学校情報 私立女子

中学受験 人気の私立女子校の情報を中心に紹介しています。

豊島岡女子学園の受験

豊島岡女子

首都圏中学入試で女子の優秀生が集まる豊島岡女子学園。
今回スポットを当ててみました。

試験日は2/2、2/3、2/4と3回あります。

 

試験日が後半のため、2/1の試験に桜蔭や女子学院、雙葉といった女子御三家や、早稲田実業、フェリスなどの最難関校を第一志望校とする受験した子たちの併願校にもなります。

そのため、サンデーショックなどの特殊な要因が加わらない限り、例年かなりの難関校となってしまいました。

 

2/2の第1回の試験では、募集枠が160人に対し、合格者300名以上出してくれるので、まだ希望があります。

しかし、2/3、2/4の試験はかなり厳しい。
受験者が500~600名くらい集まる中、合格者が50~60名程度しか出してくれません。

実倍率で10倍を越えてきます。

<平成25年度>
 日付  回数  受験者  合格者  実倍率
 2/2  第1回  1106  395   2.8倍
 2/3  第2回   611   57  10.7倍
 2/4  第3回  543   60   9.1倍

 

理系に力を入れている学校でもあり、理系科目が難しい。

 

今年、2/1の第一志望校に合格した生徒が受験しました。

 

 2/1 第一志望校 ◎
 2/2 豊島岡女子 ×

 

という結果です。

2/1も当然かなりの難関校。
それだけの実力があっても、はじかれるのが豊島岡女子です。

その子は、第二志望だったけれど、不合格だったのが悔しかったので、2/3の豊島岡女子も受験することにしました。

恐らく今年も実倍率が10倍の試験です。

 

第一志望校に受かっているのだから、2/3のこの試験は最後の入試。

 「受かっても、落ちても、悔いのないように全力を出し切ってこよう。」

そんな気持ちで入試に向かわせました。

その結果…

  2/3 豊島岡女子 ×

本人も、2回挑戦してダメだったので、残念だったけど何となく吹っ切れた感はあったようです。

この子は第一志望校に合格していたから良かったものの、やっぱり豊島岡女子の連続受験は恐ろしくハードルの高い受験であることを改めて痛感させられました。

豊島岡女子が第一志望校の子である場合、2/2の試験で合格を掴まないと、かなり苦しい受験になってしまいますよね…(+_+;)

 

数日後、2/2,2/3と不合格だったその子から連絡がありました。

  「豊島岡、合格になりました!!」

最初は驚いたのですが、どうやら今年の第1回の試験で社会の問題に作問ミスがあったらしく、点数が変更になった様子。

その学校側のミスで、追加合格者が出た中に、その子が含まれていたようです。

こんなことも、あるんですねぇ…

そんな難関学校の豊島岡女子ですが、やっぱり教育方針は素晴らしい。

有名ですが、毎朝 “運針”の時間があり、「無心になって取り組む姿勢」「基礎の大切さ」「努力の積み重ね」などを身を持って体感させてくれます。

礼法やマナーなどの指導もあり、女性としての立ち振る舞いを教えてくれます。

当然大学の合格実績も素晴らしいものがありますね。

これからも人気の学校であり続けるのではないでしょうか。

豊島岡女子学園HP http://www.toshimagaoka.ed.jp/

2月4日の恐怖

怯える女の子

寒くなってきましたね。
季節の変わり目。風邪が流行ってくる時期ですので、改めて体調管理にご留意下さいませ。  

さて、受験生におきましては残り期間も少なくなって来ました。首都圏の受験者におきましては、残り80日。

志望校判定模試などの結果を踏まえて、入試の併願受験パターンを煮詰めていかないといけない時期となってきました。

東京・神奈川の首都圏受験は2月1日から始まり、主だった中学校が2月1~3日までに最初の試験が行われます。

午後受験も含め、複数回の受験機会のある学校を合わせ、一部の学校を除いて大体2月5日、6日くらいまで受験日が設定されています。

そんな中、受験の併願パターンを決めていくのですが…

何度か受験併願パターンの重要性についてお話ししていますが、今回は首都圏受験生のご家庭向けのお話となりますことをご了承ください。  

始めに、
●2月3日までに、行ける学校を受験し合格をとる

これが、中学受験を成功させる上での大前提となります。

もちろん、第一志望校であれば大成功ですね!

しかし、中学受験で第一志望に合格するのは全体の30~40%くらいだそうです。

例え第3志望であっても、第4志望であっても、2月3日までに合格をとっておくことは、とても大事です。

なぜなら、

●2月4日以降の受験は倍率がすごく上がって、偏差値表の目安を信頼しきれなくなるからです。

特に女の子が顕著ですね。

例として、主だった上位校(女子)の昨年の2月4日の合格者、受験者、実倍率を掲載しておきます。

学校名(受験回) 合格者/受験者  実倍率
豊島岡女子3    61/576   9.4倍
横浜共立学園B   69/239   3.5倍
鴎友学園女子3   43/312   7.3倍
吉祥女子3     47/282   6.0倍
成蹊2       26/144   5.5倍
中央大学附属2   43/215   5.0倍

 

いずれも高倍率 …(@_@;)

女子が顕著なので、取り上げてみましたが、男子も4日以降は厳しくなるのは同様です。

もともと少ない中学受験の合格座席。

より少なくなった座席を大人数で取り合う熾烈な戦いが4日以降繰り広げられる、というわけです。

一般に受験倍率が3倍以上となると、今までの模試結果の想定外のことが起きやすくなります。
成績優秀者であったとしても、やはり怖い受験となるわけですね。

4日の受験をしてはいけないと言っているわけではありません。

4日以降の受験は、できるだけ「再チャレンジ」の機会として欲しいということ。

すでに、行く学校が決まっているけれども、そこは志望順位が低いので、4日、5日の受験で再チャレンジしよう、というチャレンジ精神です。

ところが、もし、2月1日、2日、3日と連続して受験し、いずれも不合格の結果だったら…

どれだけ4日の受験が不安になるでしょうか…

しかも、周りの子たちが合格したと喜んでいるのを横目にして…

これが、女の子であれば、なおさら精神的にショックを受けて、4日は受験をする気にならないこともあります。

(実際には3日の結果がまだ出ていないこともありますけど、やっぱり不安ですよね。
また、男の子でも連続不合格を受けて、まともなチャレンジ精神を継続できる子は、そう多くないですよ)

小学生にとって、例え志望校が低かったとしても、合格を1回でも取れると嬉しいものです。

自分の努力が認められた気持ちになります。
それが、再チャレンジする原動力になるわけです。  

受験パターンは、受験の成否を左右する大切なことです。
試験は水もの。ふたを開けて見ないと、どう出るかは分かりません。

1月受験や午後受験も含めて、不合格だった場合も冷静に考えて、お子さんのメンタルの部分も考えた併願パターンを考えていけるといいですね。

 

東京女学館大学 閉鎖?

定員割れが続いている東京女学館大学。
大学の学校説明会で閉校の話がでて、怒号と涙で説明会は紛糾した、というニュースが今朝やってました。
学校側も苦渋の決断だと言うことですが…
たぶん来春の中学受験にも影響出るでしょうねぇ…
学校法人は残るので、中学受験はやるでしょうが…。
ちなみに小中高は黒字経営だそうです。
少子化で、赤字経営の私立大学はおよそ半数の200校以上あるんだとか。
さてさて、この混乱が中学受験にどんな波及を生むのでしょうねぇ…(-_-;)

日本女子大学附属中学校 説明会

校舎と桜

神奈川県の静かな森の中にある伝統ある女子校、日本女子大学附属中学高等学校の学校説明会の簡易レポートです。

警備員のいる正門を潜り抜けると、静かな森の中で所々に生徒たちが自由に油絵を書いていたり、女子大生が行き交っていたり、と中学から大学までの女子学園ならではの独特の穏やかな雰囲気がありますね。

・約85%の生徒が附属の女子大学へ進む。

・大学は就職に強い大学として定評がある。

・伸び伸びとおおらかな雰囲気。

・国語は書くことや語ることに重きをおいている。
 附属中からの内進生と高校から来た生徒では、最初は書ける量など差がある。
 附属中の生徒の方が書ける。

・高校卒業後の進路決定は自分で決めていかせる。
 大学教員による学部学科説明会やセミナー、卒業生の説明会や個別相談、
 大学への授業見学などを時間をかけて進路を決定。

・内進生は納得して意欲をもって大学へ進み、第一志望の学部への入学率が高い。

・大学進学をゴールとせず、基礎力、理解力、考察力、創造力を着実に養成。

・日本女子大にはない学部へ進路希望の場合、他大学のその学部への受験と日本女子大との
 併願制度がある。もしその学部への他大学受験に失敗しても、日本女子大に進学が可能。

・記述の部分点はある。できるだけ本人の実力が反映されるように鑑みて採点している。

・面接はきちんと受け答えができれば問題ない。

・繰り上げ合格者は昨年2名。

以上ご参考まで。

※日本女子大学附属中学校公式サイト
http://www.jwu.ac.jp/hsc.html

佼成学園女子中学校 説明会 PISA入試など

佼成学園女子中学校

京王線の千歳烏山に程近い閑静な住宅街のなかにたたずむ佼成学園女子中学校の説明会に参加してきました。

特筆すべきは、この学校ではPISA型入試も取り入れていること。

「PISA型入試」とは、簡単に言うと、公立の中高一貫校で実施されている「適性検査」で合否を決める受験のことです。

適性検査Ⅰ(社会理科算数の複合)、適性検査Ⅱ(500字の作文がメイン)、基礎算数基礎国語(合わせて40分) にて判定するそうです。

公立中高一貫校を目指している生徒にとっては、同じ勉強が役に立つわけですね。
併願受験としてはもちろん、試し受験としても利用できる学校です。

また「英語入試」を取り入れているのも特徴です。
学校として英語にかなり力を入れているので、英語の得意な生徒を増やそうとしています。

主に英語教育に力を入れることによって、難関大学への合格実績を伸ばしています。
高校では、ネイティブの先生による全て英語だけの授業も行われています。

中学受験時の入り口の偏差値がかなり低いのに、出口の進学実績が良いので、「入ったら伸ばしてくれるお得な学校」と呼ばれるようになっています。

【入試日程】

2/1  午前 4科、2科、英語、PISA
2/1  午後 4科、2科、PISA

2/2  午前 4科、2科、英語
2/2  午後 4科特奨、2科

2/3  午前 4科、2科、英語
2/3  午後 4科、2科

2/4  午後 4科、2科

2/6  午前 4科、2科

2/7  午前 4科、2科

【教育内容の特徴】

・習熟度別少人数授業。数学は先取りはせず、体系的にじっくり学ぶ。

・宿題チェック表などの活用で家庭学習習慣をつける。

・追試験を合格するまで実施。

・外国人によるコミュニケーション授業

・英検まつり、英検授業

・ニュージーランド修学旅行

 

説明会の最後に、中学から入学した留学コースの高校3年生の生徒のスピーチが印象的でした。

普通の女の子が、つい勢いで留学コースに入ってしまったけど、親元を離れて留学したことでとても成長できたことを証してくれました。 もちろん英語での日常会話もかなり上達しています。

有名校でなくても、公立と比べると私立の学校は一生懸命さを感じますね。

●佼成学園女子中学校オフィシャルサイト

立教女学院 学校説明会

井の頭公園に近い、緑に囲まれた閑静な敷地にある立教女学院の説明会簡易レポートです。
古くから英国教会系のミッション校として、立教大学の系列校として伝統ある女子校。
キリスト教を基礎として、「生きる力」を養うため「生きる意味」「生きる目的」を教育していく。
小学校から短大までチャペルも含め恵まれた良い雰囲気の施設に囲まれています。
近隣のキリスト教系の女子校と比べて、付属校の要素が大きいからか、宗教教育に熱心に取り組んでいる様子が伺えます。
歴史あるチャペルにての毎朝の礼拝は、落ち着きや生き方を考えさせる良いキッカケとなり、最初は戸惑っていた生徒も時期に慣れ、卒業後も結婚式は学校のチャペルで行いたいという生徒が多く、今では予約で一杯なんだとか。
平和学習やボランティア活動などを通して心を育みつつ『知的で品格のある凛とした女性』の育成を具現化しているようです。
・9割くらいの生徒が第一志望者。
・英語スピーチコンテストや国際交流、交換留学などで、英語教育に力を入れている。
・全員が立教大学へ進むのではなく(2011年は72.8%)、他大学への進学コースの設置など、一人一人の志望が叶うよう応援している。
<入試について>
・2011年度入試 平均118.5点/200点満点(59.3%) 最低109点(54.5%)
・2010年度入試 平均130.7点/200点満点(65.4%) 最低120点(60%)
・科目間で出来具合にバラツキがあった。調整したい。
(来年度は算数は易化、国語は難化するのでは‥?)
・保護者同伴の面接は学校の方針等を説明するためで、合否には関係ない。
・国‥漢字はとるべき。記述力必要。
・算‥努力した者が点をとれるように。工夫力、思考力が欲しい。時間が40分しかない。
・社‥スピード必要。基本を固める。時事問題も意識。
・理‥学校や塾で学んだことが日常でどのように活かされているかを考えて欲しい。
立教女学院サイト

豊島岡女子学園 学校説明会

東京池袋駅から徒歩7分という広域からの通学に便利な場所にあり、女子進学校トップ校の一つである豊島岡女子学園の学校説明会簡易レポートです。

■特色 ・裁縫学校から始まった、伝統的な女子教育の理念を実践している学校です。  道義実践、勤勉努力、一能専心を標語としながら、気立ての良い優しい女性を育成することを目的としております。

・豊島岡に象徴的な、始業前の運針は、精神的な安定や、毎日基本を積み重ねることの大切さを学べるとのこと。 ・本格的な礼法を学び、伝統的な礼法を現代に活かしています。礼法室や茶室も立派。

・英語でのスピーチ大会や、東京芸術劇場での合唱コンクール、華道部の作品が入口を飾り、漫画部のイラストが学校案内のパンフレットに使われ、女子囲碁部やコーラス部の全国大会出場などなど… …おしとやかな印象ではなく、かなり活発で楽しげな印象を受けました。

・一学年44名6クラス、副担任制。 ・8階建てのビルの中に、あらゆる施設(体育館も複数、プールもあり)が揃っている都心の学校という印象です。 ・やはり進学校であるので、授業に力を入れしっかりとやっている印象を受けました。 ・大学に合格した卒業生たちが、勉強法や進学経緯などをアンケートや、講堂でのプレゼンテーションなどの機会で、在校生に教えてくれる。

■入試について ・昨年(平成22年度)は、第1回391名、第2回50名、第3回58名の合格者 ・合格点は、第1回196点、第2回221点、第3回216点

・足切り点はない。 ・今年は郵送出願を取り入れた。

・繰上合格候補者(補欠)は、合格発表と同時に発表。手続きが必要で、その際第一志望であれば優遇の可能性も。 ・第1回の受験者の半数以上は女子御三家との併願受験者。

・複数回受験の優遇は、合否ライン上で点数が同じ場合優先的に繰り上げられる。

・高校受験は、まだ辞める方針はない。高校から入ってくる生徒も将来有望な生徒が多いので楽しみ。

・高校から入ってくる場合、カリキュラム上の問題で、高一、高二は別クラスになる。

■受験生に求める力

<国語> ・客観的な読解力 ・読み取ったことを伝える表現力 ・語彙力、漢字力

<算数> ・学校で学んだ算数の考え方を自分のものとして必要なときに引き出すことができる力 ・新しい問題に対して、自ら手を動かして突破口をみつけることができる力。

<社会> ・基礎的な知識力とその知識の応用力 ・時事問題は2,3年前から直前1月まで。教科書、参考書に載っている漢字で答える

<理科> ・基本的な知識力 ・自然現象から法則性を導く力 ・順序立てて物事を整理できる力

以上、ご参考まで。

 

鴎友学園女子 学校説明会

鴎友学園女子

東京都世田谷区の住宅街の中に私立中学はいくつかありますが、その中の一つ、鴎友学園女子中学高等学校の学校説明会のメモです。

■印象に残ったこと、特徴など
・学内に入ると明るい生徒たちの声と、校内で優雅にスケッチをしている生徒がいました。2人しかいなかったので、全員の写生会というわけではなさそうです。公立中ではなかなか見かけない光景だなぁと感じました。
・英語教育に力を入れている。中1からLL教室等で英語だけの本、英語だけの会話の環境でダイレクトに英語が体得出来るようにしている。
・キリスト教の精神を土台に慈愛と誠実と創造をモットーに人間教育にも力を入れている。(ミッションスクールではない)
・コミュニケーションを求める思春期の女の子にとって、それに応える体制を整えている女子校は有意義な環境。
・国公立難関私大への合格率も増えている。
・エンカウンターという手法などで、集団づくり、友達づくりに工夫している。中1では3日に一回の席替えなど。
・校内菜園で、様々な植物を育てる体験を日常的におこなっている。
・生徒たちが大学の志望校を決めた理由は圧倒的に「学問内容」が多い。「ブランド」や「就職に有利」だからという理由は少ない。様々な学習機会を通して、純粋に学問に興味を抱いてゆく。

■昨年度(2010)入試について
・昨年度から1次の募集を100→120に増やし、2次を100→80に減らした。
・難易度が高くなってきている印象からか、応募者は傾向として減っている。

■今年度(2011)入試について
・募集は120名、80名、20名で変わらず。
・今年は合格発表を早めて、当日22時に発表できるように準備している。
・入試問題を通して「相手の立場や思いを理解しようする力」などが問われる。
・国語:かなり文章量多い。記述も長く書かせる問題。
 問題を解くことで、内容を理解できるような問題も。
 読むことが好きな子が向いている
PS.国語の説明だけで15分ほど。かなり国語に力を入れている印象。
・算数 比・比例・割合など。一行問題はない。
 きちんと文章を読み取って、分析する能力を求める。
 抽象的な思考力を求める。
 具体的から抽象的にイメージできるかどうか?
 立体図形や動点問題など。
 途中式で部分点ある。わかる問題から先に。
・理科
 基本的知識を身につけているか?
 基本的知識を応用できるかどうか?の半々の出題。
 文章や図やグラフを読み取り、
 目新しい実験装置などを出題して、今までの知識を応用して考える問題。
・社会

 地形図、写真など資料を読み取る力。カラーの資料も使う。
 単語について、これはどういうことかと説明できる能力。
 日頃からニュースになじむ。

吉祥女子中学校説明会

吉祥女子中学校

今回は東京武蔵野市にある吉祥女子中学校の学校説明会に行って感じたことをご報告します。
(あくまで独断と偏見によるものですので、ご了承下さい)

■印象に残ったこと
・最近はどの学校説明会でも行われるビデオ上映ですが、とても充実した環境の中で生き生きと生活している生徒達の姿が印象的でした。
・しっかりした女の子達が女子校という特殊で恵まれた環境の中で、自分の将来設計をきちんと育ててくれるという印象。
のびのびとした附属校と比較すると、様々な面できめ細やかな指導を感じます。
・地域的に早実・立教女学院・明大明治・法政大学・中央大学などの有名私大の附属校が軒を連ねる中、より進学先の多様化で国立大学などを指向する上位層がこの学校を志望してくれる。
・そのため、大学の進学実績はこの先も上がって行くだろうし、進学専門の校内冊子『吉祥進学』などを毎月発刊したりと、かなり進学に関する情報や進路指導に対してしっかりしている印象。
・進路指導室の資料の充実ぶりはさすが。
大学入試の過去問や大手予備校模試の過去問はもちろんのこと、卒業生たちのそれぞれの進路と後輩へのメッセージが文書資料で残されていて、在校生が閲覧できる。
進路相談役の外部の常駐員が3人いて、いつでも相談に乗れる。
下手な予備校や塾より、よっぽど進路指導体制は整っている感じですね。


■受験について
<昨年度2010年度受験の様子>
2/1 第1回受験 募集102名(148名合格/378名受験 2.6倍)
2/2 第2回受験 募集102名(214名合格/455名受験 2.1倍)
2/4 第3回受験 募集30名(41名合格/323名受験 7.9倍)
第3回受験者のうち、複数回受験者は、227名。このうち、合格者17名
追加合格を13名出し、合わせて30名合格
2010年度受験は四谷大塚、首都圏模試の偏差値は各回60を越え、日能研も第3回が60となり、チャレンジ層の応募が減った。その分受験者層のレベルが上がり、合格者も優秀な層となった。
ここ数年で、1番難しい受験となった。

<2011年度入試について>
以前は1回目がやさしめで、2回目が一番難しい受験だったが、近年1回目も高くなった。
理由は2日の豊島岡女子との併願者も増え、1日を抑えとして受ける生徒も。
よって、3回の受験とも、どれがラクとは一概に言い難くなった。
手続きは2月7日手続き(気持ち遅め)
3回目の追加合格者(補欠合格)を複数回受験をしたボーダー層から出す。昨年は13名。

■併願校について
<類似校との併願関係>
昔は両方合格すると、近場の女子校である晃華学園、光塩女子学院に行ってしまう生徒が多かったが、ここ数年は必ずしもそうではなくなった。
少し距離のある鴎友女子学園との併願は少なくなった。
<公立中高一貫校>
武蔵高附属と小石川中等教育との併願は多い。

■公式サイト 吉祥女子中学高等学校
http://www.schoolguide.ne.jp/kichijo/

品川女子学院

品川女子学院

テレビ東京の「カンブリア宮殿」という番組で、漆 紫穂子校長自らが出演し、品川女子学院が特集されていました。

1927年創立の伝統校ですが、20年前には廃校寸前だったといいます。
その当時、不人気で偏差値は測定不能。
少ない時期には1学年5名まで落ち込んだ時期もあったといいます。

しかし現校長の代になり、様々な改革が行われ、今では倍率3倍を超える人気の女子校です。

生徒たちは、一見普通の女子高のようですが、話を聞いた生徒のほとんどが将来の夢を持ってます。

それは「28プロジェクト」というやる気を出す取り組みの中で、28歳までの将来計画を立てているといいます。 それを中心に、様々な子供のやる気を出す仕組みを取り入れています。
自主性を向上させるため、生活向上委員会では生徒が自らアイデアを出し合って、通学カバンのデザインを考えたりしているというのです。

文化祭では、一つのクラスが株式会社となり、取り仕切る代表生徒とは「級長」と呼ばれずに、「社長」と呼ばれます。 文化祭終了後は、株主総会まで開かれます。

企業とのコラボ授業もあり、企業からの注目も集めている。
おかげで積極的な生徒が多く、1日3回の個別補習の時間には先生の取り合いになるほど活気が出るといいます。

なかなかこんな学校ありませんよね。今、注目の学校です。

(ってことは、さらに偏差値上がって入りにくくなるのかな・・・)