子育て論 育て方

中学受験に向かうお子様を持つ保護者の方に向けた、子育て論について・・

効果的な声掛けの心構え

お子さんのダラダラした様子や、勉強に取り組めていない現状を見るにつけ、ついつい声を荒立てたり、急(せ)かしたりしたくなります。

受験勉強はどうしても大変なものですから、なかなか積極的に取り組ませるのは簡単ではありませんよね。

大切なのは本人のモチベーションを維持させて、本人なりにベストの能力を引き出せるようにサポートすることだと思います。

日常の中で簡単にできて、しかもとても大切な家庭で心がけるべき声掛けについてまとめてみました。

 

まず、第一に心に留めておきたいのは、

家庭において、お子さんは次の2つの願望を強く持っていることです。

  ●ありのままの自分を認めて欲しい

  ●出来た時には、褒めて欲しい

 

 ご家庭でもそうだと思いますが、塾でも、褒めてもらいたいがためにわざわざ近寄ってきて、

  「前回のテスト、○点を越えたんだよ」

  「成績表で上位に載ったんだよ」

 

なんてことを言い寄ってきます。

 

そんなときは、躊躇なく大げさに褒めてあげたいですね。

そんなお子さんの願望を踏まえつつ、声を掛ける際の心構えとして、大きくは、

 

  ●プラス発想

  ●他の子と比較しない

  ●気長に「待つ」

 

の3点だと思います。

 

不思議なもので、プラス発想の声掛けを続けていると、子供もプラス発想をしていくようになります。

 

また、子供は成長段階にいる存在ですから、どうしても一朝一夕にできるようにはなりません。

ちゃんとできない子には、他のできる子と比較したり、マイナスの否定をぶつけたり、急かしても、かえって逆効果です。

 

今までできるようになったプラスの部分を褒めつつ、

 「段々できるようになるよ。がんばってごらん」

と支える気持ちで声掛けをしていきましょう。

 

上記の3点を心掛けた上での声掛けを繰り返して、気長に待ち続ければ、いずれお子さんの意識は前向きに向上していきます。

 

あれだけやらなかった子が、

  (あれ、どうしちゃったのかな?)

と思うくらいにやり始めることもあります。

声掛けは、忙しいと、ついつい疎かになってしまうこともありますし、高学年になるとあまり何度も声掛けするのも うるさがられることもあるでしょう。

きちんとした心構えで、適度に声掛けすることは、とても効果的です。

 

お子さんの成長を見守りつつ、プラス発想で声掛けしていきましょう。

折れない心の土台作り

親子愛

先回に引き続き、子供たちの中に「折れない心」を育てていくための【土台作り】についてまとめてみました。

人の心、特に子供の心は単純で、

 「自分は認められている」

という気持ちがあるとき、心が平静に保たれるのです。

「自分は認められている。だから、多少辛いことがあっても乗り越えられる」

となりますので、そんな感情が、折れない心の土台となっていきます。

多少の悪いところがあったとしても周囲がその【存在を認めてあげ】、本人の中に【自尊心を育ててあげる】ことが大切なんですね。

 

さて、自尊心には2種類あります。

【社会的自尊心】というのは、家庭ではなくて、学校や塾でどう評価されているか、が関わってきます。

塾で成績優秀なら、周囲から評価され、社会的自尊心も高まるでしょう。

しかし、社会的な評価というのは絶えず変化するもので、ちょっとしたことで先生から叱られたり、成績が下がったりすると落ち込むこともあります。

また、常に変化と成長を求められる環境である場合が多いので、気を休められる場所ではありません。

 

【基本的自尊心】というのは、家庭の中で育つものです。

多少のトラブルがあったとしても、基本的には家族の愛情と庇護の下で、存在全てを受け入れられているんだ、という感情が、基本的自尊心を育てます。

「ありのままの自分」を受け入れてくれる場所でもあるでしょう。

 

折れない心の根底には、家族から暖かく見守られているという【基本的自尊心】をしっかり持っていることが大切なんですね。

それが、困難を乗り越える精神力の土台にもなりますし、それは家族だけができる特権とも言えるでしょう。

基本的自尊心を育てるポイントは…

  『日々の生活で、一緒に感情を共有する』

ことです。

お子さんの気持ちに寄り添う時間を持ちつつ、気持ちを前向きに切り替える手助けをしてあげてくださいね。

親子愛

折れない心(レジリエンス)を育てる

ガマン

今回注目したのは、折れない心です。

 

 中学受験という関門に立ち向かう以上、多くのお子さんたちは、そのまま楽しい楽しい、だけで合格を勝ち取ることは簡単ではありません。

常に合格のために自らの学習能力を向上させていかないといけないわけです。

なかなかテストで良い点を取れずに落ち込んだり、講師や親御さんから叱られて、落ち込んだり、受験をやめたい、塾をやめたい、と思うことが1回や2回ではない、ということもあるでしょう。

 

そんなつらい思いや逆境が続くと耐え切れずに、あるいは失敗するのが嫌で、結局あきらめてしまったり、挑戦を避けたり、行動する(勉強する)ことを後回しにしてしまったりすることも少なくないでしょう。

 

世間では、いわゆる甘やかされて育った「現代っ子」たちは、このような抵抗力が特に弱い、とされています。

 

でも、周囲の適切なサポートや本人の精神的な成長によって、こういった困難に立ち向かって、挫折を乗り越えて、合格をつかんでいく子達もたくさんいるわけです。

受験をする子供たちに必要であり、育てていかないとならないのは、そんな困難でも負けない「忍耐力」「折れない心」「精神的な回復力」です。

 

心理学的用語でそのような逆境に立ち向かい克服し抵抗する力を「レジリエンス」と言います。

 

逆境に立たされたとき、あるいはつらい思いになったとき、人は2つの道を選択します。

○ 目標に向かうことをあきらめる

○ あきらめずに挑戦し続ける

当然、後者の「挑戦し続ける」ことが大切なのですが、「挑戦し続ける」ことを妨げるのは、『ネガティブな感情』です。

嫌なことを感じたとき『ネガティブな感情』が出てくるのは人間として自然なことです。

ところが、この感情が増幅すると、考え方や行動もネガティブになり、前向きな行動が出来なくなってしまいます。

嫌なことや嫌な人から逃げて、努力を避けて自分の殻に閉じこもりがちになったりします。

結局、自分で自分を苦しめることになってしまいます。

 

レジリエンスを育てるには、この『ネガティブな感情』をどう処理すればよいか、ということになるわけです。

 

専門家である心理学者の感情コントロールのトレーニングによると、次の3段階で『ネガティブな感情』を処理し、この繰り返しによって、レジリエンスが育てられるとされています。

 

ネガティブな気持ちに満ちている時は、何を言っても無理ですよね。

 つらい思いになったことを先ずは、本人に素直に受け止めてもらいましょう。

 お子さんから話を聞いたときに、本人が感じた気持ちを決して否定せずに、素直に、

  「そういう気持ちになるよね」

と共感してあげて、自分がつらい思いをしていることを客観的に受け止めさせることが必要です。

 

子供の気持ちは特に変わりやすいもの。

無理に言いくるめようとするよりも、早い段階で別の行動をさせると「気晴らし」になって、ネガティブな感情は解消されていくものです。

本人が好きなことをさせてみたり、特にスポーツなど身体を動かすことは、ストレス解消にもなって健康にも良いので、なお良いですね。

また、一度眠る事によって副交感神経が働き、ストレスは解消されるはずです。

 

次の日や、ある程度時間が経ってから気持ちが落ち着いている時に、今後の改善策を提示します。

無理難題を押し付けるよりも、本人の気持ちを考慮して、本人が出来そうな「ほんの少しの努力」をさせることのほうが大切だと思います。

例えば、朝食前などの時間に、簡単な問題集を繰り返しやらせてみたり…

その際に、出来るだけサポートする体制を整えてあげることが大切です。

 

中学受験は、親子の受験といわれます。

もちろん、お子さんが受験するわけなので、本人が頑張らないといけないわけですが、まだまだ未熟な小学生。何でもスンナリ上手くいくわけではありません。

逆境は本人を成長させる良いキッカケだと捉え、必要なサポートをしながら子供たちに逆境を乗り越えさせて、逆境に負けない抵抗力(レジリエンス)を育てていきましょう。

激励の法則

指をさすお母さん

周囲のお母さんたちの情報や、他のご家庭の優秀なお子さん達の様子を聞けば聞くほど…

「一体、うちの子は何をやっているんだろう…」

と、あせる気持ちが募ります。

思い描いていた我が子の理想の姿への思い入れが強いほど、
その理想と現実のギャップが大きければ大きいほど、
ついつい我が子への注意の声が大きくなり、
時にはついつい感情が高ぶって、怒鳴りちらしたりしてしまうこともあるでしょう。

受験勉強で大変なのは子供のはずなのに、
大人の方がストレスが溜まってしまうこともあるかもしれませんね。


■激励の法則

先ほど取り上げた親としての感情というのは、何も親だけではなく、我々教師としても陥りがちな感情なんですね。
授業中、熱心に指導しているのに、やる気のなさそうにしている子をみると、やっぱり腹が立つこともあります。

さっきやったばかりの問題が、他の子はできているのにこの子だけできていない、となると、

「なんで?」

と眉間にシワを寄せることもあります。

でも、お子さんを成長させるための大原則というのがあります。

それは、『激励の法則』なんですね。

子供というのは成長過程の存在です。ましてや、小学生。
これから伸び盛りの年齢。心も、身体も、能力も。

そんな状態の子供たちへの対応として、大人側の基本方針はやっぱり、

『激励』

なんですね。

子供の気持ちは変わりやすく、良いときもあれば悪いときもあるでしょう。
だから、大切なのは継続させること。

継続させるために、子供たちを支えるのは、
周囲からの『激励』であるはずです。

だから我々塾講師は、激励を続けます。
もちろん悪いことをしたら叱りますが、基本は激励することです。

中学受験は長い期間ですが、運動会の徒競走と同じです。
ゴールを走りきるまで、本人を激励し続けていきましょう!!

6万回の思考を何に使う?

脳みそ

どこかの本で読んだのですが、人間の”脳”は1日に6万回思考するらしいです。

 

何をもって1回と数えるのかは分かりませんが、思い返してみると普段から一日の中で、本当に多くのことをあれこれと考えてはいますよね。

人によって、行動に差が生まれてくるのは、この考えていることの中身の問題なのかもしれません。

 

楽しいことをたくさん考えることが出来ていたら、楽しく人生を送ることができるでしょう。

でも、他人のことを思いやれる考えを多く持てる人、そしてそれを行動に移せるような人は、人間として素晴らしい人だと思います。
(できればそういった人間に子供たちも育って欲しいものですが…(((^^;))

子供は成長段階にあるので、どうしても自己中心的です。そういう思考が先に出てきます。

お子さんの自分勝手な意見や行動をするのは、当たり前と考えておいた方がこちらの気持ちも落ち着くかもしれませんね。

「してみせて 言って聞かせて させてみて
    褒めてやらねば  人は動かじ」

有名な山本五十六氏の教育格言で、私も気に入っていますが、改めて心に刻まれる名言だと思います。

さて、中学受験など、大きな目標に臨む場合…
「できない」に6万回の思考を使えば、出来ない理由が6万回の思考から生まれます。
「どうしたらできる?」に6万回の思考を使えば、出来る可能性、手段を6万回の思考から生み出します。

日々色んなことを考えると思いますが、大切なときの判断はもちろん日頃の心がけ(=考え方)が重要になってきますよね。

私のクラスでも、宿題を平気でやってこない子がいるんですけど…(+_+)

 

理由を聞くと、「時間がなくて」とか言うんですが、正直言って、90%は言い訳で、本音は「面倒臭かったから」という自分勝手な理由ですね…(笑)

 

相手が成長途中の子供ですから、怒鳴りつけて恐怖心で渋々やらせるのも一つの手ではあります。

 

即効性がありますし、クラス全体の気を引き絞める効果も期待できます。

 

しかし、昨今そういう指導は世間が厳しいんですよね…(苦笑)

授業内で、【してみせて】いるので、
本人に宿題の意義を【言って聞かせて】
時には居残りでもさせながら【させてみて】
やればできるじゃないか、と【褒めて】あげないといけないんですよね…(+_+)

でもこれが一回ではダメなんですよね。
何度も言って聞かせないと。
近頃の子は甘やかされているのか、残念ながら即効性はありません…(+_+)

 

でも、めげずに諭していくしかないんだと思いますね。考え方を少しずつ修正するために。

 

そして、6万回の考え方を良い方へ導いていくことが大事なのでしょう。

子供たちは周囲の人たちから褒められ、叱られしながら、躾や社会性が身に付き、己を磨く克己心や他人を思う心が育まれていくんだと思います。

さて、私たち大人も6万回の思考を、まずは家族の幸せのために役立てて行きたいですね。

厳格主義がいい? 放任主義がいい?

怒っている男性

先日、小5の保護者の方から、相談を受けました。

最近になって、子供が家でぜんぜん勉強をしなくなった、と言うことです。
いくら言ってもやらないので、先生、何とかしてください、というご相談です。

その子の成績は、客観的にはかなり優秀なのですが、保護者の方が求める水準からすると、まだまだ酷いそうです。

テストの結果もなかなか優秀な結果ですが、すぐに×のところに目が行き、いつもダメ出しをしているようです。
お家でお子さんを褒めている様子はなく、褒めることもすっかり忘れているようでした。

その保護者の方にはもちろん言えませんが、その子が塾で、その保護者の方の悪口を言っているのを耳にした事があります。

本人としても、「勉強をさせられている感」が強く、もう嫌になってしまっているようですね。

私は、そんな本人の様子を知っていたので、保護者の方には少し本人と距離を置いて、褒めてあげる事も増やすようにアドバイスしたのですが…

どうやら、きちんと対応してくれない講師と思われたようで、その後、別の担当に同じ相談をされていました…(^_^;)スミマセン

****************

私が大学生の頃、教育理論を学んでいた頃がありました。(今や、懐かしいですが…(^_^;))

色々な事が印象に残っているのですが、その中で思い出した事があります。

それは、子育ての方針として、厳格なほうが良いのか、放任の方が良いのか、どちらが良いのか、というものです。

厳格 ←---→ 放任

恐らく、皆様はご存知だと思いますが、結論は、

『一方に偏りすぎてはダメ』

ということなんですね。

厳格過ぎても、最初は従順に従うようにみえて、いずれ心が折れたり、反発してきます。

放任し過ぎても、未熟な子供は自ら学び得ることはまだ少なく、本能や欲求に生きる事に偏り、社会性が身につくのが遅くなります。

たぶん、当たり前のことなのかもしれませんが、バランスが大事なんですよね。

しかしながら、現実はバランスよく育てる事は意外に難しく、また子供は、なかなか大人の思い通りに成長してはくれませんので、どう教育して行くのかは、いつも悩みの種になってしまうものですよね。

まぁ、最近の世論はどちらかというと放任寄りの傾向もありますので、時折厳格にシメないといけない、というのはよく分かります。
先日も小6の受験生が騒いでいたのでシメましたが…(^_^;)

本当に、子育ては苦労しますが、昔先輩に教わった事があります。

「月に一回、ものすごく叱り、他の日はおだやかにすると、ちょうどいい。」

月に一回は、お父さんあたりにシメてもらうのもいいかもしれませんね(笑)

褒める効果

 お子さんが思い通りの成果を残さないと、ついつい叱ってしまいたくなります。

  「褒めたほうが伸びる」なんて、教育論で聞いたことがあるけれど、わかってはいるんだけど…

  何度言ってもいうことを聞かない、何度も同じ間違いをする…

  こちらのイライラが溜まると、ついつい感情的に激怒してしまうことも、時にはあるかもしれません。

  算数なんかは特にケアレスミスが命取りになるので、私もついついミスの部分に注目してしまいます。

  「また、ケアレスミス、もったいない!」

  なぁんて、言っちゃいますよね…

  でも実は、ミスの部分ばかりを叱るのは、やっぱり良くないことなんです…

  ■褒める効果

  ある心理実験がありました。

  同程度の能力のバスケットボール選手たちをAチームとBチームの2チームに分け、それぞれのチームの選手たちに、毎日フリースローの練習をさせます。

  10本シュートのうち、何本ゴールに入るかを競うのですが、

  練習時に、Aチームの選手たちには、

  「8本入ったなぁ、よくやった!!」

  と褒め称えます。

  そして、Bチームの選手たちには、同じ結果でも

  「なんで、あと2本落とすんだ!ダメじゃないか!!」

  と、叱り続けます。

  このように指導法に差をつけて、
  1ヶ月の練習の後…

  なんと、圧倒的に成績が伸びたのは、
  褒めて育てたAチームだったのです。

       * * * * *

  やっぱり、褒める力もバカにできないですねぇ。

  『巨人の星』みたいな、スパルタ指導は、もう時代遅れなのかもしれません…(*_*)

  まぁ大事なのは、本人たちを本気にさせることなのでしょう。

  できているところは褒める、というのは大切ですよね。
  褒めることも当然必要だし、時には指摘をすることも必要ですよね。

  子育てを楽しみつつ、困難な中学受験も笑って乗り越えるくらいの腹を据えて取り組めるのが理想かもしれませんね。

待つのも教育

  子供って、何回言ってもなかなか言うことを聞かないものですよね…( ´Д`)=3

  「宿題をちゃんとやりなさい」

  「途中式を丁寧に書きなさい。だから間違えるんだから」

  「ゲームばっかりやるのはやめなさい!」

  素直に言うことをきく場合もありますが、しばらくするとすぐに元に戻ったり…(-_-;)

  なかなか思うように、願うようには育たないものです。

  結論から言うと、子供はロボットではなく、別の人間であり、別の個人ですから、

  大人の言うことを全て聞いてくれるわけではない。

  大人の願い通りに成長するとは限らない。

  ということなんですが…

  かと言って、じゃぁ、ほっとらかしにすることがいいことなのかと言うと、そうでもありませんよね。

             ◇  ◇  ◇

  植物を育てる時も、ほったらかしだと上手く育たないことが多いです。

  きちんと水をあげて、雑草を取り除いてあげて、適度な肥料をあげて、伸び先を整えてあげるなど、

  きちんと環境を整えてあげることで、綺麗な花や、大きな実を結実させることができますよね。

 でも、いくら焦って整備しても、きちんと整えたとしても、必ず自分の願うようなキレイな花が咲いたり、大きな実がたくさんなるとは言い切れません。

              ◇  ◇  ◇

 ましてや、植物とは比較にならない自立した生物の人間ですからね。

 愛情を注ぎながら、育てていかないといけないですよね。

 なかなか言うことを聞かない子供に対して、イライラしてしまう場合に考えることは以下の2点かな、と。

 (私の担当生徒も、イライラさせる子が少なからず居ますので、自戒の意味も込めまして 笑 )

 ●少し先を見据えて話す

 大人の特権は、子供より経験がある、ということです。「先人の知恵を我々大人は持っている」のですから、それを子供にわかりやすいように伝える努力をすればいいわけです。

 自分の子供の頃の失敗談や成功談があれば一番ですが、他の人の成功談なんかでもいいですよね。

 「ゲームはいくらやっても、結局は指の運動をするだけで、自分の将来には何の役にも立たないんだよね。」


 「○○さんの家のお兄ちゃんは、すごく勉強して、○○中学校に通って、しかも○○中の野球部のエースなんだって」

 「お母さんのお友達で、すごく勉強して、今ではお医者さんになっている人がいるのよ。」

 ●待つのも教育

 必要なことを適宜伝えた上で、「待つ」

 待ってあげるのも愛情ですよね。

 すぐには変わらないかもしれない。

 子供が言うことを聞かなかったから、失敗するかもしれない。
 でも、失敗して本人が自覚することが一番です。

 それでも、また失敗するかもしれない。

 その失敗を次に生かせるように話すチャンスも生まれると思えばいいかもしれません。

 自分たちが子供のころも、意外と大人の言うことは聞いているようで、あんまり聞いていなかったかも…

 結局自分自身で自覚したことの方が、自分自身のためになっていきますよね。

 お子さんの成長を信じて、先を見越して愛情を加えた言葉で育てていきましょう。

頑張ればかりじゃ気が滅入る

カモミール

首都圏では良い天気が続いておりますが、
GWはいかがお過ごしでしょうか?

さて、【アダルトチルドレン】っていう言葉をご存知ですか?

Wikipediaによると、
「幼少時代から親から正当な愛情を受けられず、身体的・精神・心理的虐待または過保護、過干渉を受け続けて成人し、社会生活に対する違和感があったり子供時代の心的ダメージに悩み、苦しみをもつ人々」
とあります。

昔テレビで見たことがあるのですが、アダルトチルドレンと呼ばれる症状の方を治すために、患者を無条件に甘えさせる様子が放映されていましたが、大の成人が、まるで赤ん坊のようになって、治癒者にオシメまでしてもらっている様子が映し出され、衝撃を受けたことがありました。

そこまでとは行かずとも、子供の頃に本来の愛情を受けられなかった子は、何かしらの「心のトラウマ」を抱えてしまうことになり、対人関係などが上手くいかないなどの悪影響があるそうです。

また、アダルトチルドレンになってしまう原因の一つとして『条件付きの愛情』が挙げられるとのこと。
本来は、親は子どもに無条件で愛情を注ぐものですが、いつも子供に何かしらの義務を負わせることが問題になるそうです。

「100点を取ったらおやつをあげる」
というのを幼少期から全てに多用するのは、子供にとっては不健全になってしまう、というわけですね。

子どもは親の愛を受けるために、常に親の意向に従わなければならず、親との関係維持のために生きるようになる、というような偏った精神構造になってしまうとのこと。

幼少期の愛情が少ない場合は特に気を付けないといけないのですが、受験をさせるとなるとただ甘えさせるわけにも行きませんから、少なからず「条件付きの愛」的な言い回しをすることはありますので、難しいところですよね。

では、健全な関係を築くにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、
命令と愛情をできるだけ区別する」ことです。

やっぱりメリハリが必要なんですね。
いつも周囲からあれやれ、これやれ、頑張れ頑張れ、だけでは、お子さんも耳に栓をしたくなってしまいますよね。

「何回も言われなくったってわかってるよ。
逆に何度も言われると、ウザくてホントやる気失せるよ。」

っていう気持ちになってしまうものです。
子供に限らず、人間誰だってそういう気持ちは湧いてきてしまいますよね。

時には無条件の愛情を与えてこそ、お子さんも次の目標に向かって頑張れる、というものなんです。

GWにやらないといけないことも色々あるかもしれませんが、今後のために本人の様子を見ながら、
時には無条件にリラックスする時間をつくってあげるといいのではないでしょうか?

しっかり充電させて、できるだけ本人の自発的な心で自ら勉強に向かわせたいものですね。

意識の修正

提案する男性

人間という生き物は、どうしてもラクな方へ、ラクな方へと行きたがります。

でも、受験が競争である限り、ラクに合格することはなかなか難しいです。

入試問題は、楽な勉強しかしてこなかった人には解けないようにできているんですねぇ…(^_^;)

授業でこんなことがありました。

「じゃぁ、間に休日がはいるから、宿題はここからここまでね」

生徒たちはとても素直で正直ですから、単純に思ったことを口に出します。

「えぇ~!宿題もっと少なくして下さいよぉ~」

まぁ、よくある光景です (^_^;)

でも、子供の素直な心境、欲求に妥協ばかりしていては、受験に勝てる子には育ちません。

むしろ、そういった素直な心境を吐露してくれた時にすかさず指摘してあげます。

「あれぇ~、そういう考え方の人って強くなるのかなぁ~?
合格を目指すんだったら、考え方を変えた方がいいんじゃない?
『できる人』っていうのは、やるべき宿題は当たり前のようにやって、さらに、先生が言われたこと以上のことをやってくるような人なんだよ。 」

もちろん、一回言っただけではお子さん自身の「ラクしたい気持ち」に勝つことはできないでしょう。

また、押し付けがましく言っても、かえってやる気を失う事になるかもしれません。

それでも、機会があるごとに様子を伺いながら、言葉を選びながら、何度も繰り返していく事によって、子供たちの意識は少しずつ強いものへ変わっていくものです。

いつもダダばかりこねていた子が、自ら机に座っていく子に段々と育っていきます。

誰もが順調に育っていくわけではありません。
優秀に見える子も、山あり、谷ありだったりします。

でも、受験という目標を目指していくことによって、子供たちが成長していく姿を応援できるのは、中学受験の醍醐味です。

そばでサポートをしていく大人の方も決してラクではありません。

でも、他人との比較ではなく、子供達自身が成長していく姿を糧にして、私たちが応援してあげることが、更に本人たちのやる気を伸ばしていく事になるはずです。

『成績の改革は、意識の改革から』

『意識の改革は、意識の修正から』