模試のカラクリ

模試のカラクリ

ある上位校に合格した生徒たちに、入試前に受けた模試の合格判定を尋ねてみたデータです。  

模試判定(合格率) 実際の合格者に占める割合  

A判定 80%以上      5割  

B判定 60%以上     4割  

C判定 40%以上     1割  

D判定 再考

よくご覧下さい。  

合格できた人は模試で80%以上出ていた人たちばかりではありません。  

合格者数の僅か半分に過ぎないのです。  

C判定だった人にも合格者はいます。

 

カラクリは、こうです。

もし、「合格でした」と言われた後に、  

「実はウソでした」と言われたら、どう思いますか?    

怒りますよね~。頭にきて当然です。

でも、もし逆に「不合格でした」と言われた後に、  

「本当は受かってました」と言われたら、どうですか?

最初になんで不合格なんて言ったんだ、って怒ります?  

怒らないですよね。喜びで一杯のはずです。

 

つまり、模試でA判定やB判定が出た人の多くが落ちたら、あの模試は信用できない、となるはずです。

逆に、模試でC判定やD判定の人が合格できたら、模試のことを批判しません。自分が頑張ったんだと言うだけです。

 

模試を作成するテスト会社は、たくさん模試を受けてもらえないとやっていけません。信用できない模試だと思われたくありません。

したがって、合格判定を比較的に辛めにします。  

さらに、問題もやや難しめにするわけです。

入試本番がどうなるか、まだまだわかりませんよね。  

最後まで、弱冠12歳のお子さんを応援してあげましょう。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



コメントを残す

*