直前期の準備や心得

中学受験もいよいよ本番間近。
そんな直前期における準備や心得に関する記事です。

入試本番の"魔物"への対策

中学受験本番

毎年恒例の新年の箱根駅伝。
たすきを繋ぐために、選ばれたランナーたちの熱い戦いがあります。

今までの実績から今年はどこの大学が強い、なんて予想が立てられますが、いざ本番になると、予想通りになるとは限りません。

選手の精神状態や体調によって、いつもの実力が出せない場合もあります。
 途中で肉離れを起こしたり、脱水症状で走れなくなってしまうランナーも毎年出てきます。
 (※今年は優勝候補と目された駒沢大学がそうでしたかね。
 初優勝の青山学院チーム、おめでとうございます。)

過去の大会では、ゴール直前500mまできて、どうしても走れなくなってリタイアしてしまった選手さえいました。

 「箱根には魔物が住んでいる。」

なんてことも言われますが、やっぱり本番をやってみないと分かりません。

 同じようにオリンピックのシーズンには、「オリンピックには魔物が住んでいる。」
 なんてことも言われます。

不思議なもので、大きなスポーツの大会会場には、魔物が住んでいるらしいです…(^_^;)

さて、中学受験においてもそうでしょうか?

中学受験本番

 “魔物”といっても、スポーツと違って、怪我やアクシデントが起こる可能性は極めて少ないはずです。
 むしろ、13歳という幼き子供たちの”精神状態”の方が心配ですよね。

受験会場でも、周りがみんな頭が良さそうに見えたり、自分以外全員合格するんじゃないか?と思えたり、急にマイナスのことばかり考え始めたり…

そんなことを考えてしまう子も多いはず。

 中学受験における魔物の正体は、『極度の緊張やプレッシャー』や『思い込み』でしょう。

私が子供たちに話すのは、シンプルです。

「緊張したり、不安になったときの対策は、とても簡単だよ。
気分が悪くなったり、嫌なことばかり思い浮かべたりしたら…
『深呼吸』するだけ。

特に息を吐くときに、ゆっくり数字を数えるといい。
深呼吸をすると、脳に酸素が送られて、正常な判断ができるようになるんだよ。

呼吸が整えられて、肺の動きと共に、心臓の動きも安定するからいつもの実力が出せるようになる。

合格するかしないかは学校が決めることだから、自分が心配しても仕方ないよね。

起きてもいない先のことを心配しても時間の無駄。
本番でやることは、『深呼吸して目の前の問題に集中するだけ』だよ。」

受験生においてはいよいよ本番ですね。
精一杯実力を発揮できるように、しっかりサポートしていきましょう。

首都圏1月お試し受験に思う

○×クイズ

いよいよ受験も始まりましたね。
1月初旬は埼玉県などの受験が開始されました。

東京・神奈川の2月受験がメインの子たちにとっては、お試し受験の色合いが濃くなります。
今回は、1月受験に関してのつぶやきです。

名物の受験校前の塾の先生たちによる応援。
私も栄東中や浦和明の星中などの入試応援に参加してきました。  

いやぁ~特に雨の中の浦和明の星での入試応援はつらかった~ (;^_^A
寒いし、混んでるし、おまけに傘で生徒の顔が見えない… (+_+)
受験するお子さん本人が一番大変だったでしょうけどね。

栄東中や浦和明の星中は、毎年受験者が多いのですが、今年もとても大人数でした。
特に栄東中は年々増えてます。今年は受験者が多すぎて、会場も3箇所に分かれての受験になったんだとか。

調べて見たら、A日程の受験者が3925名、合格者は2870名。
東大選抜Iが受験者2477名、合格者が1654名(特待生828名)です。(1/14現在)

いやぁ~、スゴイ規模ですね… (^_^;)

合格者の割合が多過ぎるなぁ、って思いますけど。
合格者が多いのは、お試し受験の色合いが多くなってきた証拠です。

栄東中は学校の評判も上がってきていますし、学校側も受験してもらうことはメリットがありますので、積極的に受験者を募集してきた成果でもあるのでしょう。

かつてお試し受験の大御所だった西武文理中は、栄東中にお株を奪われつつある感がありますね。

他にも東京に近い学校は、東京からの受験者が受けやすいように色々と工夫しているようです。
そんな学校側の思惑は良いとして(苦笑)

受験した生徒たちは、初めての受験の生徒も多かったのもあり、合格した子は素直に嬉しそうに喜んでいました(^_^)

東京や神奈川の2月受験が本番の子達にとっては、やはり良い経験になる、と思います。
(もちろんご家庭の事情により、お試し受験をしないといけないわけではありません)

合格した子は、「勝って兜の緒を締めよ」
2月受験は、そう甘くはありませんからね。

不合格の子は、「残りの期間、死に物狂いでやりきる!」
かつて、1月のお試し受験で失敗しても、2月受験は連続逆転合格していった子もたくさんいます。

本当は、お試し受験を二回くらい受けて、1勝1敗くらいが気持ちを整える上では ちょうどいいのかも知れませんね。

1月受験は本番へ向けて気持ちをより高めていく良いキッカケ。
気持ちを整理して第一志望校への受験に臨ませていきましょう!  

過去問について②

明大明治 過去問

過去問について①からの続き

2.過去問をやる手順・利用法(続き)

 

点数よりも、時間配分に慣れることが大切です。 お子さんは、全問解きたいと思うかもしれませんが、制限時間内で、6割5分取れれば、大体どこの学校も合格できます。 問題数が多い科目であれば、どの問題に取り組んで、どの問題は捨てて、合格点以上を確保するといったことも考えて行きましょう。

 

入試問題は”落とすためのテスト”ですので、満点が獲れないように作られています。     (入試演習をしても最初はなかなか点数が獲れませんので、お子さんを責めないであげて下さいね)    

満点を獲らせないために「かなりの難問=捨て問」が含まれています。     本番でそんな問題に時間を掛け過ぎるのは、かえって時間の無駄になってしまいます。     難問を出題する学校であれば、「捨て問を判断する訓練」も兼ねて過去問演習をする必要があります。        

 

学校の問題レベルやお子さんの答案状態によりますが、過去問を行なう目的や「捨て問」等の理由により、     ミス部分を解き直しする際は、全ての問題を解き直しする必要はありません。      

テスト問題の7割~8割部分を直し、理解できればOKとして、他の問題に当たった方が効果的です。     同じ問題が出ることは殆どありませんし。

 

過去問管理表に、「自己反省欄」を設けましょう。そこに本人が解き終えた感想を書きます。

その際、出来るようであれば、

・どうすれば、もっと点が取れたのか?

・どこに気付けば、この問題を解く事が出来たのか?

を自己分析させて書かせてみましょう。(特に算数)

書かせる事が難しければ、考えさせてあげるだけでいいです。 その積み重ねが実力になりますし、弱点分野の洗い出し・復習へとつながります。

 

お子さん本人は、あまり傾向分析など考えないで問題を解きます。

塾の志望校別コースに通っていたり、家庭教師についている場合であれば、そこで問題傾向を教えてもらえるでしょうが、 そうでなければ、親御さんが過去問の最初の方に書いてある傾向分析などを読んで、本人にきちんと教えてあげた方がいいです。

(抱えている生徒が多い塾講師であれば、一人一人に細かく教えることができないのが実情かもしれませんので)

「算数は、大問1と2は配点が高く、そこだけで55点取れるから、ここはミスしないように丁寧にやるんだよ。 たぶん大問5は毎年難しいそうから出来なくても差がそんなにつかないだろうから大丈夫だよ。」

・・・など。

 

学校によっては、前年度の過去問を説明会などで配布している事があります。

また、出題の狙いや受験生の解答状況などについて詳しく説明されている資料を配布している場合もありますので、可能な限り利用してみたらよいかと思います。 (学校のホームページでダウンロード配布している場合もあります)

 

1回目で点数がとても低かった場合、自信をなくしてしまう事があります。

でも、第一志望校であれば、今の秋の時期であれば取れなくて当り前と思っておいた方がいいです。

冬になって忘れた頃に、一度解いた問題も、もう一度解いてみることをお勧めします。

1回目よりも点数は上がるはずですから、是非褒めて自信をつけさせてあげてください。

5点から100点

3.注意点

先に述べたとおりで、今はまだ心配しなくて大丈夫です。繰り返して自信をつけていきましょう。

いくら過去問対策をしたといっても、それは飽くまでも「過去の問題」でしかありません。 今後同じ問題は出ることはないでしょう。

過去問を通して弱点分野を洗い出し、再度テキスト等に戻って、「弱点を補強すること」が、とても大切な事です。

 

 

過去問について①

明大明治 過去問

過去問の効果的な利用について

1.過去問をやる意義・効果

各学校の特徴が入試問題にあります。 それは、 「どんな生徒を欲しがっているか」 ということの表れでもあります。

過去問をやるのは、もちろんどれ位点数が取れるかという“力試し”という側面もありますし、お子さんは、そのつもりで取り組みます。

しかし、それよりも、“その学校の出題傾向を知る”ということに重点をおくべきです。

さらに、何度か繰り返す事によって、解答形式に慣れるということです。

記述が多い学校では記述対策をしておく必要がありますし、時間配分をどう考えるかというのは、実際に体感しながら慣れていく必要があります。

実際に偏差値からすると手が届かないかと思っていたチャレンジ校も、過去問をとにかくやりまくり、 ”その学校の特性に合わせた勉強に特化”する事によって合格を勝ち取ったという話もあります。

また、過去問を何度も何度も繰り返して、傾向と対策に強くなっていく事によって、お子さん本人が自信をつけていく事ができます。

2.過去問をやる手順・利用法

第一、第二志望はもちろん買ってありますね。 志望順位の低いものも、もちろん買ってもいいのですが、塾にあればコピーしてもらったらいいのではないでしょうか?  最新版にこだわらなくても構わないことを考えれば、インターネットで中古を安く手に入れる事もできるようです。

塾で、もらっている事が多いかと思います。 一週間に一年分くらいのペースで予定を立てて取り組みましょう。

賛否両論あるかもしれませんが、私は古いもの(5,6年前)からやることをお勧めします。どのように傾向が変わっていったかを知ることが出来ますので。

なお、実際の入試問題とできるだけ同じようにするためと、二回目を解く事を考えて、解答用紙はコピーで拡大することをお勧めします。

第一志望校は最低5年分はやってきましょう。   たくさんやっておくと、それだけ自信も付くものです。ただし、最近は塾の志望校別講座にお通いである場合は講座の学習自体が過去問演習が含まれていると思いますので、この限りではありません。      

むしろ、第一志望校合格の可能性が実力的に薄い場合は第二志望の過去問もある程度やり込んでおく必要があります。    

実際なかなか時間が取れないことも多いです。   計画的に進めましょう。

入試直前のトラブル

風邪をひいて寝込む猫

首都圏の受験生におきましては、いよいよ本番ですね。
ベストを尽くし、この数年間苦労して培ってきた実力をいかんなく発揮してもらいたいものです。

しかし、場合によっては、直前に何らかのトラブルに遭ってしまうこともあります。

以前、入試直前に熱を出してしまった生徒がいました。
しかも、本番前日31日の夜のことです。

お母様は、「もう、終わりだわ…」と、うなだれ 泣いてしまったそうです。

お父様が、「大丈夫、明日には熱は下がるから!」と、本人に言い聞かせ、休ませたとの事。

幸いにも、翌日の入試本番日には熱が下がり、万全の体調ではなかったものの、本人を励まし、

「今まで、この日のために頑張って勉強してきた」という強い信念を持たせて、本番に臨ませました。

そして、見事合格を勝ち取ってくれたのです。

トラブルを乗り越えたのもあり、喜びは一塩だったでしょう(^_^)

たとえ直前に何らかのトラブルが起こっても、今までの努力を簡単にあきらめてしまってはいけませんよね。

可能性を信じて、トラブルを乗り越えることをお子さんに教えるような強い信念を、大人側から発してあげましょう。

 

他にも色んなトラブルは考えられます。

前日喧嘩した、受験票を忘れた、行く途中で滑って転んで怪我をした、電車に乗り間違えた、遅刻した、電車が止まった、当日お腹が痛くなった、当日体調が悪い……などなど
(皆さまを脅すつもりはありませんので悪しからず…(^_^;))

不測の事態の多くの場合は、学校側に相談して対処してもらえるはずです。

要は、どんな事態が起きようとも、冷静に対処する心積もりを持っておきたい、ということです。

奇しくもインフルエンザの流行が首都圏にも押し寄せ、1月末から2月初旬がピークになるとか…(@_@;

どんなことが起きようと腹を据えて欲しいものの、万全の準備だけはしておきましょうね。

『準備に勝る安全なし』
みなさまの受験の成功を祈っています!!

 

お試し受験の結果から

悔し涙を流す男の子

1月入試の結果も出揃って来ましたね…
首都圏の受験では、多くのご家庭では、1月は「お試し受験」の段階だと思います。

「お試し受験」であったとしても、やっぱり合格か不合格か、
○か×かの2択で結果が出されますので、受験した本人は、結果が気になるはず。

合格であれば「今までやってきた事が報われた」気持ちになりますし、
不合格であれば、やっぱり悔しいだろうし、不安になってしまうでしょう。
合否の発表を受ける講師側としても、やはり緊張します。

合格であれば、もちろんそのままの勢いで2月の本番に向けて頑張ってくれればいいのですが、
不合格の場合、しかもそれが「受かるはずの学校」であった時、
あるいは「2回連続でダメ」だった時など、
…お子さんのショックを考えると、十分な対応が必要になってきますので。

過去の生徒で、以下の2パターン経験があります。

●A君は1月埼玉の難関中学に見事合格を取りました。

先生たちやご両親からも褒められ、A君はご満悦。
しかし、迎えた本番の2月受験。
1日、2日、3日、4日と全て不合格。
何とか5日の受験で合格を取ったものの、もちろん志望順位の低い学校でした。

A君は受験後に言ってました。
「1月に合格して油断してました…」

●B君はどちらかといえば、A君よりはできる方でした。

しかし、1月のお試し受験で、偏差値から考えると押さえ校となるような中学に、
なんと「不合格」
先生たちやご両親も、余裕だろうと楽観していただけに、
「えっ、本当に?」と驚いてしまったほどです。

後でB君と一緒に確認したところ、算数で(1)の問題を勘違いで連続して落としていたことなどに気づき、「しまった!」と悔やんでいました。
そしてB君は気持ちを切り替え、気を抜かずに2月の本番を迎えました。

2月1日、2日、3日といずれも難関校を全て合格!
1月で不合格をとってしまったことで、逆にそれをバネにすることができたのだと思われます。

二人のうち、もちろん、B君のパターンの方が良いに決まっています。
1月受験の段階で、残念な結果となってしまい、泣いてしまったご家庭もあるかも知れませんが、
飽くまでも本番は2月。

我々大人があたふたしても、更にお子さんを不安にさせるだけですので、気持ちを切り替えるしかありません。
本人の気持ちが落ち着いた頃に、冷静に失敗の原因を見直し、残りの期間でやる事を絞って決めていくといいでしょう。

本番に向け、最後まで頑張りましょう!!

緊張した時の対処法

深呼吸

いよいよ受験が始まってまいりました。

早朝の寒い中、たくさんの塾の先生達の応援の列にますます緊張してしまうお子さんも多いかもしれませんね。

受験生は、まだ小学生ですから、今日のテストの結果次第で人生が変わるなんていう経験は、ほとんどの子は生まれて初めて。

『本番だから、今日のために勉強してきたんだから』

塾の先生からプレッシャーをかけられ、
両親からも、プレッシャーをかけられ・・
自分でも、頑張んなきゃ、と自分自身にプレッシャーをかけ…

…これで本番緊張しない子なんて、少ないんじゃないでしょうかね?

極度の緊張は、焦りを生み、思考を混乱させます。
当然、ベストの実力を出すことは難しくなります。

そこで、今回は緊張した時の簡単な対処法。

『深呼吸する』 ← これだけです(^_^)

具体的には、大きく息を吸い込み、

「息を吐くときに、心の中で数をゆっくり数える」

と、より効果的です。

(いち、に、さん、よん、ご、…)

と、ゆっくりカウントしながら数えることにより、脳が落ち着いてくる効果があります。

さらに深呼吸によって、身体の中に新鮮な空気を取り入れる事で、細胞に活気を与え、気分転換をする働きもあるのです。

特に緊張しやすいお子さんには、入試前に教えてあげて下さいね。

算数の過去問は2回解く

算数の教科書

あっという間に冬期講習会も終わりましたね。
受験生におきましては、いよいよ今月から本番の試験が始まります。

さて、この時期になると受験生の中で
「持っている過去問全部やっちゃって、もうやるものがないんですけど…」
なんて言ってくる生徒がいます。

既に実行されている方も多いかと思いますが、改めて算数担当から言わせてもらいますと、

「算数の過去問は2回解くことをオススメ」 します。

もちろん、初見の問題に対応する力を養成する事は必要なのですが、それはこれまでの期間である程度鍛えてきているのではないでしょうか?

1ヶ月以上前に解いた過去問などは、どんな問題だったか 大分忘れています。
また、初めて解いた時に出来なかった問題は、直しをしているはずですが、その”解き直し”が果たして完全に定着しているかどうかは疑問ですよね。

算数の問題を解いているときに、

「あれ…? 似たような問題を以前やったことあるなぁ…。でも、どうやって解くんだったっけ?」

なんてことが、意外と良くあります。
こんなことが、入試本番で起こったら、嫌ですよね。

『苦手な問題は、1回解いただけでは身につきません。類題を3回くらい解いて定着するわけです』

それ故、特に第一志望の算数の過去問は1回目に出来なかった問題も出来るようになっているかを確認するためにも、2回解いてみる事をオススメします。

もちろん入試本番で同じ問題が出るわけではないでしょうが、どれくらいのレベルの考え方を要求してくるか、どんなポイントに注目させるかなどを2回目を解いて、再認識出来ることもあるはずです。

また、別のメリットも生じます。
2回やってみる過去問は、1回目の時、点数の良くなかった問題を選んでください。

同じ問題を再度解くわけですから、2回目の方が1回目よりも高い得点を取れるはずです。

それが、受験生本人にとっては

『得点が上がった!という実感を得て、自信につながります』

つらい受験勉強の追い込み時期ですから、当然不安感に襲われることもあるでしょう。

常に新しい問題に取り組んで、なかなか点数が伸びあぐねて不安になるよりも、勉強を続けてきて、

過去問演習の得点も1回目より上がった!伸びてきている!

という実感を得たほうが、はるかに本人のモチベーションアップにつながるはずです。

もちろん他の教科でも、1回目で得点の低かった問題を、再度演習してみるのはアリだと思いますよ。
自信を持って、本番の入試に臨んで欲しいですね。

ミス直しは完璧でなくていい

解答に悩む女の子

首都圏の中学受験まであと2ヶ月を切りました。

過去問演習を始めたうちの受験生も、なかなか思うような点数もとれずに、間違え直しに四苦八苦しています。

間違え直しをすることで、解法の確認もできるし、自分の弱点もわかりますので、自分の実力も高まってきます。

しかし、

「どうしてもこの問題が解けない。」
「解説を読んでもよく分からない。」

特に算数なんかはそういった問題にぶち当たります。
そんなとき、実は真面目で神経質なお子さんほど無駄に時間を使ってしまう傾向があるようです。

「過去問1回やると、直しまで含めて3時間かかる」
なんて子がいたりするのです…(^_^;)

あるビジネス書に書いてあった言葉です。

『100%を目指すと、80%の2倍の時間がかかる』

確かに突き詰めようとすると、とても時間がかかってしまいます。

もちろん100%が悪いという訳ではありません。
100%完了すると、達成感も得られますし、それなりの洞察力も得られるでしょう。

しかし、『過去問演習をする』という場合に於いては100%直しをすることが必ずしも必要かというと、そうではないと思います。

特に難関中学の入試問題の場合、受験生を選抜するために入試問題は満点が取れないように作られていることが多いです。
合格者の平均点も、6割5分とか7割という学校がかなりの割合を占めています。

最初から、丸を取れる問題が数パーセントしかいないような難問(捨て問)に時間をかけ過ぎるのは、得策とは言えません。  

また、
過去問は飽くまでも『過去の問題』であって同じ問題が出ることはないです。
それならば、もっと丸をとらないといけないようなレベルの問題の類題を数多く解いた方が、本番の入試に活かされるはずです。

過去問演習を行う目的は、

・出題傾向に慣れる
・時間配分の体感
・弱点の把握

となります。

ミス部分の直しをすることはとても大切なことですが、もう残り2ヶ月ありません。
過去問演習のミス直しは全問中8割~9割に留めておいていいのではないでしょうか?

お子さんが
「この問題は無理!解説読んでもわからない」
と思った問題は捨て問にして、限られた時間を有効に使ったほうがいいと思いますよ。

早寝早起きは3問の得!

首都圏入試本番まであと二ヶ月となりまして、受験生も様々な反応です…

「やば~い、あと二ヶ月しかな~い!」
と大半の子が焦りの色を見せ、

「早いなぁ、もうあと二ヶ月かぁ~」
と、今まで長かった塾生活を感慨深く振り返る子もいる中、

「早く受験来ないかなぁ。早く終わらせた~い」
と、目の前の受験勉強から一日も早く逃れたい男の子の発言も…(^_^;)

家庭学習での過去問演習や日曜の特別講座も始まり、時間がなくて毎日の宿題がなかなか回らない!
というご家庭も多いはずです。

D君も要領が悪く、いつも宿題が遅れがちで私から叱られてばかり。
お弁当を食べるのもいつも一番遅いです。
朝ご飯前に毎朝3問やるはずの計算と一行問題の練習もできていません。
どうやら宿題に追われて寝るのも遅くなり、朝起きるのも遅くなるようです。

いつもグズグズしがちなD君ですが、最近D君の生活が変わりました。
D君が言うには、
「お母さんに強引に朝6時半に叩き起こされるんだ。」

本人は、複雑な心境のようですが、(苦笑)
私は、さすがD君のお母さん!と思いました。

朝6時半に叩き起こされる(笑)ことによって、溜まっていた毎朝の算数の練習もできるようになりました。

朝早く起きるので、夜も遅くまで起きないようになり、早寝早起きの健全な生活が送れるようになりました。

そして何より、受験本番に備えて、「朝型」の生活習慣に今のうちから慣れることができるようになりました。

『早寝早起きは3問の得』

やっぱり健全な生活には、健全な精神と健全な学力が育つと思いますよ!