学校情報 私立男子

中学受験 人気の私立男子校の情報を中心に紹介しています。

東京都市大学付属中学校 学校説明会レポート

東京世田谷区成城の閑静な住宅街にある東京都市大学付属中学高等学校の学校説明会の簡易レポートです。
気になった点など書きましたが、ご参考まで。
過去には武蔵工業大学付属中学高等学校という名称でした。
名前の通り東京都市大学付属ですが、最初から他の大学を目指す生徒も多く、進学校的側面の強い男子校です。
訪れると、校庭では人工芝の上で騎馬戦を行う活発な様子が伺え、また教室ではラジオ製作を行っている姿が見られ、何とも都会の男子校らしさを感じさせられました。
教頭が言うには『明るく元気な進学校』だとのこと。
受験生は昨年都内最高の3692名。
40人×6クラスで、高校募集はなくなった。
・習熟度別クラス編成
TTを含む英語が週7時間、高3では志望校別にクラスが分けられます。
・授業外講習・補習体制
指名制と選択制で、基礎講座や応用講座、さらには夏期冬期などの講習もある。
中3の中だるみの時期に、キャリア教育として将来どんな職業につきたいか、そのためにはどうしたら良いのかなどを考えさせる。
・体験学習を重視するようにし、科学実験授業で中1から中3まで60回の実験を行い、その度に記述式のレポートを提出してもらう。
・多摩川徒歩ラリーを通して、感じた世界を俳句で表現させるなど、表現力を重視させている。
・様々な活動を通して、創造力、表現力、論理的思考力、そしてコミュニケーション能力を磨いていく。
『勉強もクラブも両方頑張れ』という方針。
部活所属率は、中学生は99%、高1高2では95%
硬式野球部が中学からあるのも特徴。
理系の学校と思われ勝ちだが、3分の1は文系に進むとのこと。
難関大合格者増を目指して入り口の合格者のレベルを上げているのもあり、年々実績も上がってきているとのこと。
【来年度受験について】
来年度受験は、昨年同様4回おこなう。
第1回 客観型の問題。選択式が多い。
第2回以降 論述的な問題
・受験料は何回受けても25000円。
・複数回受験者への配慮は正規合格者に対してはない(あくまでも4科の合計)が、繰り上げ合格の際には複数回受験者を優先している。
・併願のしやすいように配慮し、すべての回の手続き締め切り日を2月9日にしてある。
(1日で合格しても、他校を受けやすい)
・第3回5.6倍。第4回6.1倍。やはり後半の回は倍率が高くなる。
・大体6割位を合格最低点としている。
・入学者のほぼ半数が神奈川県在住の方。
国語:記述問題には部分点あり。指定字数の7~8割の字数が必要。
算数:仮分数でも○がもらえるそうです。
社会:基本用語を正確に漢字で書く。
理科:ひらがなでも減点なし。説明問題も部分点ある。
実験データを読み取る問題で差がつく。
東京都市大学付属中学校高等校 公式サイト

麻布中学校 学校説明会レポート

男子御三家の一つ、伝統ある麻布中学校の学校説明会に参加してきましたので、簡易レポートをご報告します。
■学校の特色
・自由自主自立の校風。115年の歴史。
・明文化された校則はない。
・創立者 江原素六(えばらそろく)氏は、戊辰戦争を戦い抜いた。
(とても創立者の話が多かったので、その時代背景の歴史を勉強しておくことは必須ですかね。在校生の江原素六氏に関する作文が3作品も紹介されました。)
・キリスト教の背景が自由に繋がっている。
・自由と徳、責任に関して
・スライドによる学校紹介は、分かりやすかったです。
たくさんの紹介がなされましたが、印象に残ったのが…
・地元の幼稚園を訪問し、一緒に遊ぶ実地体験がある。
・チェス部や囲碁部などかなり強い。
・高1高2対象の教養総合という授業では、受験とは関係ないテーマ性の教養を深める選択講座がある。
・弁当が基本だが、それだけでは足らない生徒が多く、食堂はいつも賑わっている。
・50分授業、週6日制。
・6時半の早朝から列を並び、夕方6時にもなかなか帰らず、学校好きの生徒が多い。
・制服の購入は義務づけられていない。
■入試問題について

・算国理社(60・60・40・40点)合計200点満点
・昨年(平成22年度)合格平均点125.91 最低116点
(→6割取れれば、合格か)
・調査書や内申書は受験の際には必要ない。
・入学許可者説明会に参加しないと、入学拒否とみなします。
・年度により、繰上げ合格の可能性はある。携帯の番号などを書いておいた方がよい。
※入試問題の内容については、以下の点しか説明ありませんでした。
・途中経過の式や考え方をみる。
・小学生の教科書の範囲を越える問題も出題される。
もう少し、入試問題の内容も教えて欲しかったのですけどね…

世田谷学園中学校 学校説明会

世田谷学園中学校

今回は仏教教育に基づく進学校、世田谷学園学校説明会のメモです。

・曹洞宗に基づき、禅の精神で人間教育に力を入れている学校
・挨拶、校門前の一礼などは指導しているが、信仰を強要することはない。
・毎週末の早朝座禅会は毎回満席。生徒たちは大人以上に真剣に自分自身と向かい合っている。
・安全指向なのかGMARCH志望者が最初は多いが、意識を持ち上げている。昨年早稲田57、早慶45、上智54で現役合格している。
・特訓クラスが1クラスあり。一般4クラスからの実績も良い。
・国公立大学への進学者を増やしていきたい。昨年は現役56名。
・模試を多く受けて、常に状態を分析。
・学習一辺倒ではない。クラブ活動などを通して様々な能力を伸ばしていく。
・中1では友達づくりのための1泊2日の遠足がある。
・サマースクールでは館山や黒姫などで2泊3日の団体生活を学ぶ。
・生徒主体の学園祭も盛ん。
・学年に応じ、美術館、博物館、映画鑑賞なども
・ダライラマ氏による講演会などもあり。

合計点を変更した。300点満点に。
・国語50分100点満点
・国語60分100点満点
・国語30分100点満点
・国語30分100点満点

国立型に近く、算国のウェイトを少し重くした。
男子校なので算数が得意な生徒が多い。60分。
1~3次試験の難易度はほぼ同じ。
昨年度3次試験の合格者100名のうち40名は、1次ないし2次で一度受験して失敗して再度受験した生徒。

 国語
大問2題。
心情の把握。論点・主旨の把握が大事。

 算数
大問5、6は記述式。
部分点がある。

 理科
4分野から1題ずつ。
地学の配点が若干減る。
実験からの問題。
算数を応用する能力。

 社会
大問3題に減らす。
地理20点、歴史20点、公民10点の予定。
漢字に注意。
過去問で50%以上の正当率の問題は必ず得点出来るように。

 以上

 

早大学院中学 説明会

早大中学

早稲田大学高等学院中学部の初めての説明会に参加してみました。
日曜の午前中と午後の2回あったので、多分午前の方が少ないかと思い、早起き(塾講師にとっては)して参加したのですが…

なんと、1300名が集まっていました(募集120名だよな…(^_^;))
学院長の説明で印象に残ったのは、飽くまでも「この学校が一番だというのは本人が決めること」といった謙虚な姿勢だったことです。

完全早稲田大学の附属ということで、中学部に入れば
そのまま早稲田大学までいけるということ。

逆にいうと、早稲田大学にいかねばならないということで配慮して謙虚だったのでしょう。

中学校の方針としては、週6日の4クラス制にするとのこと。
部活動は週3日で、まだどんな部ができるか決まっていないようです。
制服は詰め襟になる予定だとか。

気になる入試情報は、
2月1日のみ。2月3日合否発表。
会場は高等学院  男子120名

一番の衝撃ニュースが「面接がある」ということ。
2月1日だけで4科の筆記試験と面接まで終わらせる予定だということ。

・・・すると、受験者全員が面接まで受けるということなのか、それとも、筆記試験後に1次合格者を発表して、その後1次合格者のみ面接をするのか・・・

詳しいことは次の6月の説明会でとのことで、入試の詳細は全く語られず・・・(>_<)

まぁ500人くらい受験するとしても、全員の面接をするのは大変でしょうから、後者の手段をとるような気もするのですが・・・ 男の子の面接対策・・慶應で懲りてますが、見た目幼い子は、はじかれてしまう可能性が高そうです。(>_<)

第一回説明会ということで、回線不良でビデオ上映が割愛されるというハプニングもあり、集まった保護者のみなさんからは不満の声も…
(お子さん連れも結構いたのですが、ビデオ上映がなかったので、子供にとってはとてもつまらない説明会だったでしょうね・・)

また、6月の説明会で、もっと詳細を説明するとのことで、準備不足が感じられました。
説明会は、やはり秋頃に参加すべきでしたかね・・・

たまたま出くわした同僚の情報では、早稲田大学の灰色の噂も・・・(^_^;)
物足りなさを感じた早大学院中学でしたが、それでも早稲田のネームバリューで、厳しい受験になるんでしょうねぇ・・

早大附属中学2010年度開校予定

校舎

早稲田大学の附属中学が、2009年度に開校などと一部で報道されていましたが、どうやら2010年度(平成22年度)に開校と発表されたようですね。
記事元

場所は練馬の早大学院の敷地内です。
男子120名募集の予定みたいですね。

先に記事に書いたように、中央大学附属中学も同じく2010年度に開校の予定(共学で男女計150名)ですから、新小5にとっては選択肢が増えますね・・。

その年は、他の学校も影響を受けるでしょうから、来年(2009年度)の受験の結果が、そのまま再来年(2010年度)に使えるデータになるとは限らないというわけです・・

しかし、ますます中学受験が過熱化してきそうですね・・