やる気を出す小話 その他

なかなかやる気を出さない我が子・・。
ここではやる気が出るような小話を集めてみました。

ご褒美は不純?

ラベルシール

塾には、幼い低学年の子たちのやる気を継続させるために、学習結果に対するご褒美としてシールを渡す習慣があります。

シールを継続して集めると好きな商品に交換できるというもの。

宿題をきちんとやってきたらシール2枚、確認テストで100点をとればシール3枚…など。

このシールシステムは低学年用システムで、商品と交換できるのも低学年まで。高学年になるとシールは配られなくなります。
しかし、なぜか6年生になってもシールを欲しがる子は多いんですね(笑)
やっぱり、努力した成果を、何か形として欲しいのが子供なんです。

こういったご褒美システムに対して否定的な意見もあり、自分もかつてそういう思いもありました。

勉強の動機が自分自身を成長させるためではなく、動機がご褒美になってしまう。
ご褒美がなくたって勉強に取り組めるようになるのが本来の学習だ、と。

確かにそうかもしれません。
過度のご褒美は、動機が不純になってしまうキッカケになってしまいます。

しかし、努力を継続するというのは、本当に大変なもの。
大切なのは、一時的な努力ではなくて、「継続」ですからね。

私は『継続させていく』という観点で、ご褒美はとても効果のあることだと思います。

そもそも大人になってからも、ついつい買い物のポイントとか貯めたりしませんか?
ポイントが目的になっているとまではいいませんが、購入を後押しするキッカケになっていたりしませんか?

買い物を続ける事によって、ポイントというご褒美がもらえる、という人間の心理をついた販売店の戦略にいつの間にか乗せられちゃっているわけです(笑)

疲れた時には、ついつい『自分自身にご褒美』なんていいながら、ちょっと高い買い物してしまったり(笑)
大人になっても深層心理は同じかもしれませんね (^_^)

子供のやる気を継続させるために、叱るだけではなく適度なご褒美も考えてみてはいかがでしょう?

受験生は最後の追い込み!
場合によっては受験後のご褒美をチラつかせ(^^)
悔いのないようにやり込ませましょう!

やる気に関わる自律神経|やる気が上がる算数問題

寒くなってきましたねぇ…。  

冬は苦手です(+_+)     ニュースによると、今年はインフルエンザの流行が例年より早めになるそうです。改めて体調管理にご留意下さいませ。    

「何でうちの子はダラダラしてばかり…」    

「さっきまで勉強していると思ったら、もうボーッとしてる…」    

「いつもやる気がなくて困ってしまう…」        

子供の様子をみていると、不安になったり、イライラしてしまうことも多いですよね。  

 でも振り返ってみると自分自身も、    

「やらなきゃ、やらなきゃ…」    

と思いながらも、ついつい何かダラダラしてしまってやる気がでない…  

そういう時ってありませんか?    

(少なくとも私にはしょっちゅうあります…(((^_^;))  

でも、もちろんやる気が出てガンガン仕事ができる時もある。  

人間って、なぜそんな風にムラがあるんでしょうか?  

 

人間は交感神経と副交感神経という2種類の自律神経が交互に働くことによって健康や生命を維持しています。    

『交感神経』は、活動している時、緊張している時など、主に昼間に働きます。

『副交感神経』は、休息している時、リラックスしている時など、主に夜に働きます。

副交感神経が優位の時は、身体のダメージを回復中なので、もちろん「やる気」は出ませんよね。

今回は時間帯別に起こりがちな自律神経の変化と、できるだけ集中力が出やすい算数の問題など(算数担当なもので…(苦笑))を考えてみました。  

学校の1時間目とか眠い時ってありますよね。    

朝早い時間帯は、副交感神経が優位なんです。  つまり、眠い…(+_+)      

自然に任せると、すぐ交感神経に切り替わらないのですが、試験本番のことを考えて、上手に切り替えたいもの。      

素早く切り替えるには  『計算』です      

答えを覚えていないことをやると、思考を働かせることになるので、交感神経を刺激し、脳の血流が良くなります。    

よく言われる朝食前に計算問題や一行問題をやる、というのは、脳を目覚めさせるのには、理にかなっているんですね。  

午後二時の眠気、って世界共通なんだそうです。

昼食後はリラックスするので、脳が副交感神経を優位に働かせるんですね。    

よく学校の時間割で、午後の授業に美術とか音楽の時間があったと思います。     右脳を刺激することが交感神経を刺激することになり、眠気を覚ます効果があるんですね。

イメージを思い描くときに右脳を使いますので、算数の問題では、      

『図形問題をやる』のがいいです。  

平面図形では、    

(どうやったらここの面積が出せるかな?)  

(どこに相似があって、どこに補助線を引けばいいかな?)    

立体図形はもっと右脳を使います。

(この図形を回転させるとどんな図形になるかな?)  

(この立体をこの3点で切断するとどうなるかな?)    

こんな感じで右脳を刺激していくと、交感神経が活発になり、眠くならずに済みそうですよ。  

夜は一日の疲れが出て、夕食を食べるとそのまま眠くなってしまいそう…      

でも受験生は宿題や、夜の勉強で、眠る前にもうひと頑張りしないと行けません。   実は子供は誉められるとドーパミンという脳内物質が分泌され、交感神経を刺激し、脳の働きが良くなるのです。    

そして、楽しくなることを考えるといいんですね。      

『夕食時に誉めたり、楽しかったことを話したり、受験後やりたいことを語る』      

というのはいかがですか?      

お子さんの脳にドーパミンが注がれて、夜の勉強もはかどること間違いなしです。

このように、勉強するには交感神経を優位にさせなければなりませんが、だからといって副交感神経は悪者ではありません。

副交感神経は筋肉がゆるませ血管を拡げるので、栄養・酸素・体温が全身にいきわたり、身体の修復がおこなわれます。    

副交感神経も健康には欠かせない機能です。

自律神経の切替を上手に行なって、メリハリのある生活習慣を心がけることが、健康とやる気に繋がるんでしょうね。

2つの苦痛 どっちを選ぶ?

岐路に立つ人

何か目標に取り組む際に、2つの苦痛があります。
あなたなら、どちらを選びますか?

● 今、行動するという苦痛
● ずっと後悔するという、じわじわと長い苦痛

 

受験勉強に取り組む時、苦痛が伴います。

本当は自由に遊びたいのに、 成績を上げるために、合格するために、勉強しなければならない。

学校で疲れているのに、ちょっとゆっくり本を読みたいのに、勉強しなければならない。
行動に移すことは、なかなか苦痛ですよね。

一方、勉強は中途半端で適当にやって、受験本番を迎えるという方法もあります。

勉強は適当にやるだけだから、結構楽です。
せいぜい親や先生を怒らせない程度にやっているフリをして、おけばいい。

もし成績が下がって怒られても、その時だけは「勉強頑張る」っていう風に返事をしておけばいい。

そして、受験を迎えて…

受けた学校がことごとく不合格…

周りのみんなが合格して喜んでいるのに。

やっぱり、ショックです。

 

もし、そうなってしまった時に、
何のために、何年も放課後に塾に通って、日曜日もテストで時間をつぶし、お友達と遊ぶのも我慢してきたのか……

その苦痛は一瞬ではなく、何年もじわじわと続きます。

過去の生徒でも、中学受験は連続で受験失敗して、高校生まで学歴コンプレックスに悩んだ子もいました。(その子は大学受験でリベンジを果たしたので結果的に良かったんですけどね。)

まだ小学生の受験生達は、後悔する苦痛をほとんど知りません。

体験したことがないので、想像してもらうしかないのですが、
きちんと話せば、賢明な子は、今どちらの苦痛を選択すべきか分かるはずなんですよね。

苦痛を伴なってしまう中学受験という目標は、やっぱり大変なのですが、
その苦痛を上回る喜びを体験できるのも中学受験の大きな魅力です。

合格した時の生徒達の嬉しそうな顔は、かなり大変な塾講師という仕事のモチベーションになるくらいですからね。

「苦痛を乗り越えれば、喜びが得られる」

とっても大切な人生体験を、受験を通して体感してもらいたいですね。

G.W.は整理整頓

  G.W.(ゴールデンウィーク)はいかがお過ごしでしょうか?

  正直、お子さんもなかなか勉強モードにならないかもしれませんね。

  せめて塾の宿題くらい頑張っておいて欲しいものですが…

  ■ 整理整頓で気分をリフレッシュ

  ご家庭に電話した際、お母様から

  「息子がぜんぜん整理ができない」

  なんてことを言われることが少なからずあります。

  普段から片付けの得意なお子さんは問題ないのでしょうが、苦手なお子さんも多いはず。

  大人であっても、職場の同僚をみていると、性格的に片付けることに難のある人も結構いますし…(苦笑)

  ましてや子供の頃など、自分の経験からも

  「整理整頓しよう、という積極的な意識は極めて希薄」

  だったと記憶しています… (^_^;)

  机の上が汚いと、それだけで勉強する気が削がれますし、

   (あのテキストどこいったっけ?)
  なんて探し物を始めると、、

  いつの間にか目に入った漫画が気になりはじめて、勉強なんてどうでもよくなっちゃったり…(^_^;)

 GWでなかなか勉強モードになれないようでしたら、時間の余裕があるのを利用して、

  お子さんと一緒に机の上や中身を整理整頓してみてはいかがでしょう?

  ○整理の基本は、いらないものは捨てることから。

  まずは、ダンボール箱や大きいゴミ袋を用意。

  「もう使わない」と判断したプリントやテキストは、どんどんその中に入れていく。

  後になって読み返すものって、意外と少ないものですよね。

  ○重要度別に

  1.いつも使うテキストなどはすぐ手に取れる近くに。
  2.あまり使わないものは遠くに。

  算数はココ、国語はココ、と「カテゴリ別」に分ける方法もありますが、量が多くなると探すのに手間がかかってしまいます。

  基本は上記の2点を意識した「重要度別」

  さらに曜日別などそれぞれの事情に合わせてわけると、もっと効率的かもしれませんね。

  整理整頓が苦手なお子さまでも、一緒に片付けてあげると「片付け方」を学ぶ良いキッカケになります。

  整理整頓して、気分をリフレッシュ。

  GW以降の勉強をスッキリと始めてみるキッカケにしてみてはいかがですか?

できる子の特徴

数多くの生徒をみていると、どんなタイプの子が伸びる子で、受験で成功するタイプの子なのかが経験的に分かってきます。  

そこで、今回は出来る子、成功する子の特徴を4つに絞ってみました。

特に先天的なものではなく、後天的に養うことができる特徴に着目したいと思います。

問題を解決することに積極的。  目の前の課題を解決するために、自分で調べたり、人に聞くなどして納得しようとする。

やはり、よく質問に来る子は伸びていきますし、分からないところをそのままにしても平気な子は伸び止まります。

コツコツと継続して努力できる子。  

実はこれ、物凄く大変なことです。    

将棋界で大記録を保持している、羽生善治棋士が言っていましたが、   本当にすごい人というのは、『努力を継続できる人』だとのこと。

まさに、「継続は力なり」ですね。

負けん気の強さです。普通は、2、3回失敗すると挫折し、やる気を失ってしまうものですが、何度も失敗しても、あきらめない。負けじと立ち向かう心です。  

これは勉強に限らず、成功するための必須条件と言えるでしょう。

 

以上の3点は、背景に「目的観を強く持っている」ことがあげられると思います。      

普段こういう性格じゃない、と思われるお子さんも、  

『○○中学に絶対合格したい!!』    

と強く思うことによって、積極性も継続性も粘り強さも自然と醸し出すようになるものです。    

それには周りの応援や励ましも多く影響してくるでしょう。

自分がどうすれば実力がつくか、都合良くこなせるかを自分なりに考えることができる。    

できる子というのは、自分なりの勉強スタイルを確立させていたり、計画性を持って勉強にとりかかることができる子がほとんどです。      

これは成長の度合いによるところが大きく、幼いお子さんの場合は大人のサポートが必要かもしれません。    

中学受験は早熟な子が有利という言葉がありますが、単に記憶力が高いというだけではなく、自分なりにどうすれば成果をあげることができるかを考えられる論理性のある子が、やはり強いです。

お子さんによって課題は様々でしょうか、最初の3点は、お子さんに意識させることによって高めることはできるはずです。    

「成功する人っていうのは、こんな人が多いんだよ。」などと紹介するだけでも意識を高められます。

4番目の論理性は、大人のサポートが必要な場合もあるでしょう。 塾の担当のアドバイスなどを参考にしながらやるべきことの優先順位を決めてあげるだけでも良いかと思います。    

そして、色々ためになる考え方を教えてあげるといいですよね。

『人は「考え方」を手に入れたとたん、頭が良くなる生き物である。』  

(どっかで聞いたことありますかね(笑))

受験は山登り

受験は山登り

 夏休みとなりましたが、皆様いかがお過しでしょうか?

中学受験に取り組むことになると、実に様々なことがあり、つらい気持ちになることも多いですね。      

暑さでなかなか勉強が思うように進まなかったり、弱点単元がたくさん出てきて苦労したり、宿題に追われて嫌になっちゃったり…

時には良い点が取れてうれしかったり、クラスが上がってうれしかったり…

日常生活の中で本人が言うことを聞かなくなって苦労したり、時には成長が見られてうれしかったり…

それぞれのご家庭で、いろんなことがあるものです。

 

最近思うのですが、  中学受験って、「山登り」みたいだなぁって…

「山登り」って、基本的に「登る」わけですから、楽じゃないんです。

飛行機やヘリコプターなんて使わずに、自分の足で登っていかないと、合格がもらえません。  だから、「基本的につらい」んですよね。

でも、頑張って中学受験という山の頂上まで登ることができたら、頂上にヘリコプターが待っているんですね。

今まで頑張って登ってきた達成感という絶景の景色を見せてくれ、培った努力と親子の絆というプレゼントももらえ、さらには高校受験という次の山を飛び越えてくれます。

確かにヘリコプターの数には限りがあるのですが、それでも思ったよりたくさんのヘリコプターが待っています。

調子のよいときにはどんどん登っていけばよいですが、時には調子の悪くなるときもあります。山登りが嫌になるときもあるでしょう。

でも、眉間にシワをよせてばかりいても疲れが増すことも。

そんなときは、ちょっと休憩したりしながら、歌でも歌って、元気に登って行くことも大切ですよね。

というわけで、山登り業界に身を置く私も大変なのですが、塾講師という山登りガイドとして、これからも勤しんでいく決意でございます…(^_^;)

現在も夏期講習会で頑張っておりますよ。  

特に小6は総まとめ。毎回の授業は無駄に出来る時間がありませんねぇ・・  

 

 「受験は山登り」お互い頑張っていきましょう!

良いところを見つける

仙人

さて、AさんとBさんの違い、わかりましたか?
同じニシ村に同じ期間住んでいるのに、認識が全く逆ですね。

ニシ村の、「どこに注目するか?」で、気分が全く違ってしまいます。

Aさんはニシ村の良いところに注目し、Bさんは、悪いところばかりに注目したのでしょう。

村も、町も、物も、人間も、お父さんも、お子さんも、そして自分自身も、なかなか完全に素晴らしい存在というのは見つけにくいですね。

もしもBさんのような人に、自分自身の悪いところばかり見られたとしたら、つらいものがあります。

 

お子さんにも良いところ悪いところがあるでしょう。

未熟な子供に対して良いところよりも悪いところに目が行くのは自然なことですが、もちろんお子さんの良いところはたくさんありますよね。
何事もバランスや捉え方が大事。

期間の長い中学受験…
良いところを見つける癖をつけておくことも大事ですよね。

楽な方へいきたがる…

アッカンベー

人ってどうしても楽な方へいきたがりますよねぇ(笑)

とある授業の風景から…

まだ、担当し始めて間もない理科のクラス。   全体的に出来が良くないので、私も気合を入れます。        

この授業では、確認テストで75点以上をとれないと、居残り再テストをさせられます。

生徒たちは言います。

「先生、合格点を50点に下げてください!」    

「先生、せめて60点にしてくださいよぉ」

みんな、居残り再テストをしたくなくて、必死です…(^_^;)

意識の低さは、成績の伸びない大きな要因の一つですよね。  

私は強い口調でクラス全体を戒めます。

 

以前も似たような話をしたんですけど、すっかりみんな楽な方にいきたがっちゃうんですよねぇ…

でも、以前に同じ話をしていたからこそ、今回の私の説教には納得してくれた生徒が多かったようです。      

やっぱり、大切なことは、何度も話していくことは大切ですよね。

授業後、生徒の一人が私のところにやってきました。

その生徒は最初のテストで合格点を取れずに、再テストを行い、その再テストが終わって私のところにやって来たのです。

「先生、もう一枚テスト下さい。」

「はい。僕の苦手なところなので、もう一回やっておこうと思って…」

えらいですねぇ。  

言われたからやるのではなく、自ら学ぶ姿勢が身について来たようです。

こんな生徒は応援しがいがあります。  

必ず伸びていきますからね。

…さて、私もこんな生徒を見習わないとな…(^_^;)

クリアする喜び

  突然ですが、『SASUKE(サスケ)』ってご存知ですか?
 
 
 TBS系列のテレビ番組で時々報道されているスポーツエンターテイメントです。
 
  巨大フィールドアスレチックの各ステージに設置された さまざまな障害物を、アクションゲームのようにクリアしていきます。
 
  一つ一つの障害物がとても難しく、途中で池に落ちたら失格です。
 
  制限時間内に、全ての障害物を超えるとステージクリアとなります。
 
  有名人や屈強なアスリート達が挑戦していきますが、クリアできるのはほんの数名という難しさ。
 
 
  TVを観ていると、これがなかなか面白い。
 
  一生懸命障害を乗り越えていく出演者と気持ちが重なり、成功すると思わず拍手をしたくなり、失敗すると一緒に溜め息をついてしまいます。
 
 
  人間というのは不思議な生き物で、困難な障害があると、やっぱり乗り越えていこうとするんですねぇ。
   
  たかがTV番組の企画とは侮れず、このSASUKEをクリアするために、仕事を転職して日夜トレーニングを重ねてきた出演者や、
  わざわざ海外からSASUKEのためにやってくる出演者もいるんです。
 
  クリアできなかったら、悔しさを持ち帰って、また次の機会に向けてトレーニングを重ねるんです。
   
  番組を見て、改めて感じたのですが、それだけ人間というのは、目の前にある”困難”に対して、
  「チャレンジする精神」と「達成する喜び」を求めているものなのですね。
 
   
 
  さて、早速勉強にも応用です!(^_-)
 
 
  「今日はSASUKE式授業だ!」
 
  「まず1stステージは計算テスト8分で90点以上がクリア!」「ヨーイ始め!」

 
  ってな感じで、生徒たちはみんなアスリート気分(笑)
 
 
  「2ndステージは基本問題10問を12分で9問以上!」「ヨーイ始め!」
 
 
  やり始めると、みんな気持ちが乗ってきて、必死に頑張ります。
 
  丸付けした後、クリアまでに正解が1問足らなかったりすると、とっても悔しがります。
 
  そして、クリア条件を満たすと、とっても嬉しそうです。
 
 
  ついでに各ステージごとの成績を板書きして、「競争心」も盛り上げます。
 
  当然、提出した宿題の出来具合も、成績に反映させます。
 
 
  ファイナルステージは確認テスト、100点取れるまで帰れません・・(笑)
 
 
  SASUKE式授業は好評で、授業後には
 
 
  「先生、また今日みたいのやってよ!」
 
  との声が。(復習回の時しかできないけど・・・)
 
 
  息の長い中学受験勉強。
 
  特に非受験学年には、短期目標を与えて、それをクリアする喜びを持たせながら、モチベーションをあげていきたいですね。

sasuke.jpg

 


やればできるじゃないか!

できない子

小6の理科中位クラス(約15名)での話です。

H君はクラスの中ではいつも一番ビリ。  

集中力もなく、覚えることも苦手。

何より、勉強への意識が低く、宿題もやってこない、授業中もなんとなくやる気がない感じ…

どの科目の担当からもH君への評価は最悪で、しょっちゅう叱られていました。

私の授業では毎回理科の基礎知識の確認テストを行います。

そして合格点の75点を越えられないと再テストになります。

多少難しめのテストですが、出題範囲は決められているので、しっかりその範囲の内容を覚えてこれば合格点は越えられるはず・・・

なのですが・・・

・・H君は、毎回再テスト。  しかも毎回30点くらい・・・

何度も何度も再テストが続くので、さすがに普段は穏便な(?)私も、H君を叱責!!

本当に頑張って勉強したのに覚えられなくて、というのではなく、H君自身のテストに対する意気込みを感じられなかったのが叱った原因です。

受験勉強への取組みの大切さを改めて伝えた上で、「次回のテストでは絶対に1回で合格点を取ってみよう」と提案。

「できるかい?」 と尋ねると、

「うん、多分…」 と頼りなさげな返事…

テスト本番の日まで、H君とすれ違う度に  

「1回で合格だぞ」 

と念を押しました。    

 

そして、テスト当日。

H君のテストの点数を見ると…

何と、「94点」!!  クラスで2番の成績でした。 

私も含め、他のクラスメイトも驚きました。

私はみんなの前でH君を絶賛。

 

「やればできるじゃないか!!」

H君もはにかんだ笑顔でうれしそう。  

その日はクラスのヒーローでした。

今後もこの状況が続くといいのですが…(^_^;)

ともあれ、普段は褒められる事がめったにないH君にとって、この成功体験は貴重な体験になったと思います。

スランプが続く時、精神的な助けになるのは「小さな成功体験」です。    

そんな「小さな成功体験」を大切にしたいですね。

そして、いつも前向きに努力する事を教え続けてあげましょう。       

それが、私たち大人の役割ですよね。

100点取った