常に一流を目指すものが一流(自省)

悩む男性

夏期講習会が終わりました。生徒たちもよく頑張ってくれたと思います。
ふと、自分自身の講習会を振り返ってみました。
すると、色々な思いが湧いてきて眠れなくなってしまいました。

この仕事を長くやっていると、毎年同じことを繰り返しているうちに、磨かれてくる部分もあると同時に、いつの間にか手を抜いてしまっているところがあるのではないか・・
改めて考えると反省することもたくさんあるわけです。

私自身、以前は教師を目指して教育学を勉強していました。
そこで学んだ言葉に『一流講師とは、一流を目指し続けている講師のことである』という言葉があったのを思い出します。

必要な授業準備をしっかりして、努力はしたつもりでしたが、まだまだやるべきことがあったなぁ、と・・・
この部分は自分を変えないといけないなぁ、と・・・ 改めて、反省する次第です。
仕事がベテランになってからこそ、改めて反省の大切さを感じました。

お父さん、お母さん方の子育ても一筋縄にはいかないこともあるでしょうが、やはり、人を育てるのって奥が深いですよね・・・

さぁ、受験を控えた子供たちにとって、大切な二学期が始まります。
二学期からまた一流を目指して頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links