担当講師の変わり目の時期

黒板(出会いと別れ)

ご承知だとは思いますが、3月・4月は担当講師の変わり目の時期です。

大手塾では、校舎間の人事異動が行われるとすれば、やはり受験が終わった春の時期になります。
ご家庭やお子さんからすれば、担当講師が変わるということは、期待も不安も入り混じる時期でしょう。

塾は学校でないので、担当が替わったということだけで、クレームを入れてくるご家庭もあります。
それゆえ、塾側としても非常に気を遣う形となります。

しかし・・・ やはり、講師も皆さんと同じ人間です。 人間関係での問題や、家庭の事情、新たな環境への出発などでの別校舎への異動、転職、退職・・ 諸々の問題でやむを得ず離れていく講師もいます。
申し訳ないことですが、 ご家庭やお子さんの希望通りにいかないことは、仕方のない現状としてあります。

もちろん我々雇われ講師の立場としても、別にやりたいクラスだけやっているというわけでもありません。
講師側にもやりやすいクラス、やりにくいクラス、できればやりたくないクラスなど、やっぱり好き嫌いもあるわけです。
親が子を選べず、子が親を選べないのと似ています。

ただ講師としては、とりあえず任されたクラスに責任を持っていくことで、生徒達への愛情も生まれ、成績を上げてやろう、合格させてやろう、と思ってくるわけです。

その熱意だけは忘れないようにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ