小6担当奮闘記|下半期

中学受験の小6担当奮闘記。いよいよ受験間近の下半期の心がけや起こった事件など・・

模試の合格率数値について

マークシート

受験生にとっては、二学期以降の合否判定模試を受けていくことになり、その志望校への判定結果次第で、実際の受験校を最終的に絞っていかれることになるかと思います。

多くの模試では、合格の可能性が高ければ、合格率が「80%以上」と評価され、低ければ「20%以下」などと表記されます。

ちなみに最大の受験生を集める四谷大塚の合不合判定テストでは、昔は合格率が低いときは、「5%以下」って表記もあったんですね。
今では最低でも「20%以下」という表記になりましたが。

さて、せっかく受験するのですから、できれば「80%以上」という評価を得ておきたいですよね。
この「80%以上」の評価は、どれくらいの順位でとれるのでしょうか?

そこで、昨年9月の判定テストの資料から、合格率の数値を考えてみます。

——————————————

F中学校は、定員100名の学校です。
昨年は約400名が受験して、約120名が合格しました。
模擬試験でのF中学校の合格率判定は以下の通りです。

志望者合計 185名
80%以上    12名(上位から約6%)
50~80%    26名(上位から約20%)
20~50%    39名(上位から約42%)
20%以下   108名

——————————————

この試験では、志望者が185名でしたが、実際の入試での人数(約400名)は、その約2.2倍でした。

合格率「80%以上」の12名を単純に2.2倍すると、たった26名です。
合格者は約120名ですから、合格者の5分の1に過ぎないんですね。

上位合格はうれしいことかもしれませんが、どんなに上位で合格しようとも、ギリギリで合格しようとも、どちらも同じ「合格」です。
もちろん、受験者層や時期による差異はありますが、模試の判定「80%以上」にこだわりすぎる必要はないかと思います。

まずは、「50%以上」を目標にして頑張っていくのが良いのではないでしょうか。

受験生にとっては、いよいよ総仕上げの2学期。
保護者の皆様も色々と気を遣う時期になりますが、あわてず、焦らず、お子さんがベストを尽くせる環境づくりに尽力して行きましょう。

1月受験の結果から

1月受験の結果が色々と出てきましたね。
首都圏からの受験では、『お試し』感覚なので、気分よく合格をとってくる生徒たちが多いです。

うちの校舎も全勝中。
生徒たちにも、「練習だから」
と気軽に受けに行くことを伝えていたので、
「全く緊張しなかった」とのこと…(^_^)

栄東の東大選抜コースを受験した生徒もいますが、一昔前のコース開設時と比べて、随分たくさんの合格者を出すようになりましたので、何となく東大選抜のプレミア感が薄れてしまったような(笑)

でも、これ以降の受験が厳しくなりますね。
難関校のベンチマークとされる浦和明の星や渋谷学園渋幕、立教新座と…

実力を出しきれないと普通に落とされますんで。
残念だったときの対処を考えておきませんとね…

PS 受験日は暖かい朝であって欲しいです…(((^^;)

まだまだ伸びる時期

最上位クラスに何とか食らいついてきたB君。

のんびり屋で、努力することが大の苦手 (苦笑)

夏の間は、宿題を進めるスピードや、毎回のテストでみんなから遅れをとって、ついついからかわれていました。

講師からも、最上位クラスの生徒としては物足りないとプレッシャーを与えられてきました。

しかし、内なる才能はいいものを持っているのでしょう。

マイペースながらB君なりに努力して、少しずつ結果が出始めてきました。

まだ100日あります。

学ぶべき単元は一通り終わっているので、仕上げの時間が100日もあるんです。

これから、これから。 目指せ第一志望合格!!

問題を解く立場って、大変なんです…

問題を解いているパンダ

先日、とある男子難関校の入試問題を解いていて、改めて思ったことです…

私は理系担当ですので、算数と理科を解きました。
2教科分を一気に、最初から最後まで全ての問題を解いてみました。
(一応規定の受験時間は算数50分、理科40分です)

後で解説するのが目的ですので、特に時間を測らずに、一問一問着実に解いていったんですね…

解き終えて改めて感じたのが、
「2教科連続解くだけで、かなり疲れる!」ということです(笑)

まぁ、疲れ具合というのは やる本人の体調次第なので、単に私が歳をとっただけ、とも言えるのですが…(笑)

もちろん私は普段教えている立場にあるので、ある程度順調に解いていきますし、 こんな問題も出るんだなぁ、などと色んなことを考えながら余裕も持って解いていったわけですが…

それでも、ある程度分量を出す学校だったのもあり、算数、理科と解き終えたころには、結構疲れました。

(もう、理科の最後の方なんか面倒に感じたくらい…この学校、問題量出しすぎ、ってな感じに・・(笑))

 

さて、普段教える立場の私が解いても疲れるのですから、実際受験する子供たちはどうでしょう?

多くの子が4科受験でしょうから、もちろん算数、理科の他に国語と社会もあります。

限られた時間の中で、緊張し、集中して解かなければなりません。もちろん、私のように後で解説する必要はないので、全ての問題をじっくり解く必要はないのですが…

それでも、4教科分を一気に解く、ということは、科目の隙間に10分間くらいの休憩があるとはいえ、かなり疲れるはずですよね。

もちろん、日頃の授業で集中力の持続を鍛え、何度も模試で訓練し、そして、あふれる若さ(笑)で4教科の難関入試問題を乗り越えてくれるのでしょうが…

本番の併願パターンで午後受験など組み入れる場合はお子さんの体力や精神力を良く見極めてあげて下さいね。

また、受験生の秋以降は大きな模試が続いて行きます。
ぜひ、テスト終了後のお子さんには、出来具合を追求するその前に、

「お疲れさま~。大丈夫?」などと、心からの労いの言葉も忘れずに。

結果じゃなくて、努力を認めてもらった方が、やる気が出るってもんですよね。
中学受験生、みんなよく頑張っていますよ!

ちょっとめずらしい愚痴

眠れない女の子

講習会ももうすぐ終わりですね。

先日、小6受験生のある女子生徒が、

「夜、眠れない」

という話を愚痴っぽくしてきました。

「うちのおかあさん、無理矢理寝かし付けるんだよ。
布団に入ってから1時間以上も眠れないんだよ。
だったら、勉強してたいのに…」

そのときは、私もドタバタしていたので詳しいことも聞かずに、

「へぇ〜…。暑いしねぇ」

なんて聞き流していたのですが、
後になって、ふとその愚痴が思い返されました。

その子の部屋にはクーラーがないらしく、やはり寝苦しいのはあると思います。

また、どうせ寝れないなら勉強していた方がいい(勉強していた方がマシ?)という発想も、今まであまり聞いたことがなかったセリフだったので、印象に残ったのでしょう。

一応受験生としての自覚はあるようですね(^_^;)

寝させられる時間はよく聞かなかったのですが、なんだかんだいってもやはり規則正しい生活を送ることが体調管理の上で大事なことだと思います。

まだ暑い日が続きますが、体調に気をつけて頑張りましょう。

合判④が終わって かけた言葉

模試の結果

受験生にとっては先日、最後の合不合判定模試が終わり、そろそろ結果が帰ってくる頃でしょうか?

点数はインターネットで見れるようで、私も担当している下位クラスの子たちへの聞き取りをしていますが、あまり芳しい報告は聞こえず…(T_T)

さて、以前も書きましたが、四谷の合判はどちらかというと上位校を受ける際の判定力に優れています。

出来れば9月からの判定で、第一志望の平均合格判定が50%を越えたいところ…。

しかし、模試は飽くまでも模試です。

たくさんの受験者に対応するために広い範囲で問題量も多く、難しめの問題も出題されます。

しかし、実際の受験はそれぞれ受験する学校の入試問題です。
多くの学校が模試とは違ったタイプの出題傾向の問題です。
中下位校であれば、もっと基本的なことを聞いてくる問題が殆どです。

それゆえ、合判の結果が例え悪かったからといって、嘆いていても仕方ありません。

本番の入試で合格点をとれば良いだけのことですから。

各自の志望校の過去問を徹底的にやって、傾向を掴みながら、自分の弱点を潰していきましょう。

残り50日を切りました。
最後の追い込み、頑張っていきましょう!!

PS.土佐塾の東京受験は毎年合否と共に、順位も出してくれるので、合判の5回目の気持ちで受験されるご家庭も多いようです。

テスト結果から「厳しさ」を教える

コルクボード

合判②の結果が出ましたね。

木曜日にインターネットで結果を見れたらしいのですが、随分アクセスが集中してなかなか見れなかったとのこと。
注目度の高さをうかがい知ることができますね。

さて、本人や保護者の皆様が注目されるのと同様に、我々講師も塾で結果一覧が出されると、担当講師が群がります。

そして、みなさんと同様に一喜一憂するんです(苦笑)
ましてや担当する生徒が多いと、その全員に目を配らないといけませんので大変です。

さて、結果を見て改めて感じるのは・・
「熾烈な争い」・・・ですね。

今回は合判①で成績が良かった ある生徒が、気の緩みからか、ミスを重ねて凋落。
算数なんかはそれが顕著に出る科目です。

その子は合判①が良かったからなのか、普段から宿題が甘かったり、手を抜いているなぁと感じていました。やっぱり、おのずと結果に現れてきますね。

受験人数も多いですし、この時期受験生はみんな頑張って勉強しているわけですから当たり前なんですけど・・・・・・厳しい世界です

あるプロのヴァイオリニストが言っていました。

1日練習をしないと、自分で調子が悪いことに気づく。
2日練習をしないと、スタッフに調子が悪いことに気づかれる。
3日練習をしないと、観客にばれる。

プロの世界は厳しいですよね。

弱冠12歳の子供たちにその厳しさをそのまま課すことは簡単ではないことだとは思いますが、「厳しさを教える」ことはその子の将来にとってプラスになるでしょう。

褒めるところをみつけて褒めてあげながら(←これ大事)、問題点を洗い出して修正していきましょう。

講師を超えろ!

走る男の子

合判①の結果、戻ってきましたね。

今年は数年ぶりに最上位クラスを受け持っているので、それなりに高得点をたたき出してくれました。

偏差値65を目指せ!と何度も言って送り出したら、
なんと本当にクラス平均偏差値が65を超えました。
(自分で言っておきながら、内心ビックリ・・)

やっぱり目標を明確化するのは大切だと感じます。

 

もうじき、小6の最上位生の脳の回転力やひらめきは、我々講師をも凌ぐようになります。

(私の能力が低いだけかも(笑)でも、私よりベテランの講師も同じことを言ってますよ)

算数の難問を解かしてみて、これは難しくてつまづくだろうと思って見ていると、

「先生、これで合ってますか?」

と、思っていたより早く手が挙がります。
見事に正解なんです。

どうやって解いたのかを見ると、こちらが気づかなかった所に気づいていて、サッと解いてしまっていたり・・

恐るべし、小学生の脳の柔らかさ!

教え子が自分を超えていくのは、講師冥利に尽きるものです。
最終的に講師を超えるような生徒たちが、御三家中とかに合格していくものです。

でも、受験までは、まだまだこれから。最後まで鍛え抜きますよ。

PS.小6受験期に講師を超えるほどの脳のひらめきを見せる子達も、中学生になると普通に戻ってしまう子がほとんどだとか…(笑)

子供が勉強なら親も勉強

勉強つらい

 陽気な連休が続いていますが、受験生のお持ちのご家庭は何かと大変ですよね。   合格判定模試の出来具合はいかがでしたでしょうかね・・

さて、ある日の塾での受験生とのやり取りです。       

「うちのお父さん、テレビばっか見てるんだよ~<(`^´)>」

「だから?そりゃテレビくらい見るだろ。   君は受験生なんだから、テレビは見ないで、勉強するのが当たり前でしょ。」

厳しいかもしれませんが、こんな感じで、斬り捨てます(苦笑)

とは言いつつも・・・  

人間というのは、周りの環境によって、仕事や勉強への身の入り方も変わるものです。

ご家庭で周りがテレビを観て笑っているところで一人黙々と勉強するのは、かなり酷なことですよね。

 「お前は受験生だから勉強しろ!」

と言われても、周りがそんな環境だと寂しいものです。

かと言って、一人奥の勉強部屋に押し込められても、なかなか集中力が続かないこともあります。

不思議なもので、一緒に勉強する友達がいたり、周りに人の目があった方が、勉強がはかどる場合も多いのではないでしょうか・・

 

さて、すでに受験を終え、わが子を第一志望に合格させた先輩お母さんから聞いた話で、なるほどな、と思ったことがあります。

それは、「親もその時期、一緒に勉強した」というのです。

一緒になって中学受験の勉強をする、という話もありますが、別にそうでなくても構いません。

中学受験とは別に、自分で身につけたい知識を本を買ってきて勉強したというのです。

仕事で役に立つ資格をとるための勉強や、中学受験で関心を持った歴史の勉強、TOEICなどの語学試験勉強でもいいでしょう。

とにかく、子供が家庭学習している時間帯は、親も一緒に勉強するように心掛けたそうです。

そうすれば、お子さんを勉強部屋に押し込まずに、リビングでも勉強できます。

まぁ、どこまでできるかはご家庭の事情によって違うでしょうが、 親も大変な子供の中学受験シーズンを、「良いチャンス」と捉えて活用したその発想は、見習う価値はありそうですよね。

 

お父さんと僕、勉強中

シルバーウィークの正しい反応?

  来週は、シルバーウィークですね。
  23日(水)まで、連休が続きます。
  そこで、受験生の生徒たちに、こう投げかけました。
 「みんな、良かったねぇ~。
 来週、シルバーウィークで塾も水曜まで休みだよ。」

 すると、ある生徒が言いました。
 「別にうれしくないです。塾があった方がいい!」
 「どうして?」
 「だって、どうせどこかに連れていってもらえるわけじゃないし、家にいても、勉強しろって言われるだけだもん。」

 「・・・なるほど、たしかにね (^_^;)」

 受験生にとっての連休なんて、あんまりうれしいもんじゃないかもしれません。
 塾で友達と一緒に授業を受け、刺激しあいながら勉強したほうが、楽しいのかもしれませんね(苦笑)

silverweek.gif