入試の予行演習

 個別面談で担当している6年生のお母さんから頼まれたことがありました。
 「ウチの子がなかなか朝起きてこないんです。
 夜遅くまで勉強しているようですが…。
  やっぱりそろそろ朝型にした方がいいんですよね…。
 先生からも言ってやってください」
 お母さんのおっしゃる通り。
 通常、脳が本来の能力を発揮されるのは、目が覚めてから、3時間経った後だそうです。
 入試本番は、朝早くからのテストが始まり、しかも4教科連続。
 冬期講習会が終われば、すぐに1月受験も始まりますね。
 それを考えると朝型に変えていったほうがいいです。
 そこで、そんな朝からの受験に慣れるように『入試の予行演習』をしてみてはいかがでしょうか。
 予行演習といっても、家で『朝から4科連続で志望校の過去問演習』をしてみるだけです。
 志望校の試験開始時間を調べて、その通りに入試演習をしてみるわけです。
 その際、トライする過去問の合格最低点などを調べておきましょう。
 そして、事前に「明日は入試本番だと思って、真剣に取り組んでみようね。」
 と、気持ちを盛り上げておきましょう。
 ただ漠然と1科ごとに過去問演習をやるよりも、本番と同じ時間で、4科連続でやってみると、いつもの過去問演習よりも緊張感が違いますよ。

 後で4教科分丸つけして、実際のその年の合格点に届いているかを調べてみると、より現実味が沸いて来ますよね。
 【 演習は、本番と同じ気持ちで行うこと 】が、一番効果的です。
 そして、明日は朝から本番だと思えば、前日も夜更かししませんよね。
 冬休み中も、朝型のリズムを保つのにも効果的ではないでしょうか。
 機会を見つけて実践してみてはいかがでしょうか。

勉強

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links


コメントを残す

*