立体知育ゲームに挑戦してみた

お盆に親戚の小学生に勧められて、対戦型立体ゲームに挑戦してみました。

立体四目ならべ

(こんなやつ↑)

親戚の子は小学5年生の男の子。

中学受験の勉強もしています。(私の居る塾とは別ですけど)

その子のお母さんが教育熱心で、人気の知育玩具を買って与えたようです。

その子が、私が塾の講師をしていることを知っていて、勝負を挑んできました。

勝負を挑まれたからには、勝たなければなりません(苦笑)

ルールもよく分からないので、まずは子供たちの勝負を観戦。

どうやらルールは5目並べの立体バージョン。

 

交互に玉を置いていき、4つの玉を縦・横・斜めに先に揃えた方が勝ちだということです。

普通の4目並べと違うのは、立体なので上に積み上げてもいいし、階段上に斜めに積み上げてもいいわけです。

これが、結構難しい…(((^_^;)

平面なら分かりやすいのに、立体になると…

あれ?って感じです。

とりあえずルールが分かったところで、対戦。

相手は小学生。負けるわけにはいきません。

しかし…

何度も熟練しているその子には勝てるはずもなく、あっさりやられてしまいました…(+_+;)

全く面目なかったのですが、興味深かったのは、子供たちがこのゲームを飽きずに何度もやっているところ。

立体の空間感覚が必要なので、奥が深いこと。

それから様々な戦法があるようです。

初心者の私にはよく分かりませんでしたが、熟練の彼らの頭の中では、あそこに置かれたらこっちに置いて…など、戦略があるんですよね…

それが面白いんだと思います。

一人でやるテレビゲームよりも健康的だし、頭脳も鍛えられるので、確かにお勧めの知的ゲームでした。

 

これからも皆さんの中学受験の成功を心から願っております。

 

 

次回もお楽しみに!

 

※シンプルだけど、奥が深い。 Amazonのレビューでは、現在みんな五つ星の評価でした。

 

 ■立体4目ならべ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*