早慶上智が狙えるお得な学校2012

ご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、
5月19日号の週刊ダイヤモンドに
「決定版!中高一貫校・高校ランキング」という特集記事が多くのページを割いて掲載されていました。

特に中学受験を考える上で興味深い、入り口偏差値56未満で
「早慶上智を狙えるお得な学校」に着目してみました。

中学入試は比較的易しかったのに、大学合格実績は良いのだから、6年間の教育でそれだけお子さんの実力を伸ばしてくれるので、別名「伸び力ランキング」と言っても良いでしょう。

有名大学附属中学が実質倍率4倍以上となりがちな中、選択肢の中に入れてみるのは良いのではないでしょうか。

■早慶上智への合格力伸長ランキング   (入り口偏差値47以上 56未満)

順位 学校名 06年偏差値 12年偏差値
1 広尾学園 35.0 55.3
2 学芸大竹早 56.5 53.0
3 順天 38.1 47.0
4 帝京大学 50.7 50.7
5 学芸大小金井 60.0 55.0
6 桐蔭中等 53.8 55.8
7 穎明館 55.3 50.3
8 淑徳 42.0 49.1
9 佼成学園 42.8 49.0
10 富士見 48.3 51.3
11 明治学院 44.3 47.5
12 国学院久我山 51.0 54.3
13 桜修館 53.0 55.0
14 高輪 51.8 54.0
15 聖園女学院 46.0 47.3
16 東京純心 45.3 47.0
17 大宮開成 46.0 47.9
18 江戸川取手 52.5 53.5
19 山手学院 52.0 53.0
20 獨協 46.5 48.3

(週刊ダイヤモンド2012年5月19日より)

とりあえず、ベスト20だけ並べてみました。
広尾学園の躍進は凄いですね。
今年は早稲田大に7人、上智大に7人、東京理科大に14人ほか難関大に相当数の合格者を出したそうです。

2007年に共学化、校名変更してからここ数年で上昇してきた感があります。
学園長さんが学習塾の経営者出身だとか。
「塾要らずの広尾学園」と呼ばれるまでに、教育内容の充実を徹底してきたそうです。

他にも定番の進学校や国立校に加えて、桜修館など公立中高一貫校の躍進も挙げられます。

桜修館は今年、東大4名、東工大4名、一橋大2名、慶応義塾大13名、上智大15名、早稲田大51名の合格実績。
私立顔負けの実績が出てきたわけですから、ますます人気が高まりそうですね…

高校募集で優秀な生徒を集めているのでは、という学校や、複数受験日で後半の受験日の偏差値は56を超えるのでは、という学校もあるかもしれませんが…(苦笑)

いずれの学校も進学教育に力を入れているのは間違いありません。
各学校、特色を出して真剣に教育に取り組んでいるようですね。

ランキングは飽くまでも、限られた偏差値範囲(入り口偏差値47以上 56未満)で「早慶上智」だけに絞ったものなので、ご参考までに。
他にも良い学校はたくさんあります。

受験する可能性のある学校は、入試直前にドタバタしないためにも、今のうちから実際に学校説明会や学校見学に訪れてみられることをお勧めいたします。

週刊 ダイヤモンド 2012年 5/19号 [雑誌] 週刊 ダイヤモンド 2012年 5/19号 [雑誌] ダイヤモンド社 2012-05-14 Amazonで詳しく見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ