子育て論 トラブル対処

塾の現場でも様々起こるたくさんのトラブル・・・。そんな子供たちが起こすトラブルから子育てについて考えてみました。

宿題をやらなくなってきた 後編

小言を言う母親

今回は前編の続きです。

成績もそこそこ取れている。
4年生までは一生懸命やっていたのに、5年生になってから宿題を
ぜんぜんやらなくなってきた。

最近は言うことを聞かなくて、反発ばっかりしてくる…
といったケースのお話です。

反発している原因は、お母さんをみていると良く分かります。
結構細かい完璧主義のお母さんで、テストの結果をみるたびにミスを指摘します。

「また、こんなケアレスミスをして…」

講師への相談も、より完璧を目指すためには…的なご相談です。

普通に心配性のお母さんなんだと思いますが、心配する余りに、本人を褒めてあげることを
忘れてしまっているみたいでした。

本人としても、受験勉強は、やっていて喜びがないと続ける事はつらくなります。
もともと頑張っていた子ですから、本人なりにも努力をしていた。
そこそこの成績も出している、というプライドもある。

しかし、やってもやっても細かな点を指摘されて、褒められることもない。
扱っている問題は難しくなり、宿題の量はたくさんある。

塾に通っていない学校のお友達は、毎日楽しそうに遊んでいる。
好きなゲームもテレビもたくさんやっている。
お母さんから勉強に関して小言を言われているようでもない…

受験合格のためだと言われるけれど…、
そもそも受験の実感も薄いし、そこまで私立の中学校がいいのかどうかも分からない。

いつしか、つらい勉強をしている意味を感じられなくなって、嫌になってきてしまったんでしょうね。

5年生になると、少しずつお兄ちゃん、お姉ちゃんになっていく時期なので、
お母さんに細かく関わられるのが嫌になってくる時期です。
でもそれは、正常な成長の証なんですね。

そもそも中学受験は精神的に大人の子が強いです。
でもそうなるためには、誰から言われることなく自分で積極的に勉強に取り組むような
心構えが必要になってきます。

上位校を目指すなら、少なくとも6年生の二学期にはそうなっていないと、ですよね。
いつまでもお母さんに頼っているよりは、自分の力で取り組むように、上手く成長を助けていく
必要があります。

そこで、心配性のお母様には、先のお子さんの成長を助けるために、ご協力いただきました。
少しお子さんとの距離を置いてもらい、結果が出た時には褒めることも忘れないように
お願いしました。
塾でもできるだけ本人を褒めてのせるように声を掛けていき、将来の話をして自覚を促していきます。

こうやっていくと少しずつお子さんは成長していきます。
うまく乗り越えていくと、6年生になってから随分と成長をみせてきます。
自分が合格したいから、勉強するようになるのです。

色々と心配事も付きませんが、時には成長のために見守ることも必要。
塾講師とうまく連携を取りながら暖かく見守っていきましょう。

宿題をやらなくなってきた 前編

だらだらする息子と怒る母

すっかり寒くなってきましたね。
時が経つのは早いものですね…(^_^;)

さて、今回は私が何度か経験のあることなので、似たような経験をされているご家庭もあるかもしれません。

「―― 家で全然宿題をやらないんですよ 」

そこそこの優秀生の5年生のお母さんから頂く相談です。

― 毎日8時からやるって決めているのに、

「もう少ししたらやるから…」

とか言って、ダラダラテレビや漫画を観たり…結局1時間以上遅れて渋々やりだすんです。

やり始めると、30分もしないで眠くなって、結局そこでダウン。宿題もほとんど進まない。
毎日がそんな調子なんです…

 

お母さんが気を揉む気持ちも分かりますね。
この手の相談は男の子が多いですが、女の子でもあります。

共通して言えるのは、4年生の頃は真面目にやっていたのに、5年生の二学期頃から宿題をやらなくなってしまった、ということです。

しかも、担当している者からしたら、成績も決して悪くない子たちです。

塾としての対処としては、授業の無い日に本人を自習室に呼び出して、強制的にそこで宿題をやってもらうということ。

まぁ、家でやるよりは塾の自習室の方が本人もやる気になるでしょうし、お母さんも本人が宿題をやる、というので一安心なのです。

しかし、問題はそれで解決したわけではありませんでした。

この手の相談事で、もう一つ共通して感じるのは、本人の親への反発心です。

家でふてくされるのは当たり前。
親から何か小言を言われるのが嫌で仕方ありません。

ある時にはノートやテキストを破ったり。
もう塾には行きたくない、と言い出したり。

またある時は、塾内でお母さんが講師に相談している姿を後ろでお母さんをにらみつけている姿を見ることも…(^_^;)

どうやら、家で宿題をやらないのは、反発心も大きく手伝っているようなのです。

(後編へ続く…)

心を見抜いて対応する

けんかをする男の子たち

とあるクラスの話ですが、塾内でいじめに繋がるようなイタズラがありました。

まぁこういったイタズラなんて、精神的に未熟な小学生の間で起こるのは当たり前の事とも言えますが、やはり可能な限り減らしたいものです。
そのためにも、事件が起こった後の、事後対応が大切です。

犯人は主犯格のA君と副犯のB君。
被害者C君への嫌がらせでした。
複数の目撃証言、本人達の供述から、事件を当人達が起こしたことは明白です。
幸いC君への被害は小さかったようですが…  

教室長から直々に事件の経緯を確認した上で、A君とB君の親御さんに丁寧に事情を説明し、
ほとぼりが冷めるまでは幾つかのペナルティを科すことをお願いしました。  

次の日、A君のお母様から抗議の電話。

「本人はやってないって言っているんです!」  

A君はちょっと幼いのですが、素直に見えて、影で結構嘘をついたり、ズルしてしまう子です。
 (まぁ子供なんて、自分の都合の悪いことは嘘つきますしね…(^_^))  

A君のお母さんとしては、息子さんのことを信じてあげたいのでしょうから、
そういったお気持ちもよく分かります。

結局、本人同伴で話し合って、本人の嘘も発覚してお母さんにも納得してもらえ、
本人も反省したので良かったのですが。
ちなみにA君がイタズラ問題を起こしたのは今回が3回目でした…(^_^;)  

そして、B君のご家庭の対応。
お父さんが出てこられ、息子さんの言い分も聞いた上で、

「経緯は関係ない、他の人に迷惑を掛けたことが問題だ。受験以前の問題だ!」

B君は家庭内で相当こっぴどく叱られたとのこと。B君は反省し、精神的に成長したようです。
その後は、担当の先生たちからのフォローもあり、A君もB君も精神的に成長し、
勉強への集中力も高まったようです。

子供を信じることは大切なことです。
子供が発する表面的な言葉ではなく、内面にある良心を信じてあげればいいんだと思います。  

ただ子供は、親が自分が起こした行動に対してどういう評価をするのかを、じっと見ています。  
それを元に、次の行動に移っていくわけです。

子供の心を見抜く力を持つことは、お子さんが問題を起こす上での抑止力にも
なるんだろうと思います。

そして幼く精神的に未熟な子供が問題を起こすのは当たり前。
それを踏まえた上で、事前事後の対応をしっかりしながら、お子さんの成長を皆で見守っていきたいものですね。

花粉症の悪影響

くしゃみをする女の子

すっかり春めいてきた今日この頃ですが、私のような  花粉症の者にとっては、結構つらい時期です。

今回は、ちょっと横道にそれますが、花粉症についてです。
私は確か中学生の頃、花粉症を自覚するようになりました。

症状とは長い付き合いなのもあり、対処を心得ているので、今はそんなにひどくはならないのですが、最近は子供たちの中でも花粉症に苦しんでいる子が増えているようですね。

最近どこかの記事で、
「子供の花粉症が勉強にも悪影響を及ぼす」という記事を読みました。

調査によると、約4割の家庭で花粉症の子がいるようで…

塾でも最近、担当している生徒が花粉症で目がかゆくて仕方ない、という理由で、宿題をちゃんとやってこなかった生徒がいました。   (まぁ上手な言い訳かもしれませんが…(笑))

確かにこすりすぎて目が赤くなっている生徒がいます。
かゆみを抑える目薬などで対応しているようですが、経験者である私がアドバイスしました。

原因が花粉であることが分かっているので、その原因を取り除くのが最優先。
毎日「洗眼」することによって、かなり改善されることを教えました。
 (もちろん私も毎日洗眼してますし、鼻の奥まで洗浄してます(笑))

さらに過去には、かなり酷い症状が出て、病院通いしている生徒もいました。

その子はこの時期になると水中メガネを大きくしたゴーグルのような『花粉防止メガネ』をかけて、大きなマスクをつけていましたね。
アレルギー症状が酷くて夜も眠れなくなる、とのことですから、そりゃぁ勉強どころではなくなります。

確かに花粉症の症状によって、勉強に集中できないというニュースが出るのもうなづけますね。

また先日、ある生徒がマスクをしているので、

「花粉症?」と尋ねると、
「いいえ」と首を振ります。

「風邪引いてるの?」と聞くと、
また「いいえ」と首を振るのです。

「じゃあ何でマスクしてるの?」となったのですが…
「お母さんの指示」
だそうで…

どうやら最近は子供たちの花粉症発生率も増えているらしく、花粉症にならないように『花粉症予防』 でマスクをさせているご家庭もいらっしゃるようですね。

地域にもよると思いますが、何だか一昔前よりも花粉症の悪影響は広がっているようですね…。
たかが花粉、されど花粉。早いとこ、この花粉シーズンが終わってほしいと願いつつ…

今、花粉症でない方も、いつ花粉症になるか分からないらしいので、お気をつけ下さいませ。

ただただ忍耐

子供を叱る

こんなことって、ありませんか?        

担当している生徒たちを見ていて、私は普通にあります。      

自分では上手くいくと思っていたことが、なかなか上手くいかないことも、あります。    

そんなときは、夜も思い出してなかなか眠れなかったりすることもあります。      

思い通りにいかないと、ついついイライラが募ることもあります。      

でも、子供たちを成長させていく上で、そんなイライラをぶつけたとしても、あまり得策ではないんですよね…      

はやる気持ちをグッと抑えて、忍耐することも必要なんだと思います。      

 

私が時々心がけないといけないと思っているのは、      

・子供はやる気がないのが、あたりまえ。    

・子供が忘れるのは、あたりまえ。    

・すぐに成果がでないのが、あたりまえ。      

少しでも勉強してくれていれば、「良くやっているな…」と思えるようになります。    

今の彼らに合わせて、こちらの対応を考え直すキッカケになります。        

もちろん仕事がら、お母様のイライラを受けることもありますが、 

そんな時もサンドバックになりながら、忍耐です… (~_~;)          

例えば植物を育てるときも、思い通りの実を実らせるには時間がかかるもの。      

必要な肥料と水を与えて、環境を整えて、それでもなかなか実らせない時もありますが、    

植物にイライラをぶつけても仕方ありません。      

じっくり様子を見ながら忍耐していく時期も必要です。      

楽に実をつけてくれる植物は、それはそれでありがたいのですが、    

なかなか育たない植物が、やっとの思いで実をつけてくれれば、その喜びは一塩です。        

 

私も、上手くいかないときは、 授業で生徒たちの様子を見ながら、必要なものを忍耐強く教え、与えながら、ほめて、励まし、  一歩一歩、彼らのスピードに合わせて育てていかないといけないのだな、と自戒するわけです。      

彼らの成長を信じて・・

やっぱり、教育って忍耐が必要なんですよね・・      

でも、適切な忍耐の後には、きっとうれしい実りが現れますよ。

 

家庭不和でIQが下がる!?

今回は、ちょっと耳の痛い話から‥

とあるテレビ番組で取り上げられていましたが、脳科学学者の澤口俊之氏によると、

「家庭内の不和が、子供のIQ(知能指数)を下げる原因になる」とのことです。

円満な家庭のお子さんのIQを0(ゼロ)だとすると、
不和の程度がひどくなるに連れIQは下降し、
DV(家庭内暴力)のある家庭だと、IQは-14ポイントにまで下がるそうです。

更に合わせて、学習障害率が、8%上昇するとのこと  (>_<)

脳科学的な原因は、子供の前で不和な様子を見せると、子供の脳が萎縮してしまい、
程度が激しいと20%も萎縮してしまうのだとか‥

確かに、伸び伸びと知的好奇心を働かせるには、精神的に不安定だと、なかなか難しいでしょうね‥

「精神的な安定」は人が前向きに向上していく上での基礎的土台となりますので、
受験を控えたお子さんのためにも、なるべく家庭内での争い事は避けたほうがいいでしょう。

どうしても必要なときは、せめてお子さんの見ていないところで‥(^_^;)

同時に「中学受験」というのは、人生の中でも数少ない
『長期間、親子が一緒に協力することが必要な、大きなイベント』です。

むしろ、中学受験をきっかけにして、更に夫婦や家族の絆が強まるといいですね。

あまり片意地を張りすぎて、家庭の雰囲気が殺伐をするのもなんですから、
まずはリラックスして、冷静に家族やお子さんための未来を考えてみましょう。( ^^) _U~~

 

くやし涙を原動力に

フィギュアスケート選手

先日のバンクーバーオリンピック女子フィギュア。
注目の競技だったので、ご覧になられた方も多かったのではないでしょうか。

浅田真央ちゃん、銀メダル。ライバルのキム・ヨナ選手には負けてしまいました。残念でしたね…

インタビューでの真央ちゃんの涙を観ていると、ついついこっちも涙ぐんでしまいました…(;_;)

でも、初めてのオリンピックで銀メダルって、すごいことですね。
しかも、真央ちゃんの涙は満足した涙ではありません。くやし涙でした。

くやし涙は、力になります。彼女のフィギュアでのオリンピック挑戦は、まだ今回が初めて。
そして、まだ19歳です。チャンスはまだまだこれからですよね。

さて、似たようなことが受験でも当てはまります。

中学受験で第一志望校に失敗してしまったけれど、第二志望の学校から、大学受験で東大や難関国立大学に合格したという話を意外と耳にします。もちろん、くやし涙が原動力になっていることでしょう。

さらに、第二志望校でトップの学力集団層にいることが、モチベーションを維持する効果をももたらします。

案外ギリギリで、自分の実力以上の学校に合格しても、その後中学校、高校で周りについていけなくて、 精神的にも落ちこぼれてしまうという話も聞いたことがあります。

そう、中学受験で人生が終わるわけではありませんもんね。

真央ちゃんは、既に次のオリンピックで完璧な演技をしたい、と4年後の金メダルに向けて意欲を見せているとのこと。

気持ちの切り替えの早さが、浅田真央の強さでしたね。
浅田真央に学ぶ

さぁ、これから受験に向かう生徒たちも、本番に向けて鍛えていきますよ。
たとえテストで失敗したとしても、次に向けて頑張る気持ちになれば、それは失敗ではありません。

目標に向かって頑張る気持ち、応援していきましょう!!

お子さんの成績&性格別 親としての接し方

居眠り

ご家庭のお子さんを中学受験の勉強に駆り立てる。  

日々の生活の中でも、なかなか思うように行かず、苦労されることも多いと思います。  

今回は、「良い中学受験をする」という目的を掲げたとして、大きく以下の4つの状態に分けて、留意点をコメントしてみました。

①真面目で成績のいい子  

②真面目だけど成績のよくない子  

③不真面目だけど成績のいい子  

④不真面目で、成績のよくない子

 

問題視されることも、少ないでしょうし、親の期待をついついかけてしまいたくなるお子さんですよね。  

本人のペースを大切にしてあげつつ、受験勉強の中に楽しさの要素も感じさせてあげたいところです。  

ただ、低学年のうちに成績がよくても、それが受験期まで続くとは限りません。  

また、ちょっとしたことでスランプに陥ってしまったりすることもあります。  

温かく見守ってあげ、過度なプレッシャーをかけ過ぎずに、応援してあげましょう。

不器用で要領が悪いところがあって、結果になかなか結びつきません。  

結果ばかりをみて、つい「ダメじゃない」などと否定ばかりしていると、やる気を失ってしまいます。  

一番大切なことは、努力を認めてあげることです。  

宿題の量などに追われて、知識が整理されていないこともありますので、まずは机上の整理から。  

達成感を味わわせてあげるように、目標を少し下げて、細かく句切りながら、褒めて育ててあげましょう。  

積み重ねた努力は、必ず実を結びます。

小5前半くらいまでは、こんな生徒もいるんですが、中学受験を行う上では、小5後半以降はあまり見かけなくなりますね。

つまり、低学年でこの傾向があれば、注意です。

一度痛い目にあって、このままじゃいけないと本人が思うような体験が、いつかあるかも知れませんし、そのように仕向けてみる必要があるかもしれません。

ただ、不真面目ということは、案外 芯が弱いという側面もあります。力があることを尊重しつつ、目標をしっかり据えて、努力の大切さを伝えるべきです。

他のできる生徒と比較され、問題点ばかり指摘されて、親としても頭を抱えることが多いかもしれません。  

いったん、他人のことは置いておいて、比較材料を過去の本人にしてみましょう。  

中学受験というのは、どうしても「早熟な」生徒が有利です。  

しかし、子供の成長段階はマチマチで、難易度の高い中学入試の問題に、成長が追いつかない子も多いです。

あくまでも、本人の成長段階に合わせて本人のベストを尽くすように長い目で見てあげる必要があります。  

過度な要求は本人の劣等感を深め、やる気を削ぐことにも繋がりかねません。褒めてあげること、あるいは褒めるきっかけを作ってあげることも忘れずに。

 

さて、簡単にコメントしてみましたが、実際のところ、お子さんのタイプは千差万別、ご家庭の事情も千差万別です。  

100の家庭があれば、100の課題があるものですし、解決方法も一つとは限りませんよね。

そして、全く問題のないご家庭というのもなかなかないものです。  悩みや課題と向き合いつつも、先を見据えて前向きに捉えていきましょう。

お父さん、お母さんの明るい笑顔と応援が、一番のお子さんの活力になるでしょうから σ(^_^)   

発達障害・学習障害について

学習障害ADHD

中学受験とは少し離れた話題になります。あらかじめご了承ください。

先日 とあるTV番組を見ていて、昔担当していたT君という男の子のことを思い出しました。

番組は 発達障害、学習障害の人の苦悩に注目した番組でした。

発達障害の人は子供の頃からある特定分野の学習には秀でているが、他は全くダメといった偏りが見られたり、 周りの子とのコミュニケーションが上手くいかなかったりするそうです。

 

 

T君は、塾に来た小4の頃から担当講師の間で「ちょっと変わってる子」として話題になっていました。

当時小学5年生になったT君を、初めて私が受け持ちました。

そして、初日から驚きました。 続きを読む

子供の嘘

子供は嘘つき

今の時代、少子化でお子さん一人一人が大切な存在です。  そのことは、よく分かります。  

それゆえ、今の子供は恵まれているなぁと感じます。

食事の他にお弁当を作ってくれるのも当たり前、TVやゲームなどのたくさんの娯楽もあり、   子供専用の勉強部屋があって、子供に気を遣ってくれる親御さんが多いです。

お子さんの気持ちをよく聞いてあげることも大切だし、認めてあげることもとても大切です。

でも、わたしは敢えて、適度な距離を保ちながら厳しさを教えてあげることも大切かなぁと感じます。  

ご家庭では夫婦で厳愛と慈愛のバランスを上手にとることが大切ですよね。

いきなり語弊があるかもしれませんが、経験上、「子供はたやすく嘘をつく」と感じます。  

人間、大人であっても自分に危害が加わることを恐れれば、嘘をつきたくなりますよね。

もちろん、嘘も方便という言葉もありますし、嘘も使いようによっては人を助ける場合だってあることも知っています。

しかし、子供のうちはそのような「人のための嘘」よりも「自分を守るための嘘」が多いことはご理解いただけると思います。

塾では、「宿題をちゃんとやった」という嘘や、答えを写したことを自分でやったように見せ掛けたり、カンニングをしたことを隠したり・・

日常的に子供達の嘘を、たくさん見掛けるのです・・(苦笑)

 

以前も少し書きましたが、カンニングが大きな事件に発展したこともありました。

ある講師が「カンニングしただろう」と生徒を追求したところ、

「やってない」と、当然子供は主張します。  

いったん「やっていない」と主張すれば、今度は嘘つきと呼ばれないためにも、その嘘はつき続けなければならなくなります。

 

そのことが親に伝わりました。   お子さんを心から可愛がっていた親御さんは、  

「子供がやっていないと主張しているのに、どうして嫌疑をかけられるんだ」  となり、その親の知り合いで弁護士がいるので、「裁判にかけるぞ」と問題が大きくなりました。  結局問題が大きくなることを恐れた塾側が、校長とその講師が自宅まで赴き、両親に平謝りをして事なきを得たというのです。

しかし、担当していた講師は、    

「あの子は絶対にカンニングしていた。」  とのことでした。

私は、子供が嘘をつくことは仕方のないことで、理解してあげる必要はあると思います。

また、事実をとことん追求して突き詰めることが大切な事ではありません。

子供の頃に基本的に『嘘をつくことは良くないことだ』と教えておくことが大事だと思っています。

そうしないと、結局「嘘をついて逃げる」ことが習慣化されてしまい、そういう大人になってしまうんじゃないかと思うからです。(最近捕まった芸能人みたい・・?)

嘘をつきたくなる気持ちを認めてあげつつ、  嘘をつくことが結局は     「自分にとって良くないこと」だ     ということを自覚させてあげられるように対処したいですね。