中学受験の小6担当奮闘記|上半期

中学受験の小6担当奮闘記。いよいよ受験生!上半期の心がけや起こった事件など・・

立体図形が苦手

立方体

受験算数では立体図形の問題が出題する学校が多数あります。

特に立体への認識力が試されるのは、立体の切断問題。
塾では小6で習うことが多いはずです。

この立体図形の問題。
割とスムーズに出来る子もいるのですが、本当に苦手な子もいます。

平面上の紙の上に立体の見取り図を書くのですから、見ようによっては全く立体に見えないわけですね。
実際に立体の模型を使って考えるのが有効なのですが、手作りの立体ではちょっと限界が…(笑)

立体図形は脳の構造上、男の子は得意で、女の子に苦手な子が多い傾向にある、と言われています。
私も漠然とそう思っていたのですが…

残念ながら、今年は最上位クラスの生徒なのに、本当に立体図形が苦手な男の子に出くわしました…(^_^;)

特に立体の切断になると、とんでもないところに切断面を引いてみたり…
ちょっと複雑になると、

「全くわからない!」

といって、投げ出してしまう始末…(^_^;)オイオイ

やっぱり脳の構造だとかが性別で決まると安易に考えるのもいけませんね。

立体図形なんか捨てたらいい、という講師もいらっしゃるようですが、立体の出題が少ない女子校を受験するならまだしも、男子校志望の生徒にこの単元を捨てさせるわけにはいきません。

**********************

立体図形問題を克服するためには、まずは頭の中で、立体のイメージをつける訓練をすればいいわけです。

対策としては、

●立体の見取図を、毎回描かせる

という、原始的な「絵を描く」という手段が有効です。

最初は下手くそな絵なんですが…(笑)
何度も描いているうちに、段々と立体のイメージ感覚を描きながら掴んでいくようになります。

もちろん、立体のイメージが掴めた後は、よくある求積問題などでは、

○必要な部分を平面で捉えて相似形などで長さを導き出す
○相似の体積比などを使った工夫
○一つの式にまとめて計算を工夫

などなど、諸々の工夫や計算力も必要になってきますが…。
後は練習ですね。

まだお子さんが小6の受験生ではないご家庭では、後で困らないように、低学年のうちから積み木や知育玩具などで立体感覚を身につけておくことをお勧めしますよ。

やっぱり実物を見て経験から得た立体図形のイメージが一番ですからね。

さてさて、夏は立体図形に力をいれないとな…

 

塾カバンの想い出①

塾のカバン

首都圏ではまだまだ寒さが残り、急に雪が降ったりもしましたが、少しずつ春らしくなってきたようですね。 

 塾では新学年が始まり、新しい教材でうれしい時期かもしれませんが、     反面、どの教材をどう使うのかがつかめずに、全てをパンパンに詰め込んだ重たいカバンで通塾されている時期かもしれませんね。

クラスにU君という男の子がいました。    

授業が終わるとみんな教室から出て行きますが、U君は、いつも一人取り残されます。      

まず一つ一つの行動が遅いのですが、それに加えて、毎回教材をカバンに詰め込むのに苦労しているのです。    

というのも、ほぼ全ての教科の使わない教材まで全部カバンの中に入れているので、カバンは常にパンパンに膨れ上がっています。      

さらに重いカバンを背中に背負うのが好きなのか、弁当箱まで毎回カバンに詰め込むのです…      

そのため、私が詰め込むのを手伝う始末…(^_^;)      

「テキストの解答なんて塾で使わないだろ」

「教材を整理して持ってくるように」  

「パンパンで壊れそうなカバンが可哀想だ」    

などと、何度も言うのですが、U君は、なかなかカバンをスリムに出来ないようでした…(^_^;)      

通塾始めの小4から使い始めた、   いつ弾けて壊れてもよさそうな塾カバン…       ボロボロになりながらも、通塾期間を耐え忍んでいました。        

私も呆れ果てた末に、小6の最後の頃には、    

「このカバンは受験勉強を頑張った証。受験が終わったら、記念に飾っておかないとね。」    

と言っておきました…(^_^)      

そんなU君も、見事第一志望の御三家中学に合格を果たしました。   本当に記念になる塾カバンとなったようです。      

どうやらカバンの整理能力と成績が正比例するわけではなかったようです。    

まぁU君は、ちょっと偏った才能の持ち主でしたが…(笑)      

でもやっぱり、整理整頓は大切だと思いますけどね…(^_^)

 

塾カバンの想い出②

やる気向上の強力な助っ人

  “五月病”なんて言葉がありますが、GWが終わって何となく怠慢な日々を過ごしてしまいがちなこの時期かも知れませんね。      

先日、そんな五月病をすっかり吹き飛ばしてくれた強力な助っ人が現れました。

今春の受験を乗り越えた塾の卒業生が、中学生になって訪ねて来てくれたのです。

面倒を見ていた講師達にとっては嬉しいものです。    

第一志望だった同じ難関中学に進学した二人の女の子は、何だかとっても元気な笑顔。

そのうちの一人は、通塾中は大人しくて有名なくらい静かだったのに、晴れて第一志望に合格して楽しい学校生活を送っているのでしょう。     驚くほどに、明るく元気になっていました。  

やっぱり、『第一志望合格』の力は凄いですね。

私は早速二人に、現役6年生を応援してくれるようにお願いしました。

授業の冒頭に二人を教室に招いて、それぞれの塾での思い出などを先輩として語ってもらったのです。      

講習会で計算テストでなかなか100点がとれなくてつらかったこと、    

受験直前の1月になったとき、学校別対策クラスで成績が落ちてクラスダウンし、泣きそうになったこと、    

今の学校の先生が面白くて、楽しい学校生活を送っていること・・・        

色んなアドバイスもくれました。        

後輩達は真剣に先輩の証しを聞いていました。          

最後に、先輩二人は自分達と同じ志望校を目指している子に向かって、      

「頑張って!待ってるからね~」    

と、激励のメッセージ!!  

後輩達にとっては、いつも同じことを言っている講師の我々よりも、何10倍もやる気が出たかもしれません(笑)      

やっぱり、最近まで同じ環境で頑張っていた先輩の激励は大きいですよね。    

tyugaku_s.gif

今回は、たまたまタイミングが良かっただけで、いつでもどこでも得られる経験ではありませんが、 やはり運動会や文化祭などの学校見学などに出向いて、志望校の先輩の様子や雰囲気を肌で感じることって大切かもしれませんね。

1問に笑い、1問に泣く

一問の差

かつて担当していた3番手クラスから、偏差値60のW中学校に合格がでました。 (かつてのSピックスさんの大きな校舎では、5番手クラスから合格が出ていたことがあったらしいのですが(@_@)、通常なかなかありませんよね・・・)

しかも、2名も o(^-^)o

もともと実力のある子達だったのですが、第一志望のW中は さすがに合格圏に安心していることは一度もなかった生徒達です。

そんな本人達が報告してくれた“合格の決め手”が、私を喜ばせてくれました。

私が冬ごろ授業で「こんな問題もあるんだよ」と言って取り上げた問題と、ほとんど同じ問題が、何と見事に本番の入試問題で出たというのです。(大問5でした)

知らない子ではなかなか時間がかかってしまう難問です。  

彼等は解き方のテクニックを私から教わっていたので、その問題をなんなく解き、それで12点を確保できたとのこと。

まさか、本番で出るとは思っていなかったのですが、うれしい報告でした。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・

それとは別の話ですが、受験後ある生徒が「絶対に合格だよ!」と自信満々で帰ってきました。

第一志望校です。    

しかし、結果は補欠・・・

繰り上がり合格を期待したのですが、結局繰り上がりの連絡は来ませんでした・・(T_T)

あと1問合っていれば、合格だったでしょうに・・・・    

悔やまれます・・

毎年『1問の大切さ』、身をもって体験します。

倍率の高い学校になると、合格ライン上に100名くらいがひしめき合います。

ちょっとした油断やミスが、明暗を分けてしまいます。    

そう、まさに1点の勝負です。

ただ、受験未経験の子供達には なかなかそのプレッシャーと緊張感はわかりません。    

教える側も、ただ強くプレッシャーを与えても、本人たちも堪えられなくなる子もいるでしょう。  

日頃の小さな積み重ねが大切ですよね。    

大きなテストの結果などを通して、少しずつ現実の厳しさも教えていってあげるようにしましょう。

ただ、ミスばかりを見つけて責めても、本人はやる気を失ってしまうもの。    

褒めるところは“大いに”褒めつつ、出来るところを伸ばしていくことも、お忘れなく。

7000名中、2位なのに

塾に通って来ている生徒にも、家庭事情によって色んな生徒がいます。  

T君は、小6受験クラスの中でも とっても優秀です。

特に算数は、いつもクラスで1番で、他の生徒からもとっても尊敬されています。

「T君の脳みそ、半分分けてくれよ~」  

そんな冗談がクラスメイトから聞こえてきます。

宿題も、私が指示していない範囲の難しい応用問題まで自主的に解いてきます。

例年そうですが、最上位クラスで訓練を積んだ「できる男の子」は、算数のひらめきの力は講師を追い抜いてしまいます。

それくらい天才的なひらめきを見せてくれます。 (弟子が師匠を超えていく。これが最上位クラスの醍醐味とも言えます。)

T君は、このタイプの男の子です。

最近、受験生約7000名が受けた大きなテストがありました。 算数は150点満点で、平均は60点。T君は144点(1問ミス)で、偏差値は76! (@_@)   

約7000名の受験者中、第2位でした。

国語も偏差値70を超えていました。

 

そんなT君ですが、

彼は決して勉強に対して厳しいご家庭に育っているわけではありません。お父さんもお母さんも、温和な感じのご家庭です。

そして、T君は最上位クラス生ではありません。  

御三家志望者でも、早慶志望者でもありません。  

国立附属の志望者でもありません。

算・国の2科しか勉強していないのです。

それでは、2科受験でいくのか?

違います。

T君は、中学受験をしない予定なのです・・・

来年家庭の事情で、海外に行ってしまうことが決まっているのです。

それでも、勉強していることはいずれ役にたつということで、本人の希望もあり、今も仲間たちと一緒に勉強を続けています。

確かに受験勉強で培われる学力は、受験ですべて終わってしまうわけではありませんよね。

T君は、受験する周りのみんなを応援しながら、自分自身の学力をみんなと一緒に磨いています。  

この夏も、みんなと共に・・・

 

小6夏期講習会前のクラスダウン

悔しい

夏期講習会前のこの時期、多くの塾では個別面談が行われたのではないでしょうか?

さて、小6受験生である場合、すでにこの時期に受験の併願パターンも視野に入れて面談で話し合われたかもしれませんね。

私も今回個別面談の機会に30名くらいの受験生のお父さん・お母さんとお話させていただきました。

四谷系の塾では合不合判定予備テストの結果も出てきましたので、各ご家庭一喜一憂されたかもしれませんね。
(私が電話したら、テストの結果が悪くて泣いている子がいました。)

そして、中学受験の厳しさをひしひしと感じられていらっしゃるかもしれません。

 

さて、子供達は頑張っています。
頑張っていても、大きなテストで偏差値60以上を出すことは、簡単なことではありません。
中学受験の偏差値60以上は、高校受験の感覚で言うと、偏差値65~70以上です。
簡単なはずがありません。

さて、うちの校舎では、小6夏のこの時期に、大きくクラスの変動を行います。
クラスが上がる子もいますが、もちろんクラスが下がる子もたくさんいます。
(うちの校舎では平均点をとっても4番手のクラスだったりしますので、割と熾烈なほうだと思います)

クラスがダウンすると、まるでお子さんが否定されたようで、本人も親御さんもプライドが傷つくかもしれません。

「何でうちの子がクラスダウンなんだ!」
と、クレームを言ってくる親御さんも時にはいます。

入試半年前に、クラスダウンはヒドイと思われるかもしれません。
でも、それは違います。

この時期が、クラスダウンによって成績が伸びる最も効果的な時期なのです。

考えてみてください。
中学受験は、1点でも合格点に満たなければ、落とされます。
いくら学校にクレームを入れても、合格に変えてくれることはありません。
ものすごくシビアな世界です。

そのシビアな世界に立ち向かうのが、中学受験なのです。

少なくとも、うちの校舎では、そのシビアな体験を事前にシミュレーションさせます。
点数が悪ければ、クラスを落とします。

ただクラスダウンさせるのではなく、夏期講習会後のテストによって、クラスを再び上げる条件もつけます。

受験生の夏は、本当に本人達の頑張りによって大きく差の開く時期です。
幸い、どこのクラスであっても基本的には総復習&弱点補強をしていくべき時期でしょう。

頑張る子は、授業以外の時間も自習室や図書館などで勉強をする時期です。
それ故、例年この時期にクラスダウンした子は、夏必死に頑張ります。
結果的に、秋以降の成績が伸びていくのです。

親御さんが必死にクラスを落とさないで下さいと懇願するケースもあります。
考えてみてください。

塾で出来るだけ上位クラスに在籍していることが目的ではありません。
受験本番で合格を勝ち取ることが目的です。

例年の入試結果を見て思うのですが、
上のクラスの中で成績が下位の生徒よりも、その下のクラスの中で成績が上位の生徒の方が、最終的に入試の結果が良いという傾向があります。

いずれにせよ、慣れたクラスに甘んじてしまうよりも、必死に頑張った子の方が伸びてくるのは当然の結果ですよね。

もしも、この時期にクラスがダウンしてしまったり、あるいはテストで悪い結果だったとしても、この時期だから良かった!と気持ちを切り替えて、この夏精一杯頑張っていきましょう!

受験生が見た夢

授業後、夢の話になりました。  

「夢の中でもね、テストをやっていて、算数で100点を取った夢を見たんだ。」  「(笑)   きっと正夢になるよ」

「あとね~、なんかよくわかんないけど、国語の点数が悪かったのに偏差値が65でね、算数の点数がすごく良かったのに偏差値が15だったっていう夢も見たよ。」

「偏差値15??・・・  そりゃ、やっぱり夢だな(笑)」

ある別の女の子が言いました。  

「私ね、受験が全て終わって(やったぁ~)って喜んでいたらね、パッと目が醒めてね、(あぁ、夢だったのか・・)って、ガッカリしたんだよ。」

「・・・・・そうかぁ・・。半年後には現実になるよ。」

毎日の受験勉強に、頑張っている子ほど疲れがあるかも知れませんね。

それでも、塾講師はプレッシャーをかけ続けていきます。 (残酷ですねぇ・・)  

夢の話を聞いて思いましたが、その女の子だけではなく、(早く受験が終わらないかな・・)って内心思っている子はたくさんいるかもしれませんね。頑張っている子ほど。

勉強疲れに勝る、希望を与えていかないといけませんね。  

ご家庭でも、プレッシャーばかりではなく、ぜひ希望的な話をしてあげてくださいませ。健全な受験勉強のために。

 

もう受験生。ようやく、自覚? (笑)

不安な気持ち 中学受験

四谷大塚のカリキュラムだと、小6は今週で新しいカリキュラムが終わります。

今後は復習カリキュラムとなるので、受験生として学ぶカリキュラムは、今週でひと通り終了、というわけです。

「今日でカリキュラムは終わりだね。」

私は、小6の授業前に生徒達に投げかけました。
ある女の子がポツリと言いました。

「なんか、早いな~」

考えてみると、その子は確か小4から通塾してきているので、2年以上は通っているはずなのですが、その子の印象は「やっと終わった」ではなくて、「早かったな」だったようです。
 
「あ~あ、もう受験生か・・」

「そうだよ(笑) もう受験まであっという間だよ」

今までも、「君達は今年受験生なんだから、今年は頑張らないと!」とハッパをかけてきたのですが・・(苦笑)

受験勉強のカリキュラムが一通り終了することをキッカケにして、改めて自分が半年後に受験に突入するという実感が湧いて来たようです。

その子はちょっとのんびりタイプの子でしたが、案外他の子も似たような感想かもしれませんね。

そうです、もう受験です。

お父さん、お母さんの心の準備もだいじょうぶでしょうか?
おそらく、各塾では夏期講習会前に個別面談などがあるのではないでしょうか?

今の成績を基準に、半年後の受験パターンまで話すことになるかもしれませんね。

来週は総合回テスト、再来週は合判予備②。
そして、山場の夏期講習会を迎えます。

本番を見据えて、この夏を有意義に乗り越えていきましょう。

 

 

先生の宿題

挙手

クラスで一番算数が出来るF君からの質問から始まりました。

「先生、この問題ができない。解答と違う答えが出る。」

持ってきたのは、「四谷大塚 演習問題集小6算数」の円が転がる問題。

大きな円の中を小さな円が転がる問題で、状況を掴みにくく、簡単そうで難しい問題でした。

「へぇ~どうやってやったの?」

F君は一生懸命説明してくれたが、頭の回転の速い男の子にありがちで、何を言っているのかよく分からない・・(笑)

どうもその説明内容も何だかおかしい気がしたのですが、図形が転がって動く問題なので、どうも説明しにくい・・

そこで、テキストの解答を見てみたのですが・・・ これまた訳がわからない・・・。 納得いく説明が書いていないのです。

その場で自分なりに解答を出してみましたが、F君とも、テキストの解答とも違う答えが出ました。

自分の解答にも自信がなく、説明もしにくい問題だったので、この問題を少し研究してみようと思い、F君には

「じゃ、この問題は先生の宿題にする。後で必ず教えるから。」

といってその場を乗り切りました(笑)

さて、早速家に戻って再度じっくり取り組んでみると、やっぱりテキストの解答は納得がいかない。

(答えが120度?この説明も納得がいかない。おかしいな・・これ90度じゃないかな・・・)

さて、動く図形や立体図形などイメージがつきにくい問題は実際にその図を作って、実際に動かしてみる事です。

早速実際に図形を作って、転がして見ると・・・

「やっぱり、90度になる!」

自分で実験して証明できると、自信がつきますよね。

どうやらテキストの解答が間違えていたようです。 こんな事もたまにあるんですよね。

次の日さっそくF君に教えてあげました。

こんなことがあると、少し嬉しかったりしますよね。 この問題に関しては、記憶にしっかり残ります。

日々の宿題をただノルマのようにこなすだけでなく、 時には気になった問題を突き詰めて研究してみる事もお勧めしますよ。

愚痴を言いたい女の子

愚痴る女の子

週末のテストが終わると、女の子の生徒が思い思いに感想を言いにきます。

「今回は算数が80点も取れたんだよ~」

「合計で240点だったよ。成績優秀者に名前が載るかな~」

褒めるところは褒め、意見するところは意見します。

「すごいねぇ~。よく取れたねぇ~」

「大問1の計算でのミスは痛いなぁ~。本番では丁寧に注意して絶対ミスするなよ。」

小6は学校では最高学年になり、受験生になりましたが、まだまだ子供なんですよね。

 

やっぱり、褒めてもらいたい気持ちもあるのでしょう。

さて、点数が良かった子ばかりではありません。

点数良かった組が帰った後に、 点数悪かった組が私のところにやってきました。

「何点だったの?」

「もう私ダメ~・・・。聞かないで。」

「もう~。ほんとに嫌、嫌、嫌。」 「何で勉強したのに、点数取れないのかな~」

「解説見てもわかんないし」

「わかんないところたくさんあるし」

「もうホントにいやんなっちゃう・・・」

 

どうやら、愚痴はしばらく止まりそうにありません。 本人達いわく、愚痴を言いたくなるそうです。

やっぱり、女の子ですね。

しばらく、愚痴を聞きながら、 「単元テストは取れなくても、ちゃんと復習して、総合テストで取ればいいんだよ。」

なんて言いながら慰めていると、ようやく落ち着いてきたようです。

「どれが分からなかったのか、わかんなかったら早いうちに質問しな。」

ようやくおもむろに分からなかった問題を出し始めました。

 

さすがに、男の子で愚痴を言ってくる子はいません。

男の立場からすると、愚痴を言っている暇があったら、さっさと間違えなおしをすればいいものを、と思ってしまうのですが、なかなかそう割り切れたもんでもないようですね。

女の子は。

受験の指導方法も、男の子と女の子とでは手法を変える必要があるんですよね。

女の子の場合、たまには愚痴を聞いてあげて、本人のわだかまりをスッキリさせてあげる必要もあるようです、はい。