの科目が課題なのか。課題科目のどの分野が課題なのか。本人の受験に対する意識はどうか。生活態度はどうか。授業態度や家庭学習の態度はどうか。      

●今後の塾での流れを確認し、目標を決めましょう    

課題を確認した上で、今後どうして行くのか、塾では何が出来るのか、家庭では何をしていくべきかなど。   次の大きなテストなどで、具体的な目標を決めてみるといいですね。      

●顔を覚えてもらいましょう    

保護者の皆様は、1回の保護者会や面談で担当講師の顔と名前を把握されることと思います。    

しかし、実は講師側を代弁すると、大変申し訳ないことですが、多くの生徒を担当している講師ほど、生徒の顔は覚えていても、 保護者の方の顔と名前が全員間違いなく一致するかというと、なかなかそうでもないんです。

「前に一度話したことがあるじゃない」

とご批判もあるでしょうが、 短い時間の面談の時以外、なかなか顔を合わせる機会が少ないご家庭もありますし、また個別面談会や保護者会の時は、講師側は次々と色んな保護者の皆様と顔を合わせるので、 別の機会になると、顔は覚えているけど誰のお母さんだったか名前が完全に覚え切れないなどという事態がどうしても生じてしまうわけです。

講師側としては名前がうろ覚えだと、(もしお名前を間違えたら失礼だ)という考えが浮かんで、ついつい声をかけそびれてしまうこともあります。

そこで、

 「先生どうも。5年Aクラスの山田太郎の母です。」    

などと、お子さんの名前を入れながら積極的に講師に声をかけてみてはいかがでしょうか?    

講師も生徒の顔がパッと浮かびますから、話も弾みやすいです。 (本当は世間話でもするといいんでしょうけど、限られた時間ですと、ね・・(笑))

やっぱり印象に残ってる保護者の方のお子さんには、より意識も深くなるものです。    

●良い情報交流の場に    

「面談の機会にたくさんクレームを言ってやろう」   というお気持ちもあるかと思いますが・・(苦笑)    

ご家庭での様子を通して、保護者の皆さんがお子さんのことをよく把握されているように、   普段の授業での様子を通して、講師は他の子と比較しながらお子さんのことを客観的に把握しているはずです。

どちらもお子さんの成長を願っている思いは同じでしょうから、面談を通してお互いの情報を交換しつつ、うまくお子さんを成長するための協力の場になると最高ですよね。

欲しい積極性(後編)

積極性アップ!

 さて、前回は、受験には積極さが欲しいという内容でお送りしました。   ⇒  欲しい積極性(前編)    

でも、お子さんのタイプも色々です。  

確かに、受験生向きかと言われるとそうでないタイプのお子さんもたくさんいるでしょう。      

・○○さんの所のAちゃんは、いつも元気で積極的で勉強もできて・・  

・うちの子は引っ込み思案だし・・  

・うちの子は全然勉強できないし・・  

・もう、何をやってもダメなんだわ・・      

なんて、他と比較したりして悲観的になっても仕方ないですよね。

 

近代物理学の父、アイザック・ニュートンも体が小さく内向的で目立たぬ子でした。    

発明王のエジソンに至っては、小学校の担任の先生から「君の頭はどうかしてる」と吐き捨てられ、入学からわずか3ヶ月で退学処分となりました。 さらに、父親からも見放されたそうです。

それでも、母親からの愛情とバックアップによって、しっかりと成長していったわけです。      

この”愛情と応援”が、お子さんの成長にとって、とても大切なことだと思っています。      

 

受験をする以上、ある程度合格しやすいタイプの子に育てていく必要はあります。    

子供は”未成熟”な状態ですから、指導と訓練によって、可能性を引き伸ばしている成長段階にいるわけですから。      

“積極性”ということに関して言うと、引っ込み思案なお子さんに対しては、ただ「先生に質問に行きなさい」と言うよりも、    

「この問題がお母さんも良く分からないので先生に質問してきて。その答えをお母さんに教えて」   などと具体的に指示してみてはいかがでしょうか。    

子供というのは、講師や他の大人に対して抵抗感があっても、個別に話していくと段々慣れていくものです。    

そのキッカケを作ってあげる、ということですね。      

また、普段の生活でよく会話することはもちろんのこと、大人が考えていることなども話し、 お子さんが大人と話す抵抗感を減らすようにしていきたいですね。

塾講師というのは、基本的に保護者の方からの発言には敏感です(苦笑)。    

お母さんから積極的にお子さんの状況などを話されたり、相談を受けたりすると、やっぱりお子さんのことを意識します。    

もちろん、過分な”えこひいき”はできないのですが、  やはり声をかける回数も増えますし、対応の改善や質問対応なども心がけることになります。  

私の過去の経験でも、お子さんの顔より、お母さんの顔の方を先に思い出すというご家庭も・・(笑)    

講師に質問することが全てではないのですが、  「大人に自分の意見をきちんと説明できる子」には育っていってもらいたいですね。    

 

 “受験”という環境は、ある面こわい環境です。  

 基本的には学科試験の得点で合否が分かれてしまいます。    

すると、講師も親もどうしても弱点教科ばかりに目がいきますし、合否を考えると当然そうなってしまいますよね。      

でも、もしかしたら大人側の視野まで狭められているのかもしれません。    忘れちゃいけないのが、  お子さんの良いところを見つけて認めてあげること。  褒めて、自信をつけさせてあげること。    

得意教科を褒めるのはもちろん、勉強以外の部分でも構いません。      

人間、誰しも得意不得意はありますし、苦手教科は”あって当たり前”位に考えてもいいでしょう。    

受験はどうしても、テストの点数という価値観にはまりがちになりますが、  時々一歩引いて我が子を見つめてあげて下さい。  スランプ状態に陥っているような場合は特に必要です。    

自分が認められているという実感を持つと、自信もつきますし、積極性も生まれてくるものです。    

それが、受験に対しても好影響を与えてくれるはずですよね。    

 “世の中でたった一人しかいない” お子さんを、先を見据えてじっくり伸ばしていきましょう!

積極性アップ!

欲しい積極性(前編)

引っ込み思案

 さて、いきなり質問ですが、
 
お子さんは積極的なタイプですか?
 
それとも消極的なタイプですか?
 
 
 
 
 私自身は集団塾の講師です。
 
集団授業の良い点は、受験に必要な学習内容を必要な時期に効果的に組まれたカリキュラムに沿って授業が行われることです。
 
また、クラスメイト同士の競争意識、あるいは友情関係による連帯意識を高めることによって、
困難な受験を一緒に乗り越えていくことができるという点です。
 
 
 
短所としては、生徒一人一人をじっくり見てあげることにはどうしても限度がある点。
 
授業について来れない生徒に対して対処に限度がある点です。
 
 
 
私は算数という科目を見ているので、特に感じることがあります。
 
算数は解き方のプロセスが分からないと答えにたどりつけません。
 
授業中に理解できなかった子は、解説を読んでも理解できない、という場合が多いのです。
 
 
そこで、授業前後に質問対応を受け付けることは良くあります。
 
 
 
ここで欲しいのが「積極性」です。
 
 
経験上、よく質問に来る子は、やはり成績も上がります。理解したいという熱意が積極性を生んでいるのかもしれません。
 
 
質問に来ない生徒は理解していて質問する必要がないか、あるいは「分からないけど、まぁいいや」と思っているかのどちらかです。
 
理解している子はいいのですが、
 
 
 「分からないけど、まぁいいや」
 
というのが、やはり問題ですよね。
 
 
 
この「まぁいいや状態」を積み重ねていると、成績はハッキリ言って伸びません。
 
 
もちろん、保護者の方のご意見として、
 
 
  「先生が自分の子を見てくれない」
  「もっと、自分の子を見て欲しい」

 
という意見がよくあることは承知の上です。
 
 
 
しかし、集団塾のシステム上の問題もあるでしょう。
 
少ない人数なら、講師から見て理解している子とそうでない子の見分けがつきやすいですし、質問対応も全員できます。
 
しかし、10人、20人と多人数の対応となってくると、全員を細かく見ることには限度が出てきます。
 
そして、案外塾講師は授業準備だけでも結構忙しいのに、授業後の欠席者対応、電話対応、成績処理、イベント準備、加えて集客業務など、多忙に追われることが多いのです。
 
 
結果的に、積極的に質問に来る子だけの対応となりやすいのが現実です。
 
 
 もちろん、できるだけ理解度の差が出ないように、講師側としては確認テストで合格点以下の生徒を居残りさせたりして対応するのですが・・
 
 
それでも、大人しくてあまりしゃべれない子、自分の意見が上手く言えない子、消極的な子というのは損をしてしまうことが多いと思います。
 
 
また、そういうお子さんは、面接がある学校であれば、明らかにマイナス要因になってしまいます。
 
 
やっぱり、受験には「積極性」がある程度求められますし、講師から見ても「積極的な方が得をする」と感じるのです。
 
 
 
しかし、性格的になかなか積極的になれないお子さんもいますよね。
 (実は私も消極的な性格ですし・・(笑))
 
 
後編では、そのようなお子さんをお持ちの方へのメッセージをお送りします。
 ⇒欲しい積極性(後編)

講師と親の視点の違い

一学期ももうすぐ終わりです。  

日差しも暑くなり、もうすぐ夏本番でしょうかね。    

多くの塾では、一学期の終了時に個別面談などが行われるのではないでしょうか?

今回は、あたりまえの事かもしれませんが、講師と親の視点について改めて注目してみました。        

 

お母さんと話をする時、講師側が注意していることがあります。 

それは、講師側はお子さんの問題点を保護者の方に話すときには非常に気を遣って話すことが多いものです。少なくとも私はそうです。      

なぜなら、お子さんの課題や問題点を指摘すると、お母さん自身の問題を指摘されたかのように感じ取られてしまう方が多くいらっしゃるからです。

愛情が強いが故に、お母さんとお子さんが気持ちの上で一体化しており、お子さんの問題を指摘されると、非常に親としても心苦しくなるわけです。

もちろん、そのお気持ちは分かります。

我々講師でも、担当クラスの生徒のことを他の講師から批判されたり、問題点を言われたりすると、担当として気分が悪くなるものです。    

この業界は成績が伸びないと、露骨に担当講師のせいにされますので、結構厳しいんですよ…(-_-;)     それ故、お子さんの実力が伸びてくると、講師も親御さんも本人も嬉しいし、   もしどんどん成績が下がったりしたら、講師も親御さんも苦しいのです。        

 

話を戻して、まずは講師と親との「視点の違い」を確認しておきましょう。

親としては、自分の子供一人を普段の生活からじっくり見ています。その視点はお子さん一人を「絶対的」に見ている貴重な視点です。

それゆえ、親御さんしか知り得ないお子さんの良いところや、あるいは課題などを見ることができます。

 

しかし、塾の講師は視点が違います。  

お預かりしているお子さんを、他の子供達と、あるいは過去に見てきた生徒と比較した上で、「客観的」に見つめています。

それによって、時には親御さんとは違ったお子さんの良いところや課題を発見することができるわけです。

だから、親御さんの視点と、講師の視点の両方の情報交換ができると一番いいですよね。

講師側も、塾では見せない家での様子を聞いて、対応の仕方を変えて功を奏することも多いです。

ご家庭でも、家では見せない塾の様子を聞いて、対応の仕方を変えて、功を奏することもあるでしょう。

お子さんに課題があれば、上手く相談しながら塾でも家庭でも対処して克服していくのが一番ですよね。

やっぱり、お子さんのためには上手く講師とご家庭とでコミュニケーションがとれることが望ましいです。

電話や面談などで、講師と良好な関係を築いてくださいませ。

大手塾講師に気軽にお願いする方法

中学受験バイブル

夏期講習会が終わりました。  

5年生にとっては、これから各科目どれも難度が上がってくる重要な時期。  

そして、6年生にとっては いよいよ受験が現実的に迫ってくる秋を迎えます。

最近とある中学受験情報誌上で、『中学受験BIBLE』や『受験手帳』などの著書で有名な弁護士の荘司雅彦氏による 【大手塾に気軽にお願い事をする法】という記事を読みました。

荘司氏の娘さんは、お父さん自身からの直接指導も受け、御三家中学に合格したので、立役者のお父さんである荘司氏は、親御さん達からの支持も厚いようですね。

お願いをされる立場の講師として複雑な気持ちで読んでみたわけです(苦笑)

興味深い内容がありましたので、納得できたものを、現場講師である私のコメントつきで、ここに紹介しておきます。 

 

■■ いいにくい相談事をサラリと通す方法 ■■  

1. 仮説を立てて交渉に臨む

荘司氏:「『どうして子供の成績が下がったのか、と問い掛けるよりも、自分は下がった理由をこう考えるが、先生はどう思いますか?』 と切り込むほうが答えやすいだろう。それに、塾と家庭 両方の情報を持ち寄って話し合うから、相談する意味があるのである。

・・・まず、頭をクールにして情報整理。模試当日の様子はどうだったかとか、親なら思い当たる事はたくさんあるでしょう。 ・・こんな情報が一つでもあれば、講師の対応は格段に違ってきます。」

コメント:その通りです。講師としても家庭での様子などが聞けると、塾での様子と合わせて判断できます。

 

2. 些細な疑問は日頃から小出しに

荘司氏:「感情的になってキレる人。一方的に要望だけをまくし立てる人。  

お母さんに意外と多いんですが、そんな姿勢で話し合いは無理。交渉以前の問題ですね。」

大噴火に至らないように、普段から担当講師と世間話でもいいから話をする習慣をつける。  とはいっても、相手は何十人もの生徒を受け持つ忙しい身。なかなか時間を割いてくれないだろう。

「授業が終わった後の、お迎えの時がチャンスです。夜も遅いし、迎えに来た他の親も疲れていて早く帰りたいので、講師の取り合いにもなりにくい。  2、3分の立ち話をするには持ってこいの状況です。相談や要望などもこのタイミングでさらりと伝えるのが理想的ですね。」

コメント:荘司氏、なかなか鋭いです(笑)。  

塾の現場の仕事は、無限に沸いてくるくらい、色々とあり、その処理に追われがちになります。

私もできるだけ知っているお母さんと顔を合わせたら声をかけるようにしているのですが、 やることが一杯詰まっていると、挨拶程度に終わってしまう事も多いですね。

でも、「最近、うちの子どうですかねぇ」などと気軽に声をかけてくれるお母さんもいます。

講師としても、ご家庭の様子やお母さんの気持ちなどを知ることは指導にメリットがあることですので、  話し出すと色々とお子さんの事を、より深く意識する事ができますし、長時間でなければ全然負担ではありません。

あるお母さんは、私が忙しいだろうと思って、手紙を書いてくれました。  さすがにそこまでこちらの気を遣ってくれるお母さんは少ないですので、どうしてもお子さんのことを深く意識してしまうものです。

普段からの小さなコミュニケーション、講師側としても、大切にしたいですね。

 

3.子供と講師の信頼関係を崩さない

荘司氏:「もし、交渉が物別れになったとしても、決してその講師のグチなどは子供に言わないでください。  子供と講師の信頼関係を壊さないことが、親の最重要責任です。  特に小学生くらいであれば、『塾の先生が好きだから』というのがモチベーションになりやすい。  逆に子供が講師を信頼しなくなると、教わった事を全く吸収しなくなる。

私はかつて娘の勉強をみているとき、講師の間違いを発見しました。  しかしそれを指摘しても、娘が『でも先生がこう言ってたよ』といえば、『じゃあ、先生が正しい』と。  餅は餅屋、なのです。交渉事も基本的にはこのスタンスを貫いたほうが、最終的にはいい方向に転がります。」

コメント:  信頼関係が崩れて、指導効果が薄れてしまう事は往々にしてある事です。  しかし、講師側としては、普段から信頼に足る対応、指導をしないといけないと思っています。自戒の意味も込めて。

ただ、講師も大人数を見ていますし、どんなに優秀といわれる講師も完全ではありません。

我々の業界では、「どんなに経験を経ても、常に一流をめざしている講師が、本当の一流の講師である」  といわれているくらい、完璧と呼べる世界ではありません。

人間ですから、当り前ですけど。

ただ忘れてはいけないのは、中学受験の主役は、あくまでもお子さんです。

私達大人が協力して、上手にバックアップしてあげたいですね。

 

質問に行かせる

明日は、大きなテストが控えています。
私が担当しているクラスの一つは、小5の算数です。
小5の後半はカリキュラムも難しい単元が続き、難しい時期です。

今日は、塾がないというのに、小5の生徒達が4,5人、自習と質問を目的に塾にやってきました。

かくいう担当の私は、他の学年のテスト監督などがあり、あんまりゆっくり質問対応できませんでした。

私をずっと待っている間、他の担当の先生を捕まえて一生懸命質問していたようです。
(でも、なかなか分からなくて、しどろもどろしていた様子)

彼らをずっと待たせた後で、私がようやく時間ができて、自習室に顔を出すと、

「マキシ先生~!
ずっと待ってたんだから~!」

と、歓声が上がり、正直、面食らいました。

彼らに言わせると、やっぱり他の先生だと不安で、私が来るとなんか安心する、と言うのです。

こういうときは、私としても必要とされていると改めて感じることができ、うれしいものです。

講師として色んな生徒を見てきますが、成績の悪い子でも、頑張って質問に来るような子は、やっぱり一生懸命やっている証拠の一つでもあるので、やっぱり成績も上がってきます。

 

塾の先生は、概して忙しいものです。

校舎の規模やシステムにもよりますが、その忙しい先生を捕まえるのは、簡単ではなかったりしますが、

「分からないところを一つ一つ減らしていく」

という姿勢を常に持ち続けさせるようにしたいものです。

結局その5年生の彼らは、私に質問対応をするためだけに午後2時に来塾したのに、ようやく私にじっくり質問できたのは夕方5時半でした。待たされながら、自習室で勉強したのです。

(待たせちゃって、悪かったな・・)と思いつつ、結果的に頑張って勉強した彼ら・・・

 

明日のテストでよい結果を残してもらいたいです。

 

みんな

塾からの電話

塾からの電話

単純に、電話をくれる先生はやっぱりいい先生です。
特に、多忙な中で連絡をくれる先生は。

まれに持っている授業数が少ないので余裕があって連絡をくれる新人先生もいるでしょうが。

仕事が休みの日に来て、無給で授業の準備をしたり、生徒の家に電話をかけている先生もいます。

塾がシステムとして電話連絡を義務付けているところもあるかもしれませんが、実際塾の先生は、物凄く忙しいです。

しかも一人の生徒だけを見ているわけではありません。
学校の先生はクラス担任として40名ほどの生徒を抱えるわけですが、塾のベテラン講師は何学年にもまたがって100名以上の生徒を抱えている講師もザラにいるわけです。

こまめに連絡をするのは、物理的に難しいのです。
ですので、塾の先生と話すときには、

現在の様子、現在の課題、家庭の方針、志望校などがポイントをついて話せるといいですね。

気になることがあれば、連絡を待っているより、連絡をされたらいいと思います。

やはり担当講師と話すと、何らかの情報や解決策や今後の指針に道が見えてきたりするものです。

個別面談でゆっくり話したい時の裏技

個別面談

もう7月ですね。
一学期の集大成の時期です。
夏休み前に大きなテストがあるかと思います。
そこで、成果を出したいですね。

また、夏休み前に個別面談会などがある塾もあるかと思います。
ゆっくり顔合わせして話し合いができるのはとても有意義な事ですが、先生達も忙しく、あまり時間がとれない時もあるかと思います。

そこで、ゆっくり話したいときの裏技。

あえて、面接期間ではない別の日時を希望すること。

講師としては、一日でバーっと面談を進めてしまいたいのですが、あまり詰めすぎていると、一人にかける時間がゆっくりとれません。
次の順番の人が、待っていますので。

ですので、講師にゆとりがあるときに面談をするのが良いです。

それゆえ、日時は講師とよく相談した方がいいですね。
もちろん他に日にちがなければ、仕方ありません。
電話などで、相談しても良いでしょう。

あと、面談の時は、相談したい内容をきちんと決めてきたほうがスムーズですよ。それと、ここぞとばかりに担当を批判するのはタブーです。

むしろ、担当講師と仲良くなった方が、後々得策なのは言うまでもありません。

成績が悪い時ほど、担当講師と協力

こんなことがありました。
生徒の中で、成績が下がってきた子がいました。

その子は上のクラスから移ってきた子なので、能力的にはあるはずです。
数値をみると明らかなので、何度がその生徒に声をかけていました。

しかし、その保護者の方の対応に疑問符がつきました。
担当の私に何の相談もなく、校長と面談がしたいと電話を入れてきたのです。

担当者としては屈辱です・・・(-_-メ)
私が責任をもって生徒を見ているのに、なぜ、まず担当者に連絡を入れてこないのか?(まぁ、勝手な思い違いかもしれませんが。。)

塾は人間同士の関わりの中で師弟の関係を築いて必要な知識を教え、教わっているのだから、その関係を無視して裏切るような行動だけはして欲しくないですね。

(もちろん、塾によっては担当講師と話すことが難しい場合は仕方ないと思いますが。。)

講師も人間です。生徒が20名いれば、全ての生徒を細かく見ることは困難です。
もしあなたにお子さんが20人いたとすれば、20人を常に常に細かく把握する事に自信がありますか?

それを講師は求められ、頑張って実践しているわけです。

どうか、講師に協力してあげてください。
講師もどの子も成績を伸ばしてあげたいと思って頑張っているのです。

それを、その存在を無視されたような行動を取られたら、正直、その子の面倒を見る気が失せてしまいます。

講師と一緒に子供が成長するよう協力体制を立てていきましょう。
講師も人間です。信頼してくれれば、力も湧きます。

担当講師に相談しても悪くなる一方であれば、その時に校長等に連絡をとり、塾を変えるなりすべきでしょう。