受験勉強を長く続けさせるために ~ 息継ぎ

スイミング

ようやく涼しくなり、秋らしい季節になりました。  

ただ、今年の秋は短くて すぐ冬が来るみたいですが…    

最近のメルマガでも書きましたが、受験生のこの時期、不安定になりやすい時期です。

当塾でもやはり受験生が、この時期になって、やる気を無くして勉強しなくなってしまう子がいました。  

お母さんも激怒され、本人もますますいじけています。

なぜ、受験数ヶ月前の大事なこの時期なのに、やる気を失くしてしまうのでしょうか?

理由は様々考えられますが、そんな子供達の心はどうなっているのでしょうか?

■プールの息継ぎ

プールで泳ぐとき、必ず息継ぎが必要ですよね。   泳いで、息継ぎ、泳いで、息継ぎ、…

この繰り返しで、遠くまで泳ぐことが出来ます。

逆に、息継ぎをしない、あるいは息継ぎが下手な子ほど、遠くまで泳ぐことは出来ずに、立ち止まってしまいますよね。

受験が近くなるにつれ、段々とプレッシャーがかかります。

塾でも、「こんなんじゃダメだ!もっと勉強しろ!」   家でも、「これじゃ受からないわよ!もっと勉強しなさい!」

親は、子供が机に向かって勉強していると安心します。   塾では、親が安心することを優先する傾向があるので、子供を机に向かわせようとします。

でも、勉強嫌いの子供にとって、もしかしたら、

「顔なんて上げずに、ずっと泳いでいなさい!」  

と聞こえてしまっているのかも知れません。  

そうなると、息が続かなくなって、確かに止まってしまいますよね…

水泳の上手な選手は、息継ぎも上手。   人間の集中力の継続時間は、長くて90分間です。

ただ机に縛り付けるのではなくて、上手く息継ぎをさせながら勉強させた方が、意外と長く勉強できるものですよ。    

■つらい時こそ目的意識を

そして、つらい時こそ先の希望を話しましょう。  

受験が終わって、合格して、楽しい中学校生活を送る姿を改めて想像させてあげましょう。

何のために、受験をすることを選んだのか?   ”つらい受験勉強”を覚悟の上で、臨んだはずだと思います。

先輩達も、楽に遊びながら勉強して希望の学校に合格した人はいません。

受験生には気持ちを整えながら、上手く息継ぎをしつつ、残りの大事な時期を乗り越えてもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*