豊島岡女子学園 学校説明会

東京池袋駅から徒歩7分という広域からの通学に便利な場所にあり、女子進学校トップ校の一つである豊島岡女子学園の学校説明会簡易レポートです。

■特色 ・裁縫学校から始まった、伝統的な女子教育の理念を実践している学校です。  道義実践、勤勉努力、一能専心を標語としながら、気立ての良い優しい女性を育成することを目的としております。

・豊島岡に象徴的な、始業前の運針は、精神的な安定や、毎日基本を積み重ねることの大切さを学べるとのこと。 ・本格的な礼法を学び、伝統的な礼法を現代に活かしています。礼法室や茶室も立派。

・英語でのスピーチ大会や、東京芸術劇場での合唱コンクール、華道部の作品が入口を飾り、漫画部のイラストが学校案内のパンフレットに使われ、女子囲碁部やコーラス部の全国大会出場などなど… …おしとやかな印象ではなく、かなり活発で楽しげな印象を受けました。

・一学年44名6クラス、副担任制。 ・8階建てのビルの中に、あらゆる施設(体育館も複数、プールもあり)が揃っている都心の学校という印象です。 ・やはり進学校であるので、授業に力を入れしっかりとやっている印象を受けました。 ・大学に合格した卒業生たちが、勉強法や進学経緯などをアンケートや、講堂でのプレゼンテーションなどの機会で、在校生に教えてくれる。

■入試について ・昨年(平成22年度)は、第1回391名、第2回50名、第3回58名の合格者 ・合格点は、第1回196点、第2回221点、第3回216点

・足切り点はない。 ・今年は郵送出願を取り入れた。

・繰上合格候補者(補欠)は、合格発表と同時に発表。手続きが必要で、その際第一志望であれば優遇の可能性も。 ・第1回の受験者の半数以上は女子御三家との併願受験者。

・複数回受験の優遇は、合否ライン上で点数が同じ場合優先的に繰り上げられる。

・高校受験は、まだ辞める方針はない。高校から入ってくる生徒も将来有望な生徒が多いので楽しみ。

・高校から入ってくる場合、カリキュラム上の問題で、高一、高二は別クラスになる。

■受験生に求める力

<国語> ・客観的な読解力 ・読み取ったことを伝える表現力 ・語彙力、漢字力

<算数> ・学校で学んだ算数の考え方を自分のものとして必要なときに引き出すことができる力 ・新しい問題に対して、自ら手を動かして突破口をみつけることができる力。

<社会> ・基礎的な知識力とその知識の応用力 ・時事問題は2,3年前から直前1月まで。教科書、参考書に載っている漢字で答える

<理科> ・基本的な知識力 ・自然現象から法則性を導く力 ・順序立てて物事を整理できる力

以上、ご参考まで。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*