家庭不和でIQが下がる!?

今回は、ちょっと耳の痛い話から‥

とあるテレビ番組で取り上げられていましたが、脳科学学者の澤口俊之氏によると、

「家庭内の不和が、子供のIQ(知能指数)を下げる原因になる」とのことです。

円満な家庭のお子さんのIQを0(ゼロ)だとすると、
不和の程度がひどくなるに連れIQは下降し、
DV(家庭内暴力)のある家庭だと、IQは-14ポイントにまで下がるそうです。

更に合わせて、学習障害率が、8%上昇するとのこと  (>_<)

脳科学的な原因は、子供の前で不和な様子を見せると、子供の脳が萎縮してしまい、
程度が激しいと20%も萎縮してしまうのだとか‥

確かに、伸び伸びと知的好奇心を働かせるには、精神的に不安定だと、なかなか難しいでしょうね‥

「精神的な安定」は人が前向きに向上していく上での基礎的土台となりますので、
受験を控えたお子さんのためにも、なるべく家庭内での争い事は避けたほうがいいでしょう。

どうしても必要なときは、せめてお子さんの見ていないところで‥(^_^;)

同時に「中学受験」というのは、人生の中でも数少ない
『長期間、親子が一緒に協力することが必要な、大きなイベント』です。

むしろ、中学受験をきっかけにして、更に夫婦や家族の絆が強まるといいですね。

あまり片意地を張りすぎて、家庭の雰囲気が殺伐をするのもなんですから、
まずはリラックスして、冷静に家族やお子さんための未来を考えてみましょう。( ^^) _U~~

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ