夢をあきらめない ~ピート・グレイ

ボールとバット

 こんなときですから、力の出る話が欲しいものです・・  

 ■夢をあきらめない  ~ピート・グレイの半生

1915年、アメリカ ペンシルヴァニア州の片田舎で生まれたピート・グレイという少年がいました。
幼い頃から野球が好きで、メジャーリーガーになることが夢でした。そんな少年の夢を打ち壊す事件が起こります。
6歳の時、トラックの事故に遭い、利き腕の右手が切断されてしまったのです。

少年はお父さんに、「片腕じゃ野球はできないよ。僕はメジャーリーガーになることなんか絶対できないんだ!」と涙しながら叫びました。
その時お父さんは、「何を言っているんだ。あきらめるな! 人間、やる気になればできないことはないんだよ」と、ピート少年を温かく励ましたのです。

そこからピート少年の野球にかける情熱と、強い心が育っていくのです。  

左手一本だけで、まずは打たないといけません。球速に負けないため、重くて長いバットを使いました。これには、相当の左腕の筋力が必要でした。片手だけでは、打撃にもまして守備が大変でした。
ボールをグローブで捕った後、すかさずグローブを外して右脇に抱えると同時に、同じ左手で投げないといけません。

ゴロの場合、捕ったボールを軽く空中にはね上げ、その間に右肩の付け根に挟んだグローブから左手をはずし、その手で投げかえします。グローブは外しやすいように、わざわざ指の短いグローブを作って、半分しか手を入れなかったのです。
こうした一連の動作を、何年もかけて、まさに血と汗と涙の練習に次ぐ練習で身に付けていったのです。

ピートは、草野球チームに入りますが、一度も練習には参加させてもらえませんでした。
しかし不平を言わずに、毎日玉拾いをし、一人で素振りの練習をしました。
色んな球団の入団テストを受けましたが、ことごとく、入団テストに落ちてしまいました。
しかし、それでも諦めませんでした。

そして、雨の日も風の日も黙々と練習を続ける彼の姿を見て、心を打たれた学校の先生が全米下部リーグの監督たちに声をかけました。    
先生の熱心な勧めに監督たちが集まり、ピートも全力でプレーしましたが、どの球団の監督も彼を雇ってくれませんでした。
しかし、それでも諦めませんでした。一途に努力を続けたのです。

24才の時、ニューヨークのセミプロ球団、「ブッシュウイックス」から声がかかりました。
「大好きな野球ができる」と喜んで入団しました。
そこで彼は片手のハンデをものともせず、大活躍を収め、周りから認められるようになっていくのです。

その後抜擢されたマイナーリーグ球団では打率.381で首位打者を獲得。
1943年には強豪チームに昇格、打率.333、本塁打5、盗塁68という素晴らしい成績を残し、MVPを獲得しました。
そして1945年、夢のメジャーリーグへと採用が決まったのです。

メジャー初打席は、感動の涙に濡れてボールが見えなかったと語っています。
その後、『片腕のメジャーリーガー』として、野球殿堂入りを果たしたのです。
ピート・グレイの好きな言葉は『A winner never quits.』(勝利者は常にあきらめない)

彼の強い精神を見習っていきたいですね。

映像参照⇒   http://www.youtube.com/watch?v=1UG6bxkq5L4&NR=1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ