予習シリーズ小5下第11回 図形上の点の移動(1)

中学受験教材として名高い『予習シリーズ 算数』(四谷大塚)に準拠して、指導の簡単なポイントをお知らせしていきます。 ご家庭で指導したり、宿題状況を確認する時などの参考にしてください。 ※詳しい解法はここでは紹介しておりませんのでご了承ください。

☆予習シリーズ算数 指導ポイント☆

No. 小5下 第11回
題名 図形上の点の移動(1)
概要 旅人算や周期算を利用します。 点や図形が動く問題は、速さとともに「動いているものをイメージできるか」という能力を問うために出題されやすい傾向があります。
復習単元 旅人算。周期算
指導の ポイント 点同士の出会い・追いかけの状況を理解し、その「距離」を正確に把握させる □点が動いた“距離の和”や“距離の差”に注目させる
復習すべき例題 例題6(2)⇒自分で図を描かせる 例題7(2)⇒周期の理解。 例題8  ⇒”平行になるとき”の各場合の把握。
ミスしやすい所 点の動きがイメージできない ⇒ 時間を少しずつ動かしてその都度の状況図を書く。 □点の速さを間違える ⇒ 問題文に書かれている速さに下線を引かせる。(点Pは毎秒3cmで動く)さらに状況図にも書き込ませる □長い問題文を読むのをおっくうがる ⇒ 「問題文の中にヒントが隠されているんだから、問題文が長いということは、ヒントがたくさん隠れているんだよ」と説明。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links


コメントを残す

*