ある女の子の悩み

子供のため息

講師をしていると、授業以外の休み時間や質問対応の時間などに、生徒の本音を聞く機会があります。

冬期講習会中に、ある小5の女の子からこんな話を聞かされました。

成績がそんなに良いほうではない生徒です。

 生 徒 「あのね、ウチのお母さんね、本当にいやになっちゃう」

真喜志「どうして?」

 生 徒 「わたしが算数で考えてると、『まだ終わらないの』って言ってきてさ、自分は何にも教えてくれないくせにさ・・・・」

真喜志「・・・・」

 生 徒 「それでわたしキレちゃうんだよねぇ」

真喜志「そっかぁ・・・・ 。それはいやだよねぇ・・・      ・・・まぁ・・・     

・・・お母さんも心配してるんだろうね・・・」

あまり返す言葉もありませんでしたね。 この子のお母さんは、多くのお母さんが考えているように、中学受験するなら、偏差値55以上のレベルの学校と考えています。

しかし、娘の成績を見てきてどうもそこに届きそうになくて、イライラしていらっしゃるようです。 ご家庭でよくある光景かもしれません。

しかし、この女の子の気持ちになって考えていただければ分かると思いますが、この子にとってのストレスが、お母さんの言動になっています。 そのストレスを何とか吐き出したくて、聞いてもいないのに私に愚痴をこぼしにきたわけです。

girl2_4.gif

女の子は特に感情に左右されやすいです。

イライラしたお母さんの言動は とても、成績を伸ばす環境とは言えません。 この子は もともと他の子と比べると処理能力が速い方ではありません。 うっかりミスや勘違いも多い子です。

しかし、地道にコツコツと努力する子です。 宿題も毎回頑張ってこなしてきます。 こういう子は、時間がかかるにせよ、必ず着実に実力がついてきているので伸びる子です。

親は本人の努力を信じて、飽くまでも本人のサポート役に徹しようではありませんか。

特に5年生後半以降は、そうです。 勉強を教えられなかったとしても、食事・環境面の配慮、志望校選び、そして、精神面の配慮・・・ 中学受験は、やっぱり親御さんの協力なしには成功しません。

周りと比較するのではなく、本人自身の成長をしっかり支えていきましょう。 それが、中学受験に克つことへの近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



ブログ村へ

中学受験ブログ情報へ



Sponsored Links


コメントを残す

*