受験おすすめアイテム 総合・その他

最近は色んな便利なものがありますね。
中学受験に関する、様々な便利アイテムを紹介しています。

立体知育ゲームに挑戦してみた

お盆に親戚の小学生に勧められて、対戦型立体ゲームに挑戦してみました。

立体四目ならべ

(こんなやつ↑)

親戚の子は小学5年生の男の子。

中学受験の勉強もしています。(私の居る塾とは別ですけど)

その子のお母さんが教育熱心で、人気の知育玩具を買って与えたようです。

その子が、私が塾の講師をしていることを知っていて、勝負を挑んできました。

勝負を挑まれたからには、勝たなければなりません(苦笑)

ルールもよく分からないので、まずは子供たちの勝負を観戦。

どうやらルールは5目並べの立体バージョン。

 

交互に玉を置いていき、4つの玉を縦・横・斜めに先に揃えた方が勝ちだということです。

普通の4目並べと違うのは、立体なので上に積み上げてもいいし、階段上に斜めに積み上げてもいいわけです。

これが、結構難しい…(((^_^;)

平面なら分かりやすいのに、立体になると…

あれ?って感じです。

とりあえずルールが分かったところで、対戦。

相手は小学生。負けるわけにはいきません。

しかし…

何度も熟練しているその子には勝てるはずもなく、あっさりやられてしまいました…(+_+;)

全く面目なかったのですが、興味深かったのは、子供たちがこのゲームを飽きずに何度もやっているところ。

立体の空間感覚が必要なので、奥が深いこと。

それから様々な戦法があるようです。

初心者の私にはよく分かりませんでしたが、熟練の彼らの頭の中では、あそこに置かれたらこっちに置いて…など、戦略があるんですよね…

それが面白いんだと思います。

一人でやるテレビゲームよりも健康的だし、頭脳も鍛えられるので、確かにお勧めの知的ゲームでした。

 

これからも皆さんの中学受験の成功を心から願っております。

 

 

次回もお楽しみに!

 

※シンプルだけど、奥が深い。 Amazonのレビューでは、現在みんな五つ星の評価でした。

 

 ■立体4目ならべ 

キットメール

チョコレート(メッセージ付き)

寒くなりまして、我が家にも本格的な暖房が入りました。皆様、風邪に気をつけてくださいね。

今回はちょっと番外編です…

■キットメール

最近郵便局に荷物を出しに行ったときに、カウンターのところに何故か桜模様のキットカット(チョコレート)が置いてあったんですね。
その時は、何で郵便局にキットカットが置いてあるのかなぁ、と不思議に思ったんですが、あまり深く気に掛けずにおりました。  

最近になって、遅まきながら、ようやくその意味を理解したんです。    

「きっと勝つ」の語呂が似ていると言うことで、いつの間にやら受験生への応援に使われてきたのが、Nesle社が発売している「KitKat(キットカット)」というチョコレート。
私も流行に乗って、受験生に配っていましたねぇ(^^)

最近では受験の時期になると、「受験生応援専用」の桜満開パッケージのキットカットが販売されています。そこまでは知っていたのですが。
なんと、郵便局とコラボして、キットカットを受験生に郵送できる『キットメール』というサービスまで出ていたとは知りませんでした。

●『キットメール』     http://nestle.jp/brand/kit/sakura/kitmail.html

今年は全国の郵便局で12月5日から250円で販売されるとのこと。
今年のバージョンは、箱を開けると満開の桜のポップアップが飛び出すカードのように出現し、「キットカット」のリズムで音が鳴る仕組みになっているとか。

こういうの、受験勉強で大変なお子さんがもらったらやっぱり嬉しいでしょうね。
郵送せずに我が家に買ってもいいでしょうし、親戚やおじいちゃん、おばあちゃんにお願いして送ってもらうのもいいかも。

これからの時期の受験生は、『気持ちの勝負』です。
いろんな方法で、受験生の気持ちを応援していきたいものですね。

中学受験用玩具

中学受験用の知育玩具を少しご紹介。
クリスマスプレゼントなどにいかがですか?

日能研推奨のIQパズルです。
算数の立体図形に強くなりそうですね。

「ゲームばっかりやって、勉強しない!」
っていう子には、まずは、
「このゲーム以外やるの禁止!」ってことに…(^_^;)
難易度が低いバージョンもあります。
親子で楽しむのもいいかもしれませんね。

昔、『受験の神様』っていう中学受験を題材にしたTVドラマでもやっていましたが、暗記物は歌でリズミカルに覚えることがとても効果的です。
最近はそういう商品も幾つか出ているようですね。
他にも「地学編」や「物理化学編」もあります。

社会科もあります。
歌の力の凄さを実感できるかもしれませんね。

お風呂で覚える、という発想が素晴らしい!
これはどちらかというと低学年用のようです。

同じく、お風呂で覚えちゃおうシリーズです。
同じようなシリーズが他にも幾つかあります。


良いクリスマスをお迎えくださいませ。

受験生用湯たんぽ

たまたま見つけたんですが、面白いなぁと思ってご紹介。
だんだん冬らしくなって寒くなり、布団に入ったばかりの時は足先が冷たいもの。
電気毛布は、あまり身体によくないという話なので、昔ながらの「湯たんぽ」が欲しい季節になって来ました。
そこで驚いたのが、『受験生用の湯たんぽ』が存在していたという衝撃!(笑)
寝るときだけでなく、机に座って勉強しながら冷えた足先を暖めることができる優れものです。
しかも、なんと厳島神社(向島)特別謹製合格祈願お札入り (@_@)
作る側も、色々考えてるんだなぁなんて、感心しましたが、確かに使い勝手をよく考えてあるようですね。
『足元の冷えを制するものは、受験を制す!』ってことのようですので、いかがでしょうか?(笑)
冬の勉強環境は、暖房ほどほどに足元を中心に暖めるのが王道ですので意外と効果てきめんかも!?

モチベーションUPグッズ

たとえ成績の良い子であっても、まだまだ小学生。    

やる気の出ない日や、スランプに陥ることもあります。    

そんな時に、どうするか?      

もちろん、周りからの応援や支えが一番影響が大きいとは思いますが、自分自身で立ち返れる精神的な強さも育って欲しいもの。。        

お子さんそれぞれが、既に色んな方法を持っているかもしれませんが、ここではちょっと私の印象に残っているお手軽な方法を紹介します。      

ある卒業生が言っていたことなんですが、      

「志望校のパンフレットを眺める」       というもの。    

自分が合格して中学生になった時をイメージして、憧れを抱きながら、やる気をアップさせたということです。    

学校パンフレットに限らず、憧れの先輩の写真や「○○中、絶対合格!」の壁掛け文字、良かったときの模試の成績表、・・などなど、     

何かしら初心に立ち返ったり、やる気が上がってくるようなモチベーションアップグッズを身近に置いておくといいかもしれませんね。

 

Mrニュース池上彰がお勧めする子供に贈りたい本

最近テレビで注目を集めている「Mr.ニュース」こと、池上彰さん。
ニュースの解説が分かりやすいので、うちの受験生も池上さんのニュース解説番組だけはテレビを観ているとか。
確かにとても分かりやすいので、私自身も時事問題の勉強になっています。
さて、そんな池上さんが12月14日のフジテレビ『カスペ!教えてMr.ニュース 池上彰のそうなんだ日本』の番組内で、子供たちに読ませたい本を紹介していたようで、その本が紹介されているサイトがありましたので、こちらでも紹介しておきます。
番組内で池上さんが話していたコメントも多少載ってますね。
やはり、”名作”と呼ばれる本は池上さんも読んでいたんですねぇ・・
私のお勧めは、『ニルスの不思議な旅』!!
本じゃなくて、子供の頃NHKのアニメで楽しみに観ていたんですよね~(笑)
あの軽快な主題歌が、今でも甦ってきます。あぁ、懐かしいなぁ・・(^_^)
大人ももう一度読みたくなる!『池上彰が子供に贈りたい本』

ikegami_m.jpg

 


明かりで学力アップ!

照明で成績が上がるの? と思いましたが、どうやら科学的根拠があるようですね。 TV番組『ワールドビジネスサテライト』の新商品コーナーで紹介されました。(動画あり) http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/trend_tamago/tt_201.html 効果は科学的に証明されていて、 『照明の色合いが、脳と心理状態に影響を及ぼす』という臨床実験を元につくられているそうです。 すでに先駆けて、日本よりも受験熱の高い韓国では、年間約5万台も売り上げているそうです。 少々値段が張りますが、勉強は一生続くと考えれば、良い買い物かも知れませんね。

商品名 アルファスターα-200 商品の特徴 LEDを使った、机上スタンド。灯りの色が3種類。勉強の用途に合わせて選べば、効率的に学習することができる。

脳の専門家がお薦め! 勉強の疲れをとる体操

親子体操.gif

脳の専門家がお薦めするエクササイズ

ゆる体操の創始者である高岡英夫氏。 幼い頃から武術の稽古に励み、東大大学院時代に身体の運動と意識について研究を重ねた。

達人、超一流アスリートたちの、身体と心の動きを解明しようとしたのです。 その結果生まれたのが「ゆる体操」

身体を緩めることで、人間は運動能力も脳の能力も飛躍的に向上するといいます。

様々な体操が考え出されている中で、受験生にお薦めなのが、

背もたれがしっかりした椅子に腰掛け、首を後ろに傾ける。首と後頭部の境目当たりが背もたれの角に当たるように身体をずらす。    

力を抜き、首全体を左右にモゾモゾと転がすように動かす。特に回数や時間に決まりはなく、気持ちいいと感じる範囲内で好きなだけ行う。

一時間勉強したら、1分やるだけで脳の蓄積疲労が取れる。

 

胸の前で手を合わせる。「気持ちよく~気持ちよく~」とつぶやきながら、手のひら同士をさすり合わせる。立っていても座っていてもOK。

身体がほぐれて気持ちよくなってきたら、右手で左手の甲、左手で右手の甲を交互にさする。   「気持ちよく~」は終始つぶやき続けること。

ここで高岡氏いわく、「大切なのは、気持ちよくと声に出してやること。」   声に出して能動的に脳に指令を送ることにより、身体をほぐして神経細胞を活性化させる。

他にも、さまざまなゆる体操があるそうです。

リラックスと集中力は対比するものなんですね。

親子で楽しくやってみるといいかもしれませんね。

家庭学習に役立つDSソフト

地球の並べ方

百ます計算などの「陰山メソッド」で知られる陰山英雄氏(立命館小学校副校長・立命館大学教授・政府の教育再生会議メンバー)は、パソコン好きだが、テレビゲームには全く興味がなかったそうです。

「百ます計算」が「ゲーム感覚」といわれる事にも抵抗感があったとか。 そんな陰山氏が 「このゲーム機は教育界を制するかもしれない」と言わしめたのが、今や大人気のニンテンドーDSです。

優れた知育ソフトは受験勉強に役立つものもありますね。 受験生がのめりこまれても困りますが(笑)、低学年時の能力開発や、車や電車の中での移動時間などに活用するのは良いかも知れませんね。

■ 家庭学習に使える知育ソフト

【 総合 】
平成教育委員会  
有名中学校の過去問2000題以上が収録。答えの正否だけでなく、TV番組同様にアニメーションによる丁寧な解説がありがたい。   中学受験の最大手・日能研が厳選した国語・算数・社会・理科の基礎から応用まで1600題が収録(対戦用を合わせると6160題)
『平成教育委員会DS』   『シカクい頭をマルくする。DS 常識・難問の章』
 
     
【 社会 】
地球の並べ方    
パズルになった世界地図、日本地図で国名や県名が覚えられるほか、県庁所在地や首都、人口、面積などの学習にも。    
『てのひら楽習 地球のならべかた』    
   
     
【 国語 】
漢検DS  
漢字検定10級から2級(高卒レベル)までの25,000問が収録。本番と同じ形式でチャレンジできる「検定モード」、反復練習で弱点克服の「訓練モード」、楽しく学ぶ「ゲームモード」がある。   アクションゲームを楽しみながら漢字力を高められる。父トこの対戦欲をくすぐりつつ、漢字を覚えられる。
財団法人日本漢字能力検定協会公認 漢検DS』   『漢字の渡り鳥』
Amazonで購入   楽天で購入
 
Amazonで購入   楽天で購入
     
クイズ、日本語王    
漢字の読み書き、日本語の使い方、語源、外来語など、基礎知識から雑学レベルまで、日本語を楽しく学習できるソフト。敬語にも詳しくなれる    
『クイズ!日本語王』    
Amazonで購入   楽天で購入
   
     
【 算数 】
百マス計算    
あの「百ます計算」がDSソフトになってさらに進化。習熟度に合わせてレベルアップできることはもちろん、「エレベーター計算」など楽しいコンテンツも多数収録されている    
『ます×ます 百ます計算』    
Amazonで購入   楽天で購入
   
     
【 能力向上】
もっと大人のDS   IQティーチャー
知育ソフト大ヒットをの先陣を切ったDS脳トレの第2弾。子供達にも人気で家族のコミュニケーションが広がる。   知能を「覚える力=記憶」「考える力=思考」と定義。これに、「概念」「図形」「記号」を組み合わせた5つの知能因子で脳をバランス良くトレーニングしてくれる。
『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』   『陰山英男のIQティーチャーDS』
Amazonで購入   楽天で購入
 
Amazonで購入   楽天で購入

興味力を伸ばす本

学習参考書とは別の教育サポート本は色々とありますが、ここでは割と定番の本を紹介しておきます。     ■ 興味力をのばす本 ■

【算数】

君が勉強している算数は、こんなにも奥深いもの

【社会】

子供の「なぜ?」「どうして?」と真っ向勝負!

子供にだけ「本、読みなさい」では続きませんよね・・  

【理科】 「カッコイイ!」そんな学者に機会と幸運を